結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

結婚式で使うのは結婚指輪?プロポーズのときの指輪とは違うの?

音声で聴く!

0:00

0:00

花の上に重ねて置かれた結婚指輪

公式インスタグラムはじまりました!

結婚の前後で指輪が登場するシーンといえば、プロポーズのときや結婚式のとき。

でもそれぞれ使う指輪は違うもの?
それとも同じ指輪を使うのでしょうか?

どんな指輪をどのシーンで使うのか、よくわからないという人もいるかもしれませんね。

今回は、指輪が登場する場面ごとに、結婚にまつわる指輪について解説していきます。

INDEX

結婚にまつわる指輪にはどんなものがある?

結婚にまつわる指輪には「婚約指輪」と「結婚指輪」の2種類があります。

「婚約指輪」と「結婚指輪」

それぞれの指輪を使うシーンを見る前に、指輪の名称と意味、デザインについて簡単にチェックしておきましょう。

婚約指輪ってどんな指輪?

婚約指輪は「エンゲージリング」や「エンゲージメントリング」とも呼ばれています。

婚約指輪は、愛情や結婚への決意、結婚の約束などを形にした「婚約の証」として、男性から女性に贈るものです。

婚約指輪には、ダイヤモンドが使われているのが一般的。

中心に大きめのダイヤが留められていて、ダイヤが引き立つようにデザインされています。

中心にダイヤが留められた婚約指輪

婚約指輪と、次に紹介する結婚指輪の違いは、「大きめのダイヤが付いているかどうか」で、だいたい見分けることができます。

婚約指輪に留める宝石に決まりはなく、誕生石などを留めることもありますが、それでも人気なのはダイヤモンド。

数ある宝石の中でも特にダイヤが選ばれる理由については、後半でご紹介しますね。

結婚指輪ってどんな指輪?

一方、結婚指輪は夫婦の誓いや二人の絆を形にあらわした「結婚の証」です。

結婚指輪をつけた男女の左手

「マリッジリング」や「ウェディングリング」とも呼ばれています。

デザインはシンプルなものから、個性的なものまでさまざまですが、共通しているのは、普段使いしやすいデザインであること。

結婚指輪は、結婚後、夫婦が日常的に身につけることになります。

ですので、日々生活するうえで邪魔にならないデザインであることが重要なんですね。


婚約指輪と結婚指輪のだいたいのイメージはつきましたか?

では指輪を使う代表的なシーンである「結婚式」や「プロポーズ」では、それぞれどちらの指輪を使えば良いのでしょうか?

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

結婚式で使う指輪は?

結婚式が行われている様子

結婚式で使う指輪は、ズバリ「結婚指輪」のほう。

「教会式(キリスト教式)」の結婚式では「指輪交換」というセレモニーがあります。

指輪交換は、新郎新婦が誓いの言葉を述べたあとに行うことが一般的。

新郎新婦が向かい合い、新郎から新婦、新婦から新郎の順番でお互いの左手薬指に結婚指輪をつけ合います。

先ほど紹介したように、結婚指輪は夫婦の誓いや二人の絆を形にあらわした「結婚の証」。

この結婚指輪をお互いの指につける儀式を行うことで、永遠の愛を誓い合うのが指輪交換なんです。

結婚式での指輪交換の様子

指輪「交換」とあるように、指輪は交換するものなので、結婚指輪は新郎用と新婦用に2つ用意します。

ところで、この指輪交換はいつ、どこで始まったのでしょうか?

指輪交換は、ヨーロッパが発祥と言われています。

結婚式で行われ始めた時期ははっきりしていませんが、中世のルネサンス期には広く行われていたそうですよ。

日本には明治時代に「教会式」の挙式とともに伝わりました。

現在では「教会式」の挙式に限らず、「人前式」や「神前式」などの挙式スタイルでも、演出のひとつとして取り入れるカップルが多いようですね。

「人前式や神前式ってなに?」と思った人はこちらの記事をどうぞ。

定番の教会式から個性派の茶前式まで!挙式スタイル一挙紹介!!

あわせて指輪交換の方法や流れについて詳しく知りたい人は、以下の記事を参照してくださいね。

結婚式での指輪交換の意味って?具体的にどうするの?一連の流れを紹介

プロポーズのときに使う指輪って?

男性が跪いて婚約指輪を見せ、女性にプロポーズしている様子

結婚式で使うのは「結婚指輪」ですが、ではプロポーズのときに使う指輪はどちらでしょうか?

プロポーズのときに使うのは「婚約指輪」です。

男性が女性に結婚を申し込むプロポーズ。

「結婚してください!」と男性の熱い気持ちを伝えるシーンでは、婚約指輪を贈るんですね。

また先ほど少し触れたとおり、婚約指輪はダイヤモンドがついたデザインが多いです。

その理由は、ダイヤの硬く変色しない安定した性質が、永遠の愛や結婚の決意を伝えるプロポーズの場面にふさわしいとされているから。

2つのダイヤ

ダイヤの語源はギリシャ語の「adamas(アダマス)」にあり、「非常に硬く、征服されざるもの」という意味があるそう。

ダイヤに男性の真剣な気持ちを込めて婚約指輪を贈る、ということですね。

ただし、最近ではプロポーズのときではなく、結婚の約束をした後に二人で婚約指輪を買いにいくカップルも多いようです。

そうすることで、彼女の好みのデザインやブランドなどを相談しながら、一緒に選ぶことが可能に。

婚約指輪を選んでいる男女

婚約指輪をプロポーズで贈るか、二人で一緒に選びに行くか、贈り方は彼女の希望や好みにあわせて決められるといいですね。

また、婚約指輪は婚約期間につけるものと思っている人も多いかもしれませんが、実際は結婚してからも多くのシーンでつけることができます。

結婚後の使い道については、こちらの記事も読んでみてくださいね。

婚約指輪はいつつけるの?結婚後の普段の使い道も解説!

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

まとめ

結婚にまつわる指輪には「結婚指輪」と「婚約指輪」の2つがあります。

結婚式の指輪交換のセレモニーで交換するのが「結婚指輪」、プロポーズなどで男性から女性へ贈る指輪が「婚約指輪」です。

ご紹介したそれぞれの指輪の意味などもふまえながら、素敵な結婚指輪と婚約指輪を選んでくださいね。

結婚指輪と婚約指輪の違いについて、さらに詳しく知りたい人はこちらの記事もどうぞ。

婚約指輪と結婚指輪の違いは?どの指につけるの?【男性も必見】

SNSでシェア

  • LINEで送る

「結婚指輪」の他の記事

「結婚指輪の基礎知識」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る