結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

婚約指輪はいつからつける?いつまでつけていていいものなの?

音声で聴く!

0:00

0:00

婚約指輪をつけた女性の左手

公式インスタグラムはじまりました!

婚約指輪は男性から女性へ、一大決心とともに贈る大切なもの。

男性も女性も、

「せっかくならできるだけ長くつけてほしい(つけたい)けれど・・・いつから、いつまでつけられるの?」

と気になっているのではないでしょうか。

ここでは、婚約指輪をつける期間についてご紹介。
悩んでいる人は必見です!結婚スタイルマガジンは、ジュエリーブランドNIWAKA(ニワカ)のサポートで運営されています。NIWAKAの商品写真を使って解説していることをあらかじめご了承ください。

INDEX

いつからつける?

婚約指輪はその名の通り、「婚約の証」として贈られるもの。

そのため、「婚約が成立した段階で」つけはじめるものだと言われます。

プロポーズの様子

では、「婚約の成立」っていつを指すのでしょうか?

ふたりの間での婚約ということなら、プロポーズが成功したタイミング。

親も含めた両家の間での婚約ということなら、婚約を正式なものとする儀式である、結納が終わったタイミングになりそうです。

しかし、現在ではそもそも正式な結納を行う人が少なく、婚約成立のタイミングもあいまいになっています。

そのため、いつから婚約指輪をつけるかについても、はっきりしたルールはないと言っていいでしょう。

実際のところ多いのは、受け取ったときからつけはじめるパターンのようです。

女性に婚約指輪を差し出す男性

婚約指輪を受け取った時点でふたりには結婚の同意があるから、婚約成立。ということですね。

受け取ってからは毎日指輪をつける女性も多いです。

ダイヤモンドの輝く婚約指輪は、女性にとって憧れの存在。

大好きな彼とこれから結婚するんだという、実感を与えてくれるアイテムでもあります。

また男性も、彼女が毎日幸せそうに婚約指輪をつけているのを見れば、「贈って良かったなあ」と嬉しく思うもの。

嬉しそうな男性

受け取ってからすぐに婚約指輪をつけはじめるのは、ふたりのどちらにとっても喜ばしいことだと言えそうですね。

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

気をつけたいポイント

婚約指輪を受け取る代表的なタイミングは、次の通り。

・プロポーズや結納、顔合わせ食事会で男性から女性へ贈られたとき

・プロポーズの後でふたり一緒に買いに行き、指輪ができあがったとき

少し気をつけてほしいのが、結納や顔合わせ食事会よりも前に婚約指輪を受け取った場合。

婚約指輪は結納や顔合わせ当日に、親の前でお披露目されることがよくあります。

婚約指輪

この場合、つけはじめるのは受け取ったときからでもかまいませんが、結納・顔合わせ当日には一旦男性が指輪を預かりましょう。

そして、結納・顔合わせの場で改めてケースに入れた指輪を女性へ贈れば、きちんとした印象になりますよ。

いつまでつける?

一般的に、婚約指輪は「婚約期間につけるもの」だと言われます。

婚約期間とは、婚約成立から、結婚するまでの間のこと。

婚約期間

結婚するまで・・・ということは、結婚式や、入籍が終わったタイミングですね。

よくあるのは、結婚式まで婚約指輪をつけ、結婚式の指輪交換以降は結婚指輪をつける、というパターン。

ですが、「婚約指輪は婚約期間にしかつけてはいけない」というルールはありません。

結婚後も、婚約指輪をつけられる機会はいろいろあります。

たとえば友人の結婚式や、結婚記念日などの特別なデートへ行くとき。

ダイヤモンドのついた婚約指輪は、特別な場にふさわしい華やかさを与えてくれます。

婚約指輪を付けてデートをする様子

また、こんな声もあがっています。

子供が生まれてからは忙しくなって、つけるのも忘れていた婚約指輪。
でも、子供が大きくなってまた友人とお出かけの機会も増えると、他のジュエリーと合わせて婚約指輪を楽しむようになりました。
こんなに立派な指輪をつけないなんてもったいないし、これからもたくさん使っていくつもりです
婚約指輪を付ける女性

よく婚約指輪をつけてお出かけしている、うちの祖母。
「大したものではないんだけどね。私はいらないって言ったんだけどおじいさんがくれて・・・」
と、何度も嬉しそうに話してくれます。
私もいつか婚約指輪をいただいたら、おばあちゃんになってもつけたいなぁと思っています
婚約指輪を大切そうにする年配の女性

婚約指輪は「一生を通してつけられるもの」なんですね。

ずっとつけるなら「セットリング」も

「結婚後は結婚指輪をつけているから、婚約指輪はあまりつけない」

という人もいるようですが、せっかく買うなら普段から、つける機会を増やしたいですよね。

海外では婚約指輪を普段使いするのが普通のことのようですよ。

そこでおすすめなのが、セットリング。

NIWAKA のセットリング 婚約指輪 花雪 結婚指輪 雪佳景
花雪・雪佳景のセットリング

セットリングとは、婚約指輪と結婚指輪の重ねづけを前提にデザインされたもののこと。

別々の婚約指輪と結婚指輪を重ねづけすると、隙間ができて見映えが悪いこともありますが・・・

セットリングならデザインの時点できれいに重ねづけできるようになっているので、安心です。

婚約指輪と結婚指輪を重ねづけする女性

もちろん、婚約指輪と結婚指輪、それぞれ単体でも使えるので、コーディネートの幅も広がります。

セットリングについてはこちらで紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

婚約指輪と結婚指輪を重ねてつけられる「セットリング」ってどんなもの?

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

まとめ

婚約から結婚するまでの婚約期間につけるもの、というイメージがある婚約指輪。

でも実際にはそんなルールはなく、「受け取ったときから」「一生を通して」つけられます!

毎日のように女性が婚約指輪をつけていると、贈った男性としても嬉しいもの。

また、「おばあちゃんになっても大切な思い出の品として婚約指輪をつけている」という、心温まるエピソードもありました。

せっかくの心をこめた贈り物ですから、婚約期間だけとは言わず、いつまでも大切に身につけられると良いですね。

SNSでシェア

  • LINEで送る

「婚約指輪」の他の記事

「婚約指輪の基礎知識」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る