結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

【結婚式の余興】誰もが楽しめる余興にするコツは?

音声で聴く!

0:00

0:00

結婚式披露宴での余興。

せっかくやるなら、新郎新婦にもゲストにも楽しんでもらいたいですよね。

誰もが楽しめる余興って、いったいどんなものなのでしょうか?

今回は、皆が楽しめる余興にするためのポイントを、オススメの余興とあわせてご紹介します。

INDEX
練習不足に気を付けて!
内輪ネタは封印しよう
過度な下ネタ・暴露話はNG
余興時間は適度に
NGワードは避けよう

練習不足に気を付けて!

映像作品は例外ですが、当日余興を披露する場合は、十分な練習が必要です。

練習不足でダンスがバラバラ・・・
恥ずかしくて歌でモジモジ・・・

そんな調子では、会場も盛り上がらないし、新郎新婦をハラハラさせてしまうかも。

自信をもって堂々と披露できるように、十分な練習をしておきましょう!

【オススメの余興】ゲスト全員で合唱

忙しくて余興の練習にあまり時間が取れない・・・

そんな人にオススメなのが、ゲスト全員で歌う「合唱」の余興です。

ポイントは、みんなが知っている歌いやすい曲を選ぶこと。

全員に配る歌詞カードを用意すれば、十分な練習がなくてもすぐみんなで歌うことができます。

ゲスト全員を巻き込んだ余興に、新郎新婦もびっくりしてくれるかもしれませんね。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

内輪ネタは封印しよう

例えば自分たちが新郎の学生時代の友達だからといって、同級生しか知らないような内輪ネタを披露しても、盛り上がるのは一部の人だけ。

他のゲストには何のことだかさっぱり分かりませんよね。

会場には年配のゲスト、会社関係の人などさまざまな顔ぶれがいるはずです。

ゲストみんなが楽しめるように、披露宴での余興では内輪ネタは封印しましょう。

【オススメの余興】新郎新婦当てゲーム

新郎新婦のどちらかをよく知らなくても楽しめる、簡単なゲームはどうでしょう。

ゲストから数人選んで前に出てもらい、新婦か新郎どちらかがその中に混じって、全員で1列に並びます。

そして、新郎新婦のうち残った方に目隠しをして、並んでいる人の手を一人ひとり握っていってもらい・・・

「さて、どれが新婦(新郎)の手だったでしょうか?当ててみてください!」

というゲームです。

選ぶゲストの中には、新郎新婦の親族や両親、同性の人も混ぜたりして、新郎(新婦)には一人ひとり手を握ったときの感想を聞いてみましょう。

新郎が男性ゲストの手を握って、「とてもキレイな手です」なんて感想を言ったら、会場にドッと笑いが起きそうですね。

無事新婦(新郎)の手を当てたらキス、当てられなかったら簡単な罰ゲームを用意しておけばさらに盛り上がります。

余興を頼まれた方は司会・盛り上げ役をするだけであまり手間がかかりませんし、新郎新婦もゲストも巻き込んでみんなで楽しめるのも良いところ!

過度な下ネタ・暴露話はNG

軽い下ネタでクスリと笑いを誘う程度ならまだしも、会場には年配の方や会社関係の人もたくさんいますよね。

そういうことを考えて、過度な下ネタや露出は避けるようにしましょう。

また、新郎新婦の過去の恋愛に関する暴露話もNG!

笑いがとれると思っても、後々ふたりの関係や、親族のふたりに対するイメージに傷がつきかねません。

【オススメの余興】漫才・モノマネ

過激なネタや暴露話をしなくても、人気のある芸人さんのネタをコピーしたものなら面白さは保証つき!

新郎新婦に関するオリジナル漫才を披露するのもいいかもしれませんね。

人気のある芸人さんのネタをコピーしたものや、新郎新婦に関するオリジナル漫才を披露するのはいかがでしょうか。

もしスベッたら・・・と思うとけっこう勇気のいる余興ですが、普段から人を楽しませたい!というタイプの人にはオススメです。

ネタの内容を前もってよく確認して、新郎新婦やゲストが不快になるような表現がないかどうかチェックは必要。

皆が知っている人気のネタならゲストも入り込みやすく、会場が笑いに包まれるいい余興になりそうですね。

余興時間は適度に

いくら楽しい余興でも、長すぎるとゲストは退屈してしまいます。

披露宴の進行も邪魔してしまうことも。

時間の目安は5分程度です。

披露宴の進行によって、あらかじめ「〇分くらいで」と決まっていることが多いので、前もってプランナーや新郎新婦に確認しましょう。

【オススメの余興】映像作品

余興を映像としてDVDにまとめたものです。
これなら、編集次第で前もって時間の調節が可能ですよね。

当日にもたついて、余興時間が押してしまうなんて心配もありません。

感動ものなら、新郎新婦の友人、知人からのビデオメッセージが人気です。

SNSやメールなどをうまく使って、幅広い人たちからのメッセージを集めれば、新郎新婦も大感激!

また、新郎新婦のなれそめを面白おかしく寸劇風に再現したムービーなど、笑いを誘いつつ、ゲストにふたりを紹介できる内容も素敵ですね。

終わった後はDVDを新郎新婦にプレゼントできるので、思い出になるというのも魅力のひとつですよ。

ゲストも、食事を口に運びながらなごやかに楽しめる人気の余興です。

NGワードは避けよう

「切れる」「別れる」など、結婚式のスピーチには「縁起が悪い」とされるNGワードがたくさんあります。

余興の中でも、そういう言葉は使わないように意識しましょう。

縁起の悪い「忌(い)み言葉」の具体例が知りたい人は、こちらを読んでみてくださいね。

結婚式スピーチで使ってはいけない「忌み言葉」まとめ

【オススメの余興】歌の披露

こちらは昔から定番の余興ですが、今でも根強い人気です。

結婚式にふさわしい定番の歌を選べば、NGワードが含まれていることは少ないはず。

歌がうまい人なら一人で歌っても感動を誘いますし、あまり得意でなくてもみんなで合わせて歌えば盛り上がります!

会場のゲストが一緒に口ずさめるような、みんなが知っている歌を選ぶといいですね。

まとめ

いかがでしたか?

皆が楽しめる余興にするためのポイントは、まず十分な練習を重ね、完成度を高めること。

内輪ネタ、過度な下ネタ、暴露ネタは封印して、時間の長さやNGワードにも気をつけましょう。

ゲストみんなが楽しめる余興を意識して、会場を盛り上げたいですね!

  • LINEで送る

「結婚式のゲスト」の他の記事

「ゲストの余興」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る