結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

結婚式の余興を頼まれた!準備はどうする?定番からネタ系まで、余興のアイデア集も!

音声で聴く!

0:00

0:00

ステージでトランペットを吹く女性

公式インスタグラムはじまりました!

結婚式で余興を頼まれたけど、何から始めたらいいの・・・?

余興はやっぱり感動系で行くべき?それともウケを狙うべき?!

悩んでいるあなたのために、余興について徹底解説!

余興の準備・ダンドリから注意事項について手取り足取りお教えします。

具体的な内容については定番からユニークなものまで、人気の余興やおすすめの余興をご紹介します。

INDEX

余興を頼まれた!準備・ダンドリを教えて

結婚式の余興を頼まれたそこのあなた。
当日までの大まかな流れは以下の6つです。

余興準備の大まかな6つの流れ

順番に詳しく見ていきましょう。

1 新郎新婦の意見を聞く

余興を頼まれたらまずはどんな余興をしてほしいのか新郎新婦に聞いてみましょう。

感動系がいいのか、盛り上がる系がいいのか、はたまた新郎新婦の紹介か。

新郎新婦の希望が定まると、余興の内容がグッと決めやすくなりますよ。

また、それと同時にゲストの顔ぶれや結婚式の雰囲気も聞いておくとGOOD!

ゲストの顔ぶれを確認する男性

この時に余興を行うタイミングや持ち時間も確認しておくと、内容決めがスムーズです。

もしも新郎新婦からサプライズでの演出をお願いされたら、NGワードや嫌なことを聞いて確認しておきましょう。

2 メンバー集め

次はメンバー集め!

新郎新婦がメンバーを選ぶ場合は、新郎新婦から候補の人にお願いしてもらいましょう。

ゲスト側で選ぶ場合は、どんな人にお願いするかを新郎新婦に確認しておくと安心です。

新婦に相談する女性

余興内容の打ち合わせや相談が必要となるので、時間の融通を利かせてもらえる人や連絡の取りやすい人を選ぶといいですね。

3 余興内容決め

いよいよ余興の内容を決めます。

歌を歌ったりクイズをしたり、会場全体が楽しめるものが人気。

具体的な余興のアイデアについては、後ほど詳しくご紹介しますね!

4 新郎新婦と会場への確認

余興の内容が決まったら、その内容で問題ないか新郎新婦と会場に確認をしましょう。

ほうれんそうのイメージ

新郎新婦には、

・他のグループと余興の内容が被っていないか
・予定している余興の内容でOKか

を確認してもらいます。

会場には予定している余興が実現できるかを確認。

機材の用意や、余興に使うアイテムの搬入日時・搬入方法の打ち合わせをして、当日にスムーズな進行ができるように準備しましょう。

5 余興の準備

新郎新婦と会場から余興の内容にOKが出たら、いよいよ準備と練習を始めます。

1人で行うスピーチなどの規模の小さいものは一週間前から、遅くても3日前までぐらいには準備。

ダンスや楽器演奏など、複数人で行う余興の場合は早め早めの準備を心がけて!

ダンスの練習の様子

2週間前ぐらいに完成していると余裕をもって本番を迎えられますよ。

余興で流すビデオの作成など、外注する必要がある内容の場合は納期に注意が必要です。

当日ギリギリに納品・・・なんてことにならないように、余裕のあるスケジュールを組みましょう。

6 いよいよ当日

乾杯の様子

思い切り楽しんで余興を披露すれば、きっと会場も盛り上がるはず。

楽しみすぎて持ち時間をオーバーしちゃった!とならないよう、時間配分には気を付けましょう。

当日までの準備・ダンドリはこれで完璧ですね!

続いては内容の決め方や注意点についてチェック!

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

余興の決め方・注意点

余興を決めるときのポイントは「新郎新婦も出席しているゲストも、みんなが楽しめる内容かどうか」。

・内輪ネタ
・昔の恋人のはなし
・過度な下ネタ

など、結婚式にふさわしくない内容はNGです。

注意を促す男性

また、大掛かりな仕掛けや会場を汚す可能性があるものも避けた方が無難。

また、会場によっては音源の持ち込みや映像の持ち込みに制限がある場合も!

会場設備や持ち込み可能な物については、式場にしっかり確認してくださいね。

また、持ち時間をオーバーしないように気をつけましょう。

目覚まし時計

余興の決め方については、こちらの記事も参考にしてみてください。

【結婚式の余興】誰もが楽しめる余興にするコツは?

余興を決めるときの注意点が分かったら、具体的な内容についてご紹介します!

定番!クイズ系余興

クイズ系の余興は、やるほうの負担も少なく、会場も盛り上がる定番余興です。

クイズを出す男性

クイズを出す相手は、新郎新婦でもゲストでもOK。

新郎新婦相手なら、新郎には新婦に関する質問を、新婦には新郎に関する質問を!

〇×方式で答えてもらうと簡単です。

「新婦の一番好きな食べ物は?」
「新郎の子供の頃のあだ名は?」

そんなクイズを出題し、お互いの理解の深さを試しましょう。

正解の札を掲げる新郎新婦

もし正解が多ければキス、不正解が多ければデコピンなどの罰ゲームを用意しておくとGOOD。

シャッターチャンスにもなり、会場が盛り上がるかもしれませんね。

ゲストに出題するなら、新郎新婦に関するクイズがおすすめ。

「新郎は新婦のことを何と呼んでいる?」
「付き合って何年?」

・・・など、二人のことを題材にしたクイズで、ゲストに新郎新婦のなれそめを紹介しましょう。

クイズの答えを掲げるゲスト

お色直しのドレスの色当て、なんていうのも、再入場のとき盛り上がりますね。

ゲストにクイズを出す場合は、正解者にちょっとした賞品を用意しておくといいですよ。

盛り上がる!歌やダンス・演奏

歌が得意な人は歌を披露!

結婚式にぴったりの歌でホロリと泣かせるのはもちろん、合唱や新郎新婦にちなんだ替え歌も楽しそうですね。

歌うゲスト

歌を歌う場合は歌詞や曲名が結婚式にふさわしいかも確認してください。

会場全体を盛り上げたいならダンスもおすすめ。

一世をふうびした「恋ダンス」や「バブリーダンス」を披露したりコスプレして踊ったり。

会場に手拍子を求めたら一体感もばっちりです。

全力で歌って踊れば、きっと会場も盛り上がります!

友人たちが一生懸命練習して披露してくれる歌やダンスは、新郎新婦の心に響くもの。

演奏が得意な人なら、たとえばギターやハンドベルなど楽器の演奏でも素敵です。

バンド演奏をするゲスト

ダンスや歌の余興についてはこちらの記事で人気の曲をチェック!

やはり盛り上がるダンス!結婚式余興のダンスの定番や流行りは?【2022年最新版】

【2022年版】余興で歌いたい!結婚式で人気・定番の歌76選まとめ

鉄板!新郎新婦の取扱説明書

本が重なっている様子

こちらは鉄板、新郎新婦の「取扱説明書」を作って読み上げる、という余興です。

例えば新婦側の友人として余興をするなら、新婦の「取扱説明書」を新郎へ向けて読み上げます。

新婦の名前や趣味、性格などのデータを、まるで電化製品の取扱説明書のようにまとめましょう。

取扱説明書のようにまとめられた新婦

「使用上の注意」として、

「高度な料理能力が備わっておりますが、新郎からの愛の言葉が少ないと、夕飯のおかずが一品減ります」

「美しい笑顔を保つためにも、たまには外でのデートに連れ出しましょう」

「返品はしないで、一生大切にしてください」

新婦の取扱説明書を読み上げるゲスト

・・・など。

少しユーモアも加えつつ、「花嫁を大切にしてね」という想いを込めましょう。

楽しくも、心温まる余興ですね。

感動!映像作品・ビデオレター

映像作品は、とても人気の余興ですね。

中でも、友人や家族、当日来られなかったゲストからのメッセージを集めたビデオレターが人気。

新郎新婦に感動してもらえる鉄板の演出です。

ビデオレター

他には、新郎新婦の出会いやプロポーズを、密着ドキュメント風に完全再現!なんていう凝った映像作品も喜ばれそうです。

構成次第で、感動系にもおもしろ系にもできるんですね。

後で何度も見かえせるのも、映像作品のいいところです。

VHS・DVD・カセットテープ

自分で作成する場合は

・結婚式までに完成するか
・結婚式場への納入期限はいつか

など、スケジュールに気を付けてくださいね。

業者に頼む場合にも、業者からの納品が期限に間に合うか注意しましょう。

ムービーのつくり方についてはこちらの記事が参考になりますよ!

結婚式余興ムービーの制作手順まとめ

コレは真似したい!結婚式余興ムービーの演出アイデア!

ウケ狙い!漫才・モノマネ

ウケを狙うなら、流行りのお笑いネタをコピーしての漫才や、モノマネはいかがですか?

漫才をするゲスト

流行りのネタなら、多くの人が知っているのでウケも狙いやすいですよね!

ただ、コピーするなら完成度が大切なので、よく練習して挑みましょう。

新郎新婦に向けてアレンジした漫才にするのも素敵ですね。

要練習!手品を披露

みんなの前で手品を披露する余興です。

トランプを使った手品をする様子

普段から手品を披露していて得意な人はもちろん、初めての人でも簡単にできちゃいます!

手品グッズを置いているショップに行けば、簡単にできるグッズが売られていますよ。

ただあまり細かい手品だと、遠くの人からは見えにくく、地味な印象に。

盛り上げるためには、大きくて派手な手品を選ぶようにしましょう。

派手にメッセージを掲げる手品

ゲストや新郎新婦に手伝ってもらったり、一度目はわざと失敗したり、なんていうのも定番の演出ですね。

しっかり練習して、堂々と披露しましょう!

プロにお願い!フラッシュモブ

こちらは、なかなか大がかりな余興です。

「フラッシュモブ」とは、周りにいる人が仕掛け人で、次々と突然立ち上がって、歌ったり踊ったりし出すというサプライズ演出。

踊りだすイメージ

これは初心者だけでするのはなかなか難しいものです。

プロにお願いすれば、参加する人にダンスやタイミングを指導もしてくれます。

新婦には秘密で新郎も踊り出す仕掛け人に入れておく、なんていうサプライズも面白いですよね。

ただし、新郎新婦がサプライズ好きでない場合は引いてしまう場合も。
二人の性格をよく見極めて、行いましょう。

大がかりですが、成功すれば思い出に残ること間違いなしです!

一体感抜群!会場参加型ゲーム

じゃんけん大会

じゃんけん大会やLINE・メールの早打ち大会など、会場参加型のゲームもおすすめ。

各テーブルの対抗戦にしたり、代表者を選んで競ったり、ゲスト全員が盛り上がれます。

また、当日まで準備がほとんどいらないのもポイントですね。

みんなはどうした?オリジナリティあふれる余興の実例紹介

最後に、結婚式に参加した先輩たちに聞いた印象に残った余興を紹介します!

音楽一家ならでは?父母からの歌のプレゼント

音楽の先生をしていた新郎の両親。

新郎新婦のために練習を重ねて、思い出の曲を演奏したそうです。

ピアノ演奏

父のピアノ伴奏に乗せて母が歌う・・・お互いを支えあうその姿に、家族の絆を実感できますね。

サプライズで阿波踊り!

徳島の伝統的な踊り「阿波踊り」をたしなんでいた新婦。

その友人たちがサプライズで阿波踊りを披露して、会場は大盛り上がり!

阿波踊り

にぎやかな雰囲気に、新郎新婦もゲストも思わず笑顔がこぼれますね!

まるでドキュメンタリー映画!?新郎が主役のムービー演出

普段は映像系の仕事をしている新郎。

その同僚たちが、新郎を主役にしたドキュメンタリー風のムービーを作りました。

新郎自身が漁船に乗り込み、大きなマグロを一本釣り!

ドキュメンタリー風のムービー

さながら映画のようなその出来に、ゲストからも感嘆の声が上がったそうです。

ムービーが終わると、会場には新郎が釣り上げたマグロが!

その場で解体ショーが行われ、ゲストにふるまわれたそうです。

目も舌も楽しませる、なんとも粋な演出ですね!

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

まとめ

いかがでしたか?

余興のダンドリは
・新郎新婦の意見を聞く
・メンバー集め
・余興内容決め
・新郎新婦と会場への確認
・余興の準備
の順番で。

気になることはその都度新郎新婦や会場に確認するといいですね。

また、余興を決めるポイントは「会場全体が楽しめること」で、
・内輪ネタ
・元恋人のはなし
・過度な下ネタ
など、結婚式にふさわしくない内容は避けましょう。


持ち時間をオーバーしないようにも気をつけてくださいね。

人気の余興にも様々なものがありました!

会場や新郎新婦を巻き込んだクイズ、
歌やダンス、演奏で盛り上げたり、
ユーモアも込めた取扱説明書、
感動の映像作品は鉄板ですね。

ウケを狙う漫才やモノマネ、
手品の披露、大掛かりなフラッシュモブ
ゲームやオリジナルの余興など、
ちょっと勇気のいる余興も、思い切ってやればきっと思い出に残るものに!

その他にも、新郎新婦にちなんで名前であいうえお作文をしたり、紙芝居や劇をしたり・・・。

親しい友人からのスピーチなんかも、心温まる時間になりそうですね。

なにより、新郎新婦を喜ばせようという想いが伝われば、きっと素敵な余興になりますよ。

SNSでシェア

  • LINEで送る

「結婚式」の他の記事

「ゲストの余興」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る