結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

婚約指輪・結婚指輪は左右どちらの指につける?国によって違うって知ってた?

日本では左手薬指につける人が多い婚約指輪と結婚指輪。

でも海外ではつける指がまったく違っていることもあるんです!

「アメリカやヨーロッパでは左右どちらにつけるの?」

「足につける国もあるって本当?」

など、気になる世界各国の指輪をつける指についてご紹介します!

INDEX
日本と同じ【アメリカ・イギリス】
【ヨーロッパ】は国によって違う!
右手薬指につける人が多い【ロシア】
【ブラジル】はつける指が変わる?
足につける風習もある【インド】 
同じアジアでも違う【中国・台湾】

日本と同じ【アメリカ・イギリス】

アメリカとイギリスでは、日本と同じように婚約指輪も結婚指輪も「左手薬指」につけます。

また、かつてイギリスの植民地だったオーストラリア、ニュージーランド、カナダも当時の宗主国イギリスの習慣を引き継ぎ、どちらも「左手薬指」につけるようですね。


大きく違うのは、婚約指輪の使い方。

最近では日本でも見かけるようになりましたが、アメリカやイギリスでは婚約指輪と結婚指輪を重ねてつける「重ねづけ」が人気です。

また、日本ではちょっと特別なお出かけなどのときだけ婚約指輪をつける、という人も多いですよね。

でもアメリカやイギリスでは、特別な日に限らず、普段から重ねづけをしている女性が多いようですよ。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

【ヨーロッパ】は国によって違う!

ヨーロッパは、国によって指輪をつける指が違います。

例えば、フランスとイタリアは、婚約指輪・結婚指輪ともに「左手薬指」につけます。

日本やアメリカ、イギリスと同じですね。

一方、スペインやドイツ、オーストリア、ポーランド、ギリシャなどでは「左手薬指」に婚約指輪、「右手薬指」に結婚指輪という組み合わせが一般的だそう。

また、昔は国による違いだけでなく、キリスト教の宗派で結婚指輪をつける手が違ったという話もあります。

「カトリック」は左手、「プロテスタント」やギリシャ正教に代表される「正教会(オーソドックス)」は右手に結婚指輪をしたそうです。

ただ、これはあてはまらないことも多々。

たとえばスペインやオーストリア、ポーランドはカトリックでも右手、イギリスや一部の北欧の国はプロテスタントでも左手につける人が多いよう。

あくまでも傾向としてとらえるといいかもしれませんね。

右手薬指につける人が多い【ロシア】

ロシアでは結婚指輪を「右手薬指」につけます。

婚約指輪については、そもそも婚約指輪を贈る習慣があまりないという話も・・・。

必ずしも結婚指輪と婚約指輪両方を用意する国ばかりではないんですね。

ただ、最近では婚約指輪を贈る人も少しずつ増えてきているそうですよ。

【ブラジル】はつける指が変わる?

ブラジルでは、婚約指輪と結婚指輪をひとつの指輪で兼用すると言われています。

男女ともに婚約すると指輪を「右手薬指」につけ、結婚後は同じ指輪を「左手薬指」につけ替えるそう。

結婚式当日、右手薬指から外し、挙式の指輪交換のときにお互いの左手薬指につけ合います。

ちなみに指輪の素材は、ゴールドが一般的なようですよ。

足につける風習もある【インド】 

多民族・多宗教の国「インド」。

割合が多いヒンドゥー教徒は、左手が不浄の手とされているためか、男女ともに「右手薬指」に結婚指輪をつける人が多いようです。

ただ、最近では右手にこだわらず、左手薬指に結婚指輪をつける人もいるそう。

また、ヒンドゥー教徒の女性は手だけでなく、「両足の人差し指」に指輪をつけることも。

「ビチヤ」と呼ばれるトゥーリングで、伝統的な結婚式では新郎が新婦の足につける儀式が行われます。

右手薬指の指輪と同じく既婚のしるしになります。

さらに、地域によっては結婚指輪よりも「マンガルスートラ」というゴールドと黒のネックレスが既婚の証として浸透しているのだとか。

外出時に必ずバングル(ブレスレット)をつけるという地域も。

指輪以外にも既婚を表す装飾品が色々あるんですね。

同じアジアでも違う【中国・台湾】

最後に中国と台湾を見てみましょう。

中国

婚約指輪は「左手薬指」で日本と同じ。
反対に結婚指輪は「右手薬指」が一般的です。

中国では、右手薬指に指輪をすることは「既婚」を意味するよう。

でも最近では左右こだわらず、左手薬指につける人もいるそうですよ。

台湾

美味しい飲茶や温泉など旅行先としても人気の台湾。

台湾の女性は婚約指輪を「右手中指」につけます。

最近では海外の影響もあってか「左手薬指」につける人も増えているそうですが、もともとは「右手中指」につけるのが習わしのよう。

結婚指輪については、女性が「右手薬指」、男性は「左手薬指」という説も一部ありますが、現在は、男女ともに「左手薬指」が主流のようですよ。

【参考文献】
浜本隆志(2018)『図説 指輪の文化史』河出書房新社
浜本隆志(1999)『指輪の文化史』白水社

まとめ

いかがでしたか?
地域や国によって指輪をつける指はさまざま。

左右の薬指だけでなく中指につける国や、足の指につけるところもありましたね。

まとめてみると次のとおりです。

婚約指輪・結婚指輪ともに左手薬指・・・日本、アメリカ、イギリス、フランス、イタリア、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド

婚約指輪が左手薬指、結婚指輪は右手薬指・・・スペイン、ドイツ、オーストリア、ポーランド、ギリシャ、中国

結婚指輪が右手薬指・・・ロシア
結婚指輪が左手薬指・・・ブラジル、台湾

旅行に行った際は、現地の人がどの指に指輪をしているか注目してみるのも楽しいかもしれませんね!

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚指輪」の他の記事

「結婚指輪」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る