結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

ウェディングケーキの種類ってどんなものがあるの?

音声で聴く!

0:00

0:00

結婚式のシンボルともいえるウェディングケーキ!

「ケーキ入刀」の主役として注目を浴びるため、こだわりたい人も多いのでは。

ところで、ウェディングケーキにはどんな種類があるか知っていますか?

代表的な種類やそれぞれの特徴を知って、2人の結婚式にふさわしいウェディングケーキを見つけましょう!

INDEX
その1 定番!おいしいフレッシュケーキ
その2 華やかで手ごろなイミテーション
その3 おしゃれなクロカンブッシュ
その4 記念に保管できるシュガーケーキ
ほかにも色々!〇〇ケーキ

その1 定番!おいしいフレッシュケーキ

さっそく、どんな種類があるか見ていきましょう。

代表的な4種類をご紹介します。

最初にお届けするのは、「フレッシュケーキ」。

「生ケーキ」とも呼ばれ、最近の結婚式では最もポピュラーなケーキだと言われています。

スポンジケーキを新鮮なフルーツや生クリームで飾ったケーキで、名前のとおり、味も見た目もフレッシュ。

ケーキ入刀のあとには切り分けてゲストに食べてもらうのが一般的です。

「幸せのおすそわけ」をゲストと一緒に楽しめるのは大きなメリット。

ハート型など、好みの形に仕上げてもらうのも素敵ですね。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

その2 華やかで手ごろなイミテーション

ナイフを入れる部分だけ本物を使い、それ以外の部分は作りものというケーキ。

作りものなので食べることはできませんが、段を重ねて高さを出したり、たくさんの飾りつけで豪華にしたりと、アレンジが利きます。

「とにかくボリュームを出したい!」
「見た目をゴージャスにしたい!」

という人にはオススメです。

生ケーキに比べると、基本的に費用が安いのもうれしいところ。

最近は、フレッシュケーキに近い見た目のものも増えているので、作りものと気づかれないこともあるそうです。

その3 おしゃれなクロカンブッシュ

伝統的なフランスのウェディングケーキ「クロカンブッシュ」。

小さなシュークリームをツリーのように積み上げて、カラメルや飴でコーティングしたケーキです。

おしゃれでかわいらしいデザインにすれば、ゲストにも喜ばれそうですね!

ちなみに、「シュー」はフランス語で「キャベツ」という意味。

なぜキャベツなのでしょう?

なんでも、欧米には「赤ちゃんはキャベツ畑から生まれてくる」という言い伝えがあるそうで・・・

子孫繁栄を願って、キャベツに見立てたシューを高く積み上げたのが、クロカンブッシュのはじまりなのだとか。

たくさんのシューは、「子孫繁栄の願い」のほかにも、「祝福してくれる人たち」を表していると言われています。

この話を披露宴のゲストに伝えれば、より感動してもらえるかもしれませんね。

その4 記念に保管できるシュガーケーキ

「シュガーケーキ」は、イギリスの伝統的な3段重ねのウェディングケーキのこと。

ドライフルーツがたっぷり入ったケーキの表面を、シュガー生地でコーティングしているので、長期保存できるのが大きな特徴です。

また、3段のケーキにはそれぞれ次のような意味があります。

○1段目(いちばん下)のケーキ
披露宴でゲストと一緒に切り分けて食べるもの

○2段目(真ん中)のケーキ
披露宴に出席できなかった人たちに配るもの

○3段目(いちばん上)のケーキ
結婚1周年や、将来の子どもの誕生日に食べるもの

長期保存できるシュガーケーキならではの習わしですね。

とはいえ、これはあくまで昔のイギリスでの話。

日本の気候では、中身のスポンジケーキを何年も経ってから食べるのは難しいようです。

ということで、実際にシュガーケーキを記念用にとっておきたい場合は・・・

「中身のスポンジをダミーにして、外側のシュガー部分だけを保管」

するケースが多いのだとか。

シュガー部分だけなら、湿気と日光に気をつければ100年でも保管できると言われています。

大切な結婚の思い出をいつまでも形に残せるのは、素敵なポイントですね。

ほかにも色々!〇〇ケーキ

紹介した4種類のケーキのほかに、最近人気があるウェディングケーキを3つご紹介します。

プリントケーキ


生クリームケーキに、新郎新婦の写真がプリントされた「プリントケーキ」。

「ケーキに写真・・・?それって食べて大丈夫なの?」

ご安心を。
写真のシートや印刷のインクは、ケーキ用に
特殊なものを使っているので、ちゃんと食べられます!

インパクト大なケーキに、ゲストも思わず「あっ」と驚くこと間違いなし!

ネイキッドケーキ


「ネイキッドって・・・はだか?」

そう、裸のケーキなんです。

「ネイキッドケーキ」は一般的なウェディングケーキと違って、全面にクリームを塗らず、スポンジ部分が見えているケーキ。

シンプルなケーキで、ナチュラルウェディングを挙げる花嫁に人気です。

オンブルケーキ


「オンブルケーキ」とは、クリームやスポンジがグラデーションカラーになっているケーキのこと。

カラーはピンクから青、紫、オレンジとさまざま。

ロマンティックで可愛い!と特に海外で人気です。

他には、2人でオリジナルのデザインを考えるのも楽しそうですね。

2人ならではのアイデアが詰まった、世界にひとつだけのケーキ。
きっとかけがえのない思い出になります。

オリジナルケーキは結婚式場で作ってもらえることもありますし、自分で外部のケーキ屋さんにオーダーする人も。

外部にお願いする場合は、式場への「持ち込み料」がかかることもあるので、担当者に確認しておきましょう。

まとめ

ウェディングケーキには、大きく分けて4種類のケーキがありました。

「おいしく食べられる」「見た目が豪華」「長く保管できる」など、それぞれに特徴がありますね。

味やデザインなど、何にこだわりたいか考えて、2人の結婚式にふさわしい、思い出に残るケーキを選んでくださいね。

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式場探し」の他の記事

「結婚式場探し」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る