結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

後ろ姿を美しく見せる「ロングトレーン」のウェディングドレスが着たい!どんなデザインがある?

スカートの裾が長い、ロングトレーンのウェディングドレス

公式インスタグラムはじまりました!

バックスタイルを美しく見せてくれる、ロングトレーンのウェディングドレス。

憧れはあるけれど、どんなデザインがあるのでしょうか?

そこで今回は、ロングトレーンが素敵なドレスをたくさんご紹介!

ロングトレーンの概要や魅力、似合う会場や髪型、ベールの種類についても合わせてお話しします。

INDEX
「ロングトレーン」ってなに?
ロングトレーンの魅力
ロングトレーンが似合う会場は?
ベールや髪型の合わせ方
素敵なロングトレーンドレス

「ロングトレーン」ってなに?

スカートの裾の長いドレスを着た花嫁

ウェディングドレスの「トレーン」とは、スカートの裾部分のこと。
床に引きずる部分を、トレーンと呼びます。

つまり「ロングトレーン」のドレスとは、「長い裾」のあるドレスのことを指すんですね。

ちなみに「トレーン」の由来は、英語の「トレイン(train)」。
ロングトレーンのドレスは、まるで連なった列車のように裾を長く引きずることから、そう呼ばれるようになったようです。

ロングトレーンのドレスは歴史が長く、12世紀頃は身分の高い女性が着るものだったそう。
身分が高いほどトレーンが長くなり、存在感はありますが動きづらいという難点もあります。

ただ、身分の高い女性は動き回る必要もなく、ロングトレーンのドレスを纏っているのは一種のステイタスだったのかもしれませんね。

現代では身分に関係なく人気のあるロングトレーンのドレス。

スカートの裾の長い、マーメイドドレスを着た花嫁の後ろ姿@tsuki_wd1128

ではそんなロングトレーンのウェディングドレスには、どんな魅力があるのでしょうか?
さっそく見ていきましょう。

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

ロングトレーンの魅力

裾を床に引きずるロングトレーンのウェディングドレス。
その一番の魅力は、なんといっても後ろ姿の存在感!

階段にスカートの裾が広がるロングトレーンのドレスを着た新婦と、側に立つ新婦@mai_wd_1013.125

さまざまなデザインが施された長い裾を引いて歩く姿は、荘厳でゲストの目も釘付けに。

ウェディングドレスにはアルファベットのAに似たシルエットの「Aライン」や、スカートにボリュームのある「プリンセスライン」など、さまざまなシルエットがあります。

様々なシルエットのウェディングドレスの図

ロングトレーンはどんなシルエットのドレスにもマッチして、その長さによってドレスのイメージを大きく変化させてくれます。

トレーン部分が取り外しできるものも多いので、一着で印象の違う着こなしができるというのも嬉しいポイント。

素材によっても雰囲気が変わるので、高級感のあるミカドシルク、美しく繊細なオーガンジーなど、好みの雰囲気に合わせて選ぶといいでしょう。

ウェディングドレスのシルエットやスカートのデザインについては、こちらの記事をどうぞ。

【ウェディングドレスの基礎知識①】ドレスの種類・シルエットデザイン(ライン)

【ウェディングドレスの基礎知識⑤】スカートデザイン

ロングトレーンは縦に伸びるシルエットのおかげで、スタイルをすっきりと見せてくれる効果も期待できます。
ボリュームのあるトレーンを選べば、下半身が気になる人でもカバーできそうですね。

ボリュームのあるロングトレーンを着た花嫁の後ろ姿

バージンロードを歩くときなど、花嫁はゲストに後ろ姿を見られることが多いもの。

ロングトレーンのドレスなら、エレガントで思わず見とれてしまうようなバックスタイルを演出できますよ。

そしてバックスタイルを美しく見せるためには、背中のケアも大切!

背中ケアについて気になる人は、こちらの記事も合わせてどうぞ。

ドレスを綺麗に着こなすために!ブライダルエステ「背中ケア」の基礎知識!

魅力たっぷりのロングトレーンドレスには、どんな会場が似合うのでしょうか?

線画の教会

次はロングトレーンが映える会場についてみていきましょう。

ロングトレーンが似合う会場は?

チャペルや大聖堂

祭壇に立つ新郎と、ロングトレーンのドレスを着た新婦@wedding_pooh

ロングトレーンが美しい新婦と父親の後ろ姿@kaaanaaa2512

ロングトレーンが一番よく似合う会場といえば、荘厳なチャペルや大聖堂です。

ロングトレーンを引きずりながらバージンロードを歩いていく様子は、神聖そのもの。
バージンロードの長いチャペル、ステンドグラスの美しい大聖堂、パイプオルガンの音色・・・。

そんな会場なら、まるでロイヤルウェディングのような気分で幻想的な結婚式が挙げられそうですね。

ただしロングトレーンを美しく見せるには、ある程度バージンロードの長さも必要。

短いバージンロードだとトレーンがもたつき、動きにくいうえ綺麗に見せられない可能性もあります。

長いバージョンが伸びる教会の内部

ロングトレーンにこだわるなら、始めからバージンロードの長さや広さを確認して会場を選んだり、会場に合わせてトレーンの長さを選んだりするといいですよ。

ガーデンウェディング

ガーデンで振り返る、ロングトレーンのドレスを着た花嫁

ロングトレーンのドレスを着るなら、ある程度広さがあり、トレーンを綺麗に広げられる会場がおすすめです。

その点ガーデンなら、トレーンを広げての写真撮影もできそう!

緑に映える、ロングトレーンのドレスを着た花嫁

あまり長いと歩きにくいかもしれませんが、緑に映えて美しい写真が残せそうですね。

ホテル

豪華なホテルに映える、大きなロングトレーンのドレスを着た花嫁@na.77wedding

ホテルで長いロングトレーンとベールを広げた花嫁@mrk_wd_1010

格式高いホテルの会場でも、荘厳なロングトレーンのドレスなら雰囲気にピッタリ。

ロングトレーンを広げて階段での撮影など、ホテルならドレスが映える撮影場所もたくさんあります。

屋外の階段でふんわりとしたトレーンをなびかせる花嫁

披露宴会場が狭い場合などは、取り外しや長さ調節が可能なトレーンを選ぶのがおすすめ。

挙式と披露宴でイメージを変えられるのも素敵ですし、会場の広さに合わせて動きやすくすることができますよ。


では次に、ロングトレーンのドレスに合うベールや髪型について見ていきましょう。

ベールや髪型の合わせ方

ロングトレーンより長いベールをあわせた花嫁の後ろ姿

階段に立つ、ロングトレーンよりも長いベールを付けた花嫁@rietogo_wd

ベールを合わせるなら、ロングトレーンよりも長いベールが相性◎。
バランスもよく、より荘厳なバックスタイルになります。

トレーンに刺繍など美しい装飾がある場合、ロングベールをかぶるならシンプルなデザインを選ぶといいでしょう。

美しい刺繍の入ったトレーンに、シンプルなベールを合わせた花嫁@mipaluda

お尻の下くらいまであるミドルベールを合わせても素敵。

でも腰の辺りに目立つ装飾があるドレスの場合、ベールの裾がちょうど装飾を邪魔してしまうこともあります。

ドレスのデザインを考えて選ぶといいですね。

また、合わせる髪型によっても、ドレスのイメージは変わります。

ロングトレーンのウェディングドレスにアップスタイルを合わせれば、まるでロイヤルウェディングのように気品のある花嫁姿になれそう。

ヘアをアップし、ロングトレーンのドレスを着た花嫁

アップスタイルでティアラを付けた、ロングトレーンのドレスを着た花嫁

おくれ毛を残したゆるめのシニヨンなら、適度に抜け感もプラスできますね。

ゆるめのシニヨンでアップした花嫁

ガーデンに立つ、ゆるめのシニヨンとロングトレーンドレスをコーディネートした花嫁@trc_wedding

ガーデンウェディングや披露宴なら、ハーフアップやダウンスタイルでナチュラルなイメージにするのも素敵です。

ガーデンにて、ダウンスタイルのヘアにロングトレーンドレスで佇む花嫁

ロングトレーンのマーメイドドレスの着て、髪を下した花嫁の後ろ姿

全体のバランスやなりたい花嫁のイメージを考えながら、小物や髪型を決めるといいですね。


では最後に、ロングトレーンの素敵なウェディングドレスをたくさんご紹介します!

素敵なロングトレーンドレス

Aライン

Aラインのスカートから広がる刺繍が美しいロングトレーンのウェディングドレス@mii_m_k

腰元から流れるフリルが特徴的な編み上げドレスです。
Aラインのスカートから広がるロングトレーンのシルエットが美しく、細やかな刺繍にも惚れ惚れですね。

V字カットの背中と放射線状に落ちるスカートとトレーンが美しい、Aラインのドレス

背中のV字カットが女性らしい、透明感のあるドレスです。

放射線状に流れ落ちるスカートとトレーンは、まるで清らかな滝のよう。
柔らかで、エレガントな一着ですね。

スカートがフリル上になったAラインのドレス

スカートがフリル状になった華やかなドレスです。

さらに透け感のあるシフォン生地が重なり、柔らかな雰囲気もプラス。
可愛らしく個性的なデザインですね。

プリンセスライン

ふんわりと広がるトレーンが印象的なプリンセスラインのドレス@r__y.m.wedding

幾重にも重なったチュールが、ボリュームたっぷりなプリンセスラインを形作ったドレス。ふわりと広がったトレーンが素敵ですね。

高級感あるミカドシルクを使用した、ロングトレーンのドレス

高級感のあるミカドシルクのドレスは、ロングトレーンだとさらに豪華な印象に!

上半身は透け感のあるレース模様+ロングスリーブなので、とってもクラシカル。
広い大聖堂にもよく似合う、正統派ドレスです。

ロングスリーブ以外にも、袖のデザインはいろいろ。
気になる人は、こちらの記事を読んでみて下さいね。

【ウェディングドレスの基礎知識④】袖(スリーブライン)のデザイン

お姫様のようなロングトレーンとふわふわのプリンセスラインが印象的なドレス

ふわふわのプリンセスライン×ロングトレーンは、まるでお姫様のよう!

腰からのびる長いトレーンには、繊細なレース模様が施されています。
とびっきりキュートで、豪華な一着です。

雲のようにロングトレーンが広がるドレス

まるで雲のように広がるロングトレーンが印象的です。

その幻想的なバックスタイルには、ゲストも思わず目を奪われそう。

オフショルダーの上半身と、スカートの広がりが相性◎ですね。

スレンダーライン

ロングトレーンが神聖な雰囲気のスレンダーラインのドレス

スカートの広がりが控えめなスレンダーラインは、ロングトレーンだとより神聖な印象になります。

柔らかな生地のスレンダーラインはナチュラルで、まるで女神様みたい。
ガーデンンウェディングにもよく合いますよ。

ロングトレーンで華やかさが加わった、スレンダーラインのドレス

装飾が少ないシンプルなスレンダーラインですが、ロングトレーンがあることで華やかさもプラス。

すっきりとしたデザインのドレスにも、ロングトレーンはよく合います。

広くない会場に合うスレンダーラインのロングトレーンドレス

背中のレース素材と、トレーンのレース模様がエレガントな一着。
丸く広がるトレーンが上品で、クラシカルな印象です。

これくらいのトレーンなら、あまり広くない会場でも綺麗に着こなせそうですね。

マーメイドライン

身体にフィットしたレースに、膝から広がるマーメイドラインのロングトレーンドレスのバックカット膝から広がるマーメイドラインのロングトレーンドレスの斜め前からのカット@wedding_record_5

身体に添うように施されたレース刺繍にフィットしたデザイン、ふわふわのロングトレーン・・・。

まるで海から姿を現した人魚のようなシルエットです。
大人っぽく、かつ幻想的な印象になりますね。

3mものロングトレーンが印象的なマーメイドラインのドレス@misamisa24

3mあるロングトレーンはインパクト大!

シルエットがシンプルなマーメイドラインですが、トレーンが華やかに広がれば荘厳な会場でもバッチリ目を引く、気品溢れるデザインになっています。

エンパイアライン

胸から切り替えのあるエンパイアラインのドレス神秘的な印象のエンパイアラインのロングトレーンドレス@____rrri_w_d

胸の下から切り替えのあるエンパイアライン。

ナチュラルな印象のドレスですが、ロングトレーンだと神秘的な雰囲気に。

レストランウェディングにぴったりなロングトレーンのドレス@huku_wd

ナチュラルスタイルなレストランウェディングにぴったりなこちらのドレス。

透け感のある生地が重なり、より柔らかで優しい印象になっています。

大人っぽくて素敵ですね!

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

まとめ

「トレーン」とはスカートの裾で、床に引きずる部分を指します。
つまり「ロングトレーン」のドレスとは、「長い裾」のあるドレスのこと。

ロングトレーンの魅力は、こんな感じです。

・圧倒的な存在感
・トレーンの長さ、着脱でドレスの印象を変えられる
・スタイルをスッキリ見せてくれる

ロングトレーンのドレスは、チャペルや大聖堂、格式の高いホテルにもピッタリ。
広々としたガーデンウェディングにも向いています。

また、ロングトレーンにベールを合わせるなら、トレーンよりも長めがおすすめ。

ミドルベールも合いますが、腰の辺りに目立つ装飾があるドレスの場合、デザインを邪魔しないか考えて選びましょう。

髪型でもイメージが変わるので、なりたい花嫁のイメージに沿って決めるといいですね。

荘厳なロングトレーンのウェディングドレスで、新郎とゲストの視線を釘付けにしちゃいましょう!

SNSでシェア

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「ウェディングドレス・和装」の他の記事

「ウェディングドレス・和装」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る