結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

結婚式で両親に喜ばれるプレゼントを渡したい!両親への記念品アイデア集

音声で聴く!

0:00

0:00

  • LINEで送る

結婚式で、新郎新婦から両親に贈る記念品。

「喜んでもらえるものを贈りたいけど、何がいいのかわからない・・・」

そんなあなたのために、両親に喜んでもらえるプレゼントのアイデアを王道のものから個性的なものまでご紹介します。

プレゼントとしてNGとされるアイテムも合わせて紹介しますので、要チェックです。

INDEX
王道プレゼント5選
個性的なプレゼント5選
NGプレゼントはあるの?

王道プレゼント5選

まずは、両親へのプレゼントとして選ばれている、定番のものから紹介しましょう。

花束

花束は、両親へ贈る定番のプレゼント。

贈呈のシーンも華やかで、「今までありがとう」と感謝の言葉を添えて渡せば、ダイレクトに気持ちが伝わりそうですね。

手紙・ムービー

花嫁の手紙は、涙を誘う感動の演出ですよね。

その場で読まなくても、新郎新婦がそれぞれ両親への手紙を書いて、プレゼントとして渡すのもステキ。

手紙を読むのが照れくさい場合は、ムービーにまとめて流すという方法もあります。

両親にとっては、何度も見返すことができる最高のプレゼントですね。

時計

「一緒に時を刻む」という意味を込めた時計は人気のアイテムです。

一本の木から作った三つの時計をそれぞれの家に贈ったり、ペアの腕時計や壁掛けの時計など・・・

両親のライフスタイルに合わせて、喜ばれそうな時計を選ぶと良いですね。

言葉や絵のプレゼント

両親や新郎新婦の名前を頭文字にして作った「ネームインポエム」や、今までの子育てに感謝する「感謝状」「子育て卒業証書」も人気のアイテム。

ネームインポエム

両親や家族の似顔絵など、絵のプレゼントもいいですね。

家に飾ってもらえますし、ユニークに感謝の気持ちを伝えられるアイテムです。

ウェイトドール・体重米

新郎新婦が生まれた時の体重と同じ重さのぬいぐるみ。

胸に抱いたその重みに、両親が思わず涙してしまうかもしれませんね。

ぬいぐるみだけでなく、生まれた時と同じ重さのお米を詰めた「体重米」も人気!

色々なパッケージのものがあり、もらった後食べることもできるのもいいですね。

理想の指輪に出会える6つのコレクション

個性的なプレゼント5選

続いて、ちょっと変わった個性的なプレゼントを見てみましょう。

ファミリーツリー

「ファミリーツリー」とは、一本の木をモチーフにして、両家の写真を使って家系図を作ったもの。

両家が家族になった絆を表すことができますし、インテリアとして飾っておけるオシャレなアイテムです。

手作り品

子供たちが手作りしたものをもらって、嬉しくない親はいませんよね。

陶芸教室で両親へペアの食器を作ったり、子供のころからの写真をアルバムにまとめたり。

心を込めて、世界で一つだけのアイテムを作りましょう。

メダル

今まで育ててくれた感謝をこめて、両親に金メダルを贈るというアイデアも!

ユニークなプレゼントに、両親も思わず笑顔になりそうですね。

オルゴール

両親との思い出の曲や、両親が好きな曲のオルゴールをプレゼント。

オルゴールの優しい音色は、心に響きますよね。

ふとしたときに聴いて、思い出に浸ってもらえるステキなプレゼントです。

旅行・食事

形に残るものでなくても、ステキな「時間」をプレゼントするという方法も!

「二人でゆっくりしてね」と、旅行券や食事券をプレゼントするのはいかがでしょうか?

子育ての思い出を語りながらゆっくり過ごす時間は、きっと心に残る思い出になりますよ。

NGプレゼントはあるの?

最後に、結婚式で両親に贈るプレゼントとして避けたほうがいいとされるアイテムをいくつか見ていきましょう。

包丁やハサミ

刃物は物を「切る」ために使いますよね。

「縁を切る」という意味を含むとされ、結婚式にふさわしいプレゼントではないようです。

日本茶

日本茶は、弔事でふるまわれることも多い飲み物なので、縁起が悪いと敬遠する人もいるようです。

プレゼントするならコーヒーや紅茶などのほうが無難ですよ。

クシ

クシは男女ともに使える便利アイテム。

でも言葉の響きが「苦」「死」を連想させるとされ、縁起が悪いとして避けられるアイテムのようです。

ハンカチ

ハンカチを漢字で書くと、「手巾(てぎれ)」。

別れや縁切りを連想させるので、結婚式でのプレゼントとしてはNGのようです。

スリッパや靴などの履きもの

履物は「足で踏む」というような意味合いがあるので、結婚式にふさわしくないというよりは、目上の人へのプレゼントとしてふさわしくありません。

両親へのプレゼントとしても避けておくほうが無難ですね。

筆記用具

万年筆などの筆記用具は、「勉強に励みなさい」というような意味合いが。

こちらも履物と同じく、目上の人に贈るにはふさわしくないとされるアイテムです。


このように縁起などの理由でふさわしくないとされるアイテムは色々あります。

でも、特別に思い入れがある品物の場合は、NGアイテムでもそんなに気にする必要はないのかもしれません。

例えば

「お母さんが料理好きだからいい包丁をプレゼントしたかった!」

など、理由をきちんと伝えるようにすれば良いですね。

両親が本当に喜んでくれそうなアイテムを選ぶことが、一番大切ですよ。

まとめ

王道から個性派まで、色々なプレゼントのアイデアがありましたね。

縁起をかついでのNGアイテムもありますが、両親との思い入れがある場合はNGアイテムをそれほど気にする必要もないかもしれません。

きっとどんなプレゼントでも両親は喜んでくれますが、感謝の気持ちをこめて、とびっきりの一品を選びたいですね!

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

結婚スタイルマガジン TOPへ

おすすめ記事ピックアップ

「演出・余興」の他の記事

「演出・余興」の
次に知っておきたいこと