結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

結婚式のために、最低限やっておいたほうがいいブライダルエステって?

音声で聴く!

0:00

0:00

頭にタオルを巻いた女性

公式インスタグラムはじまりました!

人生の晴れ舞台、結婚式。

綺麗な花嫁になりたいのはもちろんだけど、ブライダルエステは少なくない出費です。

できれば節約したいけれど・・・「これだけはやっておいた方がいい」というエステってあるのでしょうか?

今回は、最低限やっておきたいブライダルエステについてご紹介します。

INDEX

最低限やっておきたいエステとは?

さまざまなコースが用意されているブライダルエステ。主に、ドレスから露出するパーツをケアするコースが多いようです。

ウェディングドレスを着た女性

もちろんできることなら、全身ピカピカに磨いておきたいけれど・・・

「結婚式まで時間がない!」
「ブライダルエステにかける費用を節約したい!」

という花嫁だっていますよね。

そんな花嫁にも、これだけは最低限やっておきたい!というおすすめのコースがあります。

それが「シェービング」です。

「シェービング」とは、簡単に言うとお肌の産毛を剃ってもらう施術のこと。

肌がツルツルの女性

結婚式の前に「シェービング」をぜひ受けたい理由はなんなのでしょうか?

さっそく見ていきましょう。

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円分ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

「シェービング」を受けたほうがいい理由

ドレスから露出する部分に産毛があると、意外と目立ってしまうもの。

シェービングで産毛を処理しておくことで、

「ドレスを堂々と着こなすことができた」
「アップの写真を撮る時も不安にならずに済んだ」

というように気持ちの面で余裕を持つことができる人も多いようですよ。

でも、

「わざわざブライダルエステに行かなくても、産毛を剃るくらいなら自分でできるし、その方が節約になるのでは・・・?」

と思う人もいますよね。

カミソリで毛を剃る女性

顔や腕の産毛は、普段から自分で処理している人も少なくないかもしれません。

でも背中やデコルテ、うなじなどはどうでしょうか?

なかなか、自分で処理するのは難しい場所ですよね。

友人や家族、新郎などにお願いするという方法もありますが、素人にお願いして、万が一お肌を傷つけてしまったら・・・。

傷のある状態で結婚式の日を迎えることになってしまうかもしれません。

それにうなじの形を綺麗に整えるのも、素人には結構難しいですよね。

女性のうなじ

そういったことから、「シェービング」だけはプロの施術がおすすめなんです。

ブライダルエステの多くのコースに、「シェービング」が組み込まれているのも頷けますね。

「シェービング」だけなら、サロンにもよりますが費用は1万円~2万円前後。

自己処理の難しい背中などの部分も綺麗にしてくれると思えば、「シェービング」だけは受けておいた方がいいかもしれません。


ちなみに、シェービングには二通りの方法があり、それぞれに特徴があります。

まず1つ目はカミソリで産毛を剃る「レザーシェービング」。

レザーシェービングの道具

古い角質も一緒に取れるので、お肌のトーンが明るく見える効果も期待できます。

ただ、少し肌への刺激があるので、肌トラブルが起きた場合に備えて、結婚式の1週間~3日前くらいに行うのがおすすめです。

2つ目は、電気シェーバーで産毛を剃る「ソフトシェービング」。

電動シェーバー

綺麗な状態が長持ちするのはレザーシェービングですが、ソフトシェービングには、刃を当てないのでお肌に優しいというメリットがあります。

結婚式3日前から前日くらいに受けるのがおすすめですが、自分の肌の状態に合わせてスタッフと相談しましょう。

ブライダルシェービングについて詳しく知りたい人は、こちらの記事をチェックしてみてください。

【ブライダルシェービング】効果や受ける時期は?つるすべ肌を叶えるポイントも解説!


では、結婚式の前にシェービングを受けた花嫁の体験談を見ていきましょう。

先輩花嫁の体験談

私はエステには通いませんでしたが、上半身のシェービングだけ受けました。シェービングだけでも化粧ノリがすごく良くなったし、受けて正解でした!
化粧ノリが良い女性

和装でうなじの形が大切だったので、シェービングで綺麗にしてもらいました。プロにしてもらったので、写真映えもバッチリでした。
和装でアップヘアにした花嫁

ドレスの試着のとき、背中の産毛が目立っていてびっくり!結婚式の前にはしっかり背中のシェービングをしてもらい、おかげで堂々と背中が開いたドレスを着ることができました!
背中の開いたドレスを着た花嫁

「シェービング」を受けた先輩花嫁は、「美肌になった」「受けてよかった」と感じている人が多いよう。

ブライダルエステを最低限に抑えたい花嫁でも、自分では難しい「シェービング」は一度考えてみるといいかもしれませんね。

一方、

「エステ代は節約したいけれど、シェービングだけではなんだか不安・・・」

という人もいるのではないでしょうか?

最後に、もし他のエステを追加するなら、どう選べばいいかを見ていきましょう。

メガネ型のフォトプロップス

他にもエステを追加するなら?

最初にもお話ししましたが、ブライダルエステにはさまざまなコースがあります。

主なコース内容を、簡単にご紹介しましょう。

フェイシャル

ニキビや毛穴、シミなどの顔の肌トラブルの改善を目指すケアや、小顔ケアなどがあります。

フェイシャルケアをしてもらう女性

フェイシャルのコースの種類や、実施期間などを知りたい人はこちらをチェック。

ブライダルエステの「フェイシャル」ってどんなことをするの?

ボディ痩身

二の腕、脇や背中など、ドレスから露出する部分を中心とした痩身ケアです。

痩身ケアをしてもらう女性

ボディ美肌

二の腕のぶつぶつや赤み、背中やデコルテの日焼けやニキビなど、ボディの肌トラブル改善を目的としたケアです。なめらかな美肌を目指します。

背中にパックを塗ってもらう女性

ボディ痩身・ボディ美肌に関して詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてください。

ブライダルエステの基礎知識【ボディ全身】


おおまかに分けるとこんな感じです。

上手に節約する方法は?

先ほど紹介したものがすべて組み込まれたコースで、全身を磨き上げていくことももちろん可能。

でも、全部のコースを受けるとなると、かなり費用もかかりますし、時間だって必要ですよね。

そこで、上手に節約するためには、自分にどんなケアが必要なのかポイントを絞るのがおすすめ!

「顔のニキビはどうしても改善したいけど、ボディは必要ない」

「背中の開いたドレスだから、背中ケアだけは完璧にしたい!」

背中のケアとニキビ

・・・など、一番気になるところがどこなのか、きちんと把握しましょう。

こちらの記事では、デコルテ、背中など体のパーツ別にエステの内容を紹介しています。

ブライダルエステの種類はどんなものがあるの?内容を教えて!

先輩花嫁が「やって良かった」人気ブライダルエステのメニュー8選!体験談もたっぷりお届け

結婚式で着るドレスが決まっている人は、こちらも参考にしてみてください。

ドレスのタイプ別!やっておきたいブライダルエステを紹介

必要なケアだけに絞ってエステを受けることで、ブライダルエステにかける費用も時間もグッと節約できるかもしれませんね。

その他、ブライダルエステを低価格で試せる体験コースや、花嫁に必要なコースが詰め込まれた1日プランを利用するという手もあります。

「体験コース」や「1日プラン」の詳しい説明はこちらです。

ブライダルエステをお試しできる「体験コース」って?効果は実感できる?注意点は?

ブライダルエステの1日(1DAY)プランって?メリットや注意点を解説!

また、エステだけではなくダイエットや歯のホワイトニングなどをしておけばよかった・・・という人も。

当日になってから後悔しないように、見逃しているポイントがないかチェックしましょう!

先輩花嫁に聞いた!「結婚式前にやれば良かった…」と後悔した花嫁美容は何?体験談をたっぷりお届け

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円分ご祝儀もらえる!

まとめ

ブライダルエステを節約したい花嫁も、最低限受けておいた方がいいケアは「シェービング」なんですね。

その理由は、ドレスから露出する部分にムダな産毛があると、とても目立ってしまうから。

背中やデコルテ、うなじなど、自己処理が難しいパーツも、プロにお願いすれば綺麗にしてくれます。

その上「レザーシェービング」なら、美肌効果が期待できるという嬉しいメリットも。

シェービングを受けた先輩花嫁からも、「満足した」という声が多数上がっているようです。

もしその他にもエステを追加するなら、自分に必要なケアに絞って受けるのがおすすめ。

そうすることで、エステ代の節約につながります。


「ブライダルエステを賢く節約したい!」という人は、こちらの記事を参考にお得にエステを受けてみてくださいね。

知らないと損!?ブライダルエステを賢く節約する方法!!

SNSでシェア

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「ブライダルエステ・ネイル」の他の記事

「ブライダルエステ・ネイル」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る