結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

婚約指輪って結納や顔合わせをする前からつけても良いの?

音声で聴く!

0:00

0:00

人差し指と親指で持たれている婚約指輪

公式インスタグラムはじまりました!

「彼に婚約指輪をもらった!」

という女性の中には、

「早くつけたいけど、結納や顔合わせ食事会の前につけてもいいのかな?」

と、タイミングが気になっている人もいるのではないでしょうか。

結納・顔合わせ前に指輪をつけるときの注意点も織り交ぜつつ、お悩みを解消します!

INDEX

結納・顔合わせをする前からつけてもいい?

結納とは、婚約を正式なものとするための儀式のこと。

顔合わせ食事会は、両家が集まって親睦を深める食事会のことです。

婚約記念品と会席料理

そして、婚約指輪はふたりの婚約の記念品ですよね。

「婚約の記念品ってことは・・・両家できちんと婚約が成立する、結納の場で贈るものなのかな?」

たしかに、本来婚約指輪は結納で贈られ、その後から身につけるものだったと言われています。

ただ、最近では結納が簡略化されたり、そもそも結納を行わずに顔合わせ食事会のみ行ったりするケースが多くなりました。

そんな流れの中で、結納より前に婚約指輪をつけることに対して目くじらを立てるような声は、ほとんどなくなっているようです。

実際、現在は婚約指輪をプロポーズのときに贈る男性も多いもの。

プロポーズをする男性と驚く女性

もしプロポーズで婚約指輪を差し出されたら、やっぱりその場で左手の薬指につけてもらいたいですよね。

また、結婚後は特別な機会にしか婚約指輪をつけられないという人もいます。

そう考えると、婚約期間中にできるだけ長くつけておきたい気持ちになるのではないでしょうか。

贈ってくれた彼も、あなたが指輪をしているのを見たら嬉しいはず。

ということで、結納・顔合わせ前でも婚約指輪をつけるのはおすすめです。

ただし、注意したいタイミングもあります。

注意喚起をする女性

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

親への挨拶のときは注意!

プロポーズが済んだら結納・顔合わせの前に、まずお互いの親へ挨拶をしに行きますよね。

このときに婚約指輪をつけて行くのは、やめておいた方が良さそうです。

というのも、挨拶の場でのふたりは、これから親に結婚の承諾をお願いする立場。

それなのに婚約の証である婚約指輪をつけていると、親から「順番が違うんじゃない?」と思われるかもしれません。

不満げな両親

結婚挨拶で親に指輪を見せたければ、指につけずに持って行って、結婚の承諾を得た後で取りだすのが良いでしょう。

その際には、

「プロポーズのときに贈ってもらいました」
「後日、両家顔合わせの場で改めてお披露目させていただきたいと思っています」

といった言葉を添えてはいかがでしょうか。

当日にお披露目する場合

結納は地域や家によってしきたりが違います。

たとえば結納当日に贈られる「結納品」に婚約指輪が含まれることもあれば、含まれないこともあるようです。

婚約指輪と結納セット

結納をするのであれば、前もって親にしきたりを聞いてみて、婚約指輪をどう扱うのか確認した方がいいかもしれません。

顔合わせ食事会には結納のような決まりはありませんが、「婚約記念品のセレモニー」として指輪をお披露目することがあります。

親の見守る前で彼に指輪をはめてもらえば、食事会のムードも高まりそう!

コンセプトやストーリーがこめられた指輪なら、それを親に説明するのも喜ばれるかもしれません。

また、きちんとお披露目の場を用意したということで、親からの印象も良くなるでしょう。

安心する両親


結納や顔合わせで婚約指輪をお披露目するなら、当日は一旦彼に指輪をあずけておきましょう。

彼は指輪を箱に入れた状態で結納・顔合わせの場に臨み、親の前で箱を開けて彼女へ贈れば、セレモニー感が出そうです。

ちなみに、指輪のケースにもブランドによっていろいろ種類があります。

結納や顔合わせの場で贈るなら、ジュエリーブランドNIWAKA(ニワカ)の「桐箱」はいかがでしょうか。

NIWAKAの桐箱ギフトボックス:NIWAKA桐箱

桐箱は、古くから家宝など大切なものを入れるために使われてきたもの。

歴史と和の趣を感じられるので、格式高い結納や顔合わせの場にもぴったりですよ。

指輪のケースについて詳しく知りたい人は、こちらを読んでみてください。

婚約・結婚指輪のケースって?プロポーズや結納に使えるものをご紹介

先につけて汚れたらどうする?

「婚約指輪、できればすぐにつけたいんだけど・・・今からつけて、汚れたり傷ついたりしないかなぁ。

結納(顔合わせ)でお披露目するときには、なるべくきれいな状態にしておきたいんだけど・・・」

そんな風に心配している人もいるかもしれませんが、大丈夫。

ほとんどの指輪のブランドでは、アフターサービスとして指輪のクリーニングをしてもらえます。

無料でできるところも多いようです。

嬉しそうな女性

ただ、これはきちんと店舗を構えているブランドの話。

店舗を構えていないネット販売だとサービスは受けられないこともあるので、注意しましょう。

また、ブランドによっては指輪の磨き直しのサービスを行っているところも。

磨き直しを頼めば、傷を取り除いてきれいにしてもらうことができますよ。

こういったサービスを提供しているブランドの指輪なら、結納・顔合わせ前でも安心してつけることができますね。

NIWAKAでは、指輪を購入した後も生涯満足して使ってもらえるよう、最高水準のアフターサービスを提供しています。

詳しくはこちらも読んでみてくださいね。

NIWAKA 最高水準のアフターサービス

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

まとめ

婚約の記念品である婚約指輪は、本来なら婚約の儀式である結納で贈るものだと言われていました。

ただ、最近では結納を行うことが少なくなり、あまりこだわる人もいなくなっているようです。

彼の気持ちがこもった大切な婚約指輪ですから、なるべく早いうちからつけるのも良いでしょう。

結納・顔合わせで指輪をお披露目する場合、当日は指輪を彼にあずけ、箱に入れた状態で持ってきてもらいましょう。

親の見ている前で彼が箱を開き、婚約指輪をあなたの指にはめれば、儀式としてのムードも高まります。

婚約指輪がふたりにとっても親にとっても喜びを感じさせてくれるものになるよう、ご紹介した情報を参考にしてみてくださいね。

SNSでシェア

  • LINEで送る

「婚約指輪」の他の記事

「婚約指輪の基礎知識」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る