結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

海外挙式!リーガルウェディングとブレッシングウェディングの違いって?

音声で聴く!

0:00

0:00

近年、海外で結婚式をするカップルが増えていますね。

海外挙式を考えているなら、知っておきたいのが「リーガルウェディング」と「ブレッシングウェディング」。

あまり馴染みがない言葉ですが、海外で特徴的な挙式スタイルです。

それぞれどんな挙式スタイルなのか、さっそく見ていきましょう!

INDEX
リーガルウェディングとは?
リーガルウェディングの手続きの流れ
ブレッシングウェディングとは?
ブレッシングウェディングの手続きの流れ
どっちを選べばいいの?

リーガルウェディングとは?

まず、リーガルウェディングとはどんな挙式スタイルなのか、見ていきましょう。

リーガルウェディングとは、
「婚姻において、法的効力がある結婚式」
のこと。

現地の法律に基づいて挙式することで、日本人でもその国での婚姻が認められます。

日本の戸籍には、「○○国方式により婚姻」と記載されることに。


リーガルウェディングを挙げる条件は、「ふたりとも独身であること」です。

「挙げることで婚姻を認められる」のがリーガルウェディングなので、すでに婚姻を認められている既婚の人は、挙げられないんですね。

ちなみに、日本で婚姻手続きをしてから、さらにリーガルウェディングを挙げると・・・

「重婚」といって、法律違反になってしまいます(!)

リーガルウェディングを挙げたいなら、くれぐれも日本での婚姻手続きは後にするよう、気をつけてくださいね。


続いて、リーガルウェディングの手続きの流れを簡単に見ていきましょう。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

リーガルウェディングの手続きの流れ

まず、日本で必要な書類を用意します。

用意する書類は「戸籍謄本」と、挙式する国によっては「婚姻要件具備証明書」の提出も求められるので忘れずに。

挙式当日は、その国の民法で定められた資格を持っている司祭さんに、手引きしてもらいます。

無事、法の規定通りに結婚を誓い終わると、もらえるのが「婚姻証明書」。

帰国したら「婚姻証明書」を翻訳し、原本と和訳したものを併せて、市町村の役所に提出。

証明書が受理されれば、日本でも二人の婚姻が成立し、晴れて夫婦に!

ちなみに、いわゆる「入籍日」は、「リーガルウェディングを挙げた日」になります。

リーガルウェディングの手続きは少し複雑なので、不安な人は、海外挙式の「手配会社」に依頼するという方法も。

手続きについて、詳しく知りたい人はこちらをどうぞ。

海外でリーガルウェディングを挙げるときに必要な手続きって?

次はブレッシングウェディングについて見ていきましょう!

ブレッシングウェディングとは?

ブレッシングウェディングとは、
「キリスト教の教えにもとづいて、夫婦になったふたりを祝福するセレモニー」
のこと。

ポイントは「夫婦になった」という部分です。
夫婦になったふたり・・・つまり、「既婚の人」が対象で、独身の人は挙げられません。

独身の人だけが挙げられるリーガルウェディングとは、真逆ですね。

また、ブレッシングウェディングは、

「キリスト教信者じゃないけれど、本物の教会で挙式がしたい」

と考えるカップルにもおすすめ。

キリスト教会での挙式は、多くの場合、キリスト教の信者しかできないのですが・・・

ブレッシングウェディングなら、信者でなくても挙げられます!

続いて、ブレッシングウェディングの手続きの流れをサクッとご紹介します。

ブレッシングウェディングの手続きの流れ

先ほどお伝えしたとおり、ブレッシングウェディングでは、ふたりが既に結婚していることが前提です。

なので海外で挙式をする前に、日本の役所へ婚姻届を提出して、きちんと公的に夫婦と認められておく必要があります。

婚姻届を出したら、「婚姻届受理証明書」を発行してもらいましょう。

Q「婚姻届受理証明書」って、何に使うの?

A「ふたりが既に結婚していること」を証明するために使います。

ブレッシングウェディングでは、教会やチャペルによっては、「ふたりが戸籍上、夫婦であること」の証明が必要。

この証明に使うのが、「婚姻届受理証明書」なんですね。

このほかにも、パスポートやクレジットカードの名義変更といった手続きが必要です。

詳しくはこちらの記事をチェックしてくださいね。

海外挙式をする前にやるべき手続きや届け出って?

どっちを選べばいいの?

では、リーガルウェディングとブレッシングウェディング、どっちを選べばよいのでしょうか?

リーガルとブレッシングの違いを2つ見てみましょう。

1つめの違いは、婚姻手続きについて。

リーガルウェディングは、その国での婚姻が法的に認められ、日本の戸籍にも反映されます。

ただ、独身を証明する書類を用意したり、現地での法律手続きをしたりと、ちょっと手続きが面倒だったという人も。

一方ブレッシングウェディングは、日本で婚姻して、それを現地で証明するだけなので、リーガルに比べると手間はかかりません。

「その国で法律的に婚姻関係になること」にこだわらないのであれば、ブレッシングウェディングを選ぶほうがよいかもしれませんね。


2つめの違いは、教会で挙げられるかどうかという点。

「せっかく海外挙式をするんだから、とびっきり素敵な教会で挙げたい!」

そんな人は多いと思いますが・・・

教会は、キリスト教信者が礼拝を行うために建てられた施設。
基本的には信者でないと挙式はできません。

ただ、先ほどお伝えしたとおり、ブレッシングウェディングの場合は信者でなくてもOK。

リーガルウェディングの場合は、信者でなくても受け入れてくれる一部の教会か、結婚式用に建てられたチャペルを選ぶことになります。

しかし実際のところ、リーガルウェディングを挙げられる教会やチャペルは少ないようです。

特に、グアムやサイパンなどの海外の有名リゾート地のチャペルでは、ブレッシングウェディングしかできない場合があります。

以上の内容をまとめると・・・

【リーガルウェディングがおすすめの人】
・その国で法的に婚姻を認めてもらいたい
・日本の戸籍に「○○国方式により婚姻」との記載がほしい

【ブレッシングウェディングがおすすめの人】
・手続きはなるべく手軽に済ませたい
・海外で婚姻を認められることへのこだわりはない
・好みの教会で結婚式がしたい

ということになりますね。

まとめ

リーガルウェディングとブレッシングウェディングの違いを一言で言うと、「婚姻において、法的な効力があるかないか」。

リーガルウェディングは、法的な効力がある結婚式なので、現地での法的な手続きが必要になります。

ブレッシングウェディングは、法的な効力はなく、日本で婚姻していれば、キリスト教信者でなくても教会で結婚式ができます。

ふたりに合った挙式スタイルを選んでくださいね。

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式場探し」の他の記事

「結婚式場探し」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る