結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

いままで出た二次会で一番感動した余興は?

音声で聴く!

0:00

0:00

結婚式の二次会の余興、ゲームや歌、ダンスなどいろいろなものがありますよね。

その中で、新郎新婦もゲストも感動できる余興って、どんなものがあるのでしょうか?

二次会の余興で迷っている人のためにも、結婚式二次会に参加したことのあるゲストに聞いた、「今までで一番感動した余興」を紹介します。

INDEX
コマ撮り写真を繋げたムービー
新郎が新婦の軌跡を巡るムービー
新婦の母親からのサプライズレター
新郎から新婦に公開プロポーズ

コマ撮り写真を繋げたムービー

新郎新婦の友人が何百枚も写真を切り抜いて、コマ撮りで繋げて一つのムービーにしていました。

登場人物も新郎新婦の友人や会社の同僚、学生時代の先生まで幅広く、写真を集めるだけでも大変そう・・・。
メイキング映像で1枚1枚写真を切り抜いている様子も紹介されたんですが、あまりにも果てしない作業で、「ほんとうに間に合うのかな・・・」と、見ているこっちが心配になりました。なんと製作期間に4ヶ月も!かかったそうです。こんな大変なムービーを作るなんて、
「友人にすごく愛されている新郎新婦なんだな」と感動して、じわじわ涙がこみ上げてきました。

サプライズムービーは定番ですが、ここまで凝ったムービーはなかなかできないと思います。

忙しい中、時間と労力をかけて作られた友人からのムービーは、新郎新婦はもちろん、ゲストも感動ですよね。

手作りのムービーは新郎新婦への祝福の気持ちが伝わりやすい余興です。

作ったムービーは、新郎新婦の一生の宝物として形に残るのも良いですね。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

新郎が新婦の軌跡を巡るムービー

私が出席した二次会の中で一番感動したのは、新郎が新婦の産まれた病院、通った保育園、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、バイト先などを次々と巡っていくムービーです。新婦の両親は転勤族だったようで、挙式、披露宴の準備で忙しい中、新婦に内緒で全国各地を巡るのは大変だったと思います。

そして、それぞれの場所での思い出を新婦の両親から聞いて、そのエピソードをテロップで紹介していました。
実はこのムービー、新婦の思い出の場所をただ巡るだけではなく、ある仕掛けがあったんです。新郎がそれぞれの思い出の場所で一輪ずつ赤いバラを拾っていき、ムービーが終わると拾ったバラを束ねた花束を持って新郎が登場!そして新婦にプレゼントしました。

新婦は「いつの間に行ったの?」という驚きと、自分を喜ばそうと頑張ってくれた新郎の気持ちに大号泣。
ゲストのみんなも、ステキな二人の姿に感動していました。

新婦の大切な思い出を、新郎が特別な想いで共有しようとしてくれたんですね。

ただ思い出の場所を巡るだけでなく、ひとひねりしたサプライズをプラスしているところもステキです。

新婦の母親からのサプライズレター

披露宴で新婦から両親への感謝の手紙を読むのは何度も見てきましたが、先日出席した二次会では、サプライズで、二次会には出席していない新婦の母親からの手紙が読まれました。新郎と幹事が協力して、新婦には内緒で新婦の母親に手紙を書いてもらうようにお願いしたそう。新婦を産んだときの気持ちや、子どもの頃の思い出など、新婦への愛情であふれたエピソード。

ずっと実家暮らしだった新婦が旅立つ寂しさをこらえて、娘のこれからの幸せを願う気持ちが伝わってきました。
会場はあたたかい空気に包まれ、手紙を代わりに読んでいた新郎も、感動して涙を流していました。とっても素敵な二次会でした。

手紙はシンプルなのにぐっとくるというゲストは多いよう。

特に、なかなか聞く機会のない両親からの思いが詰まった手紙は、新郎新婦にとって宝物になりそうです。

新郎から新婦に公開プロポーズ

普段、恋バナなんて絶対しないクールな新郎。新婦とお付き合いしているときも、全然彼女の話をしてくれませんでした。そんな新郎が二次会で、新婦に公開プロポーズをしたんです!初めて聞く新郎の本音は、とっても誠実で心に響きました。

お付き合いが長かったので、どうやらちゃんとしたプロポーズができていなかったよう。
この機会を逃したらプロポーズできないかもと思ったそうです。ゲストのみんなも驚いていましたが、一番驚いたのは新婦だったみたいです。

プロポーズの場に立ち会えるのはなかなかないですよね。

「きちんとプロポーズしたい」という新郎の気持ちが新婦だけでなくゲストにも伝わって、会場中が感動に包まれそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

みんなが感動した余興は、新郎新婦のために時間や労力をかけたものや、新郎新婦の人柄が伝わってくるようなものばかりでしたね。

じんわり心が温かくなるような余興をしたいと考えている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

  • LINEで送る

「結婚式二次会」の他の記事

「結婚式二次会」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る