結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

結婚式二次会会場の下見でチェックしておきたいポイント5つ

音声で聴く!

0:00

0:00

ウェディングサイン

公式インスタグラムはじまりました!

結婚式二次会の会場を決めるために、かかせない会場の下見。

「どんなところに気をつけて下見すればいいのかな」

実際に足を運んでみないと分からない、チェックしたい5つのポイントを紹介します。

INDEX

下見前に決めておきたいこと

まずは会場の下見をする前に、決めておきたいことを見てみましょう。

開催日と時間

カレンダーと鉛筆

まず一番に、結婚式の二次会を開こうとしている日時に空きがあるかどうか、お店の人に確認する必要がありますよね。

下見のお願いをする際に、電話などで確認しておくと良いでしょう。

予算

豚の貯金箱と小さなブーケ

ゲスト一人あたりのだいたいの飲食代を、仮に設定しておきます。

下見の時に、予算内でパーティーができそうか相談しましょう。

ゲストの人数

二次会に参加するゲスト

ゲストの人数に合った広さの会場を選ぶために、あらかじめどれくらいの人数での二次会にするか決めておきましょう。

やりたい演出や余興

フルートを演奏する手元

会場によっては、できない演出や余興があるかもしれません。

最低限「これだけはやりたい!」という演出や余興ができる会場なのか、確認するためにも、大まかな内容を考えておきましょう。

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

1 交通アクセス

大きな交差点

それでは、実際に下見に行ったときにチェックしたいポイントを見ていきましょう。

結婚式披露宴から引き続き二次会に参加するゲストも、二次会から参加するゲストも、アクセスしやすい会場かどうか確認しましょう。

次のようなポイントを確認すると良いですよ。

・最寄駅から近いか
・披露宴会場から移動しやすいか
・駐車場があるか

最寄駅から歩いて行く会場なら、下見のときに実際に歩いて、行きやすさを確かめると良いかもしれませんね。

実際に歩いて下見をする男女

披露宴から続けて出席のゲストは、引き出物などで荷物が多いことも。

荷物を持っていてもスムーズに移動できるか、披露宴会場からの経路もあわせて確認しておくと安心です。

また、車で行く会場なら駐車場の有無を確認しておきましょう。

もし、駐車場がなかったり、駐車できるスペースが少なければ、近くにコインパーキングがあるかどうかも確認すると良いですよ。

2 会場のキャパシティ

二次会を行う会場

ゲストの人数に合った広さの会場か確認しましょう。

ゲストが全員入っても窮屈にならない広さがあるか、逆に広すぎてさみしい雰囲気にならないかイメージしてみましょう。

立食パーティーの場合、ゲストが疲れたときに休憩できるように、ある程度、椅子とテーブルを用意しておこうと考えている人もいますよね。

椅子やテーブルをどこに置くのか、置いても狭くならないかも確認しておくと良いですね。

4つの椅子

また、「貸し切りにできるかどうか」も聞いておきましょう。

もし貸し切りにできない場合、他のお客の目が気にならないように衝立を置いたりなど、プライベート空間を確保できるか相談しておくと安心です。

3 パーティー当日のレイアウト

会場の間取りを見ながら話し合っている様子

二次会当日に、どこに何を配置するのかイメージしながら下見をしましょう。

配置を確認しておきたいのは、次のようなポイントです。

・新郎新婦の高砂
・司会者の席
・受付テーブル
・スクリーン
・余興を行うスペース


他にも、会場の設備についてもチェックしておきましょう。

クローク、控室、トイレ

・クロークがあるかどうか
・新郎新婦や幹事の控室が借りられるかどうか
・トイレの数が十分か

4 音響や照明、映像機材

機材を操作する様子

パーティー中、BGMを流したり、余興の際にDVDを上映したりしますよね。

また、大人数のパーティーなら司会者はマイクが使えると、ゲストみんなにアナウンスが聞こえやすいです。

そういった必要な機材が会場で借りられるかどうか、借りられない場合に持ち込みが可能かどうか確認しましょう。


確認しておきたいポイントは次のとおり。

プロジェクター、マイクー、照明

・プロジェクターやスクリーンはあるか
・マイクの使用はOKか
・BGMを流してもらえるか
・店内の照明は調整できるか
・スポットライトはあるか
・機材や照明の操作はお店側か幹事側か

など。

予定している演出や余興に必要なものを洗い出して、確認しておきましょう。

5 料理やドリンクメニュー

料理とワイングラス

料理やドリンクメニューは、電話などではなかなか確認しづらいこともありますよね。

下見の時に、じっくり相談しましょう。


・コース料理なのかビュッフェ形式なのか
・食事のメニューと量
・オリジナル料理に対応してくれるか
・ドリンクは飲み放題に対応しているか
・揃えているドリンクメニュー


二次会では料理を楽しみにしているゲストも多いようです。

できれば下見とあわせて実際に料理を食べてみて、味をチェックするとベターです。

ウェディングケーキ

また、ウェディングケーキの入刀を予定している場合は、ウェディングケーキを用意してもらえるのか、持ち込みが可能かなども確認しておきましょう。

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

まとめ

まず会場の下見をする前に、開催日と時間、予算、招待するゲストの人数、やりたい余興や演出など、パーティーについてある程度、具体的に決めておきましょう。


そして、下見の際には

・お店までのアクセス
・会場のキャパシティ
・パーティー当日のレイアウト
・音響、照明、映像機材
・料理やドリンクメニュー

について確認しておくと安心です。

しっかりチェックして、自分たちにピッタリの会場を見つけてくださいね。

SNSでシェア

  • LINEで送る

「結婚式二次会」の他の記事

「結婚式二次会」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る