結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

結婚式の余興を頼まれた!定番からネタ系まで、余興のアイデア集

音声で聴く!

0:00

0:00

結婚式で余興を頼まれたけど、どんなことをすればいいの・・・?

やっぱり感動系で行くべき?
それともウケを狙うべき?!

悩んでいるあなたのために、定番からユニークなものまで、色々な余興のアイデアをご紹介します。

INDEX
定番!クイズ系余興
盛り上がる!歌やダンス・演奏
鉄板!取扱説明書
感動!映像作品
ウケ狙い!漫才・モノマネ
要練習!手品を披露
プロにお願い!フラッシュモブ

定番!クイズ系余興

クイズ系の余興は、やるほうの負担も少なく、会場も盛り上がる定番余興です。

クイズを出す相手は、新郎新婦でもゲストでもOK。

新郎新婦相手なら、新郎には新婦に関する質問を、新婦には新郎に関する質問を〇×方式で答えてもらうと簡単です。

「新婦の一番好きな食べ物は?」
「新郎の子供の頃のあだ名は?」

そんなクイズを出題し、お互いの理解の深さを試しましょう。

もし正解が多ければキス、不正解が多ければデコピンなどの罰ゲームを用意しておくと盛り上がるかもしれませんね。

ゲストに出題するなら、新郎新婦に関するクイズがおすすめ。

「新郎は新婦のことを何と呼んでいる?」
「付き合って何年?」

・・・など、二人のことを題材にしたクイズで、ゲストに新郎新婦のなれそめを紹介しましょう。

お色直しのドレスの色当て、なんていうのも、再入場のとき盛り上がりますね。

ゲストにクイズを出す場合は、正解者にちょっとした賞品を用意しておくといいですよ。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

盛り上がる!歌やダンス・演奏

友人たちが一生懸命練習して披露してくれる歌やダンスは、新郎新婦の心に響くもの。

演奏が得意な人なら、たとえばギターやハンドベルなど楽器の演奏でも素敵です。

結婚式にぴったりの歌でホロリと泣かせるのはもちろん、コスプレしてダンスしたり、新郎新婦にちなんだ替え歌で笑いをとるのも楽しいですね。

全力で歌って踊れば、きっと会場も盛り上がります!

鉄板!取扱説明書

こちらは鉄板、新郎新婦の「取扱説明書」を作って読み上げる、という余興です。

例えば新婦側の友人として余興をするなら、新婦の「取扱説明書」を新郎へ向けて読み上げます。

新婦の名前や趣味、性格などのデータを、まるで電化製品の取扱説明書のようにまとめましょう。

「使用上の注意」として、

「高度な料理能力が備わっておりますが、新郎からの愛の言葉が少ないと、夕飯のおかずが一品減ります」

「美しい笑顔を保つためにも、たまには外でのデートに連れ出しましょう」

「返品はしないで、一生大切にしてください」

・・・など、少しユーモアも加えつつ、「花嫁を大切にしてね」という想いを込めましょう。
楽しくも、心温まる余興ですね。

感動!映像作品

映像作品は、とても人気の余興ですね。

中でも、たくさんの友人や家族からのメッセージを集めたビデオレターは、新郎新婦に感動してもらえる鉄板の演出。

他には、新郎新婦の出会いやプロポーズを、密着ドキュメント風に完全再現!なんていう凝った映像作品も喜ばれそうです。

構成次第で、感動系にもおもしろ系にもできるんですね。

後で何度も見かえせるのも、映像作品のいいところです。

ウケ狙い!漫才・モノマネ

ウケを狙うなら、流行りのお笑いネタをコピーしての漫才や、モノマネはいかがですか?

流行りのネタなら、多くの人が知っているのでウケも狙いやすいですよね!

ただ、コピーするなら完成度が大切なので、よく練習して挑みましょう。

新郎新婦に向けてアレンジした漫才にするのも素敵ですね。

要練習!手品を披露

みんなの前で手品を披露する余興です。

普段から手品が得意な人はもちろん、手品グッズを置いているショップに行けば、素人でもできるグッズが売られています。

ただあまり細かい手品だと、遠くの人からは見えにくく、地味な印象に。

盛り上げるためには、大きくて派手な手品を選ぶようにしましょう。

ゲストや新郎新婦に手伝ってもらったり、一度目はわざと失敗したり、なんていうのも手品の定番ですね。

よく練習して、堂々と披露しましょう!

プロにお願い!フラッシュモブ

こちらは、なかなか大がかりな余興です。

フラッシュモブとは、周りにいる人が仕掛け人で、次々と突然立ち上がって、歌ったり踊ったりし出すというサプライズ演出。

これは素人だけでするのはなかなか難しいものです。
プロにお願いすれば、参加する人にダンスやタイミングを指導もしてくれます。

新婦には秘密で新郎も踊り出す仕掛け人に入れておく、なんていうサプライズも面白いですよね。

ただし、新郎新婦がサプライズ好きでない場合は引いてしまう場合も。
二人の性格をよく見極めて、行いましょう。

大がかりですが、成功すれば思い出に残ること間違いなしです!

まとめ

いかがでしたか?
色々な余興がありましたね。

会場や新郎新婦を巻き込んだクイズ、歌やダンス、演奏で盛り上げたり、ユーモアも込めた取扱説明書、感動の映像作品は鉄板ですね。

ウケを狙う漫才やモノマネ、手品の披露、大掛かりなフラッシュモブなど、ちょっと勇気のいる余興も、思い切ってやればきっと思い出に残るものに!

なにより、新郎新婦を喜ばせようという想いが伝われば、きっと素敵な余興になりますよ。

  • LINEで送る

「結婚式のゲスト」の他の記事

「ゲストの余興」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る