結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

婚約・結婚指輪で人気の「エタニティリング」や「ハーフエタニティ」って?

婚約指輪のデザインを検討中のそこのあなた。

「エタニティリング」ってどんな指輪か知っていますか?

エタニティリングは、使いやすいことから婚約指輪としても、結婚指輪としても購入されています。

また、婚約指輪と結婚指輪の兼用として購入する人も!

今回はそんなエタニティリングの特徴や魅力をたっぷりご紹介します。結婚スタイルマガジンは、ジュエリーブランドNIWAKA(ニワカ)のサポートで運営されています。NIWAKAの商品写真を使って解説していることをあらかじめご了承ください。

INDEX
エタニティリングってどんなデザイン?
フルエタニティとハーフエタニティ
ダイヤモンドの留め方で見た目が変わる
魅力1 なんといってもゴージャス!
魅力2 重ねづけがしやすい
魅力3 使いやすいデザインが多い
フルエタニティは少し大きめのサイズを選ぶ
丁寧な扱いを心がける
つけ心地をしっかり確認する

エタニティリングってどんなデザイン?

「エタニティリング」とは、リング全周にダイヤモンドが留められたデザインのこと。

久遠(くおん)

なぜ、「エタニティ(永遠)」という名前が付けられたのかと言うと・・・

ダイヤモンドがとぎれることなく並んでいるさまが、永遠を思わせることから、このように呼ばれるようになりました。

永遠の愛を約束するふたりにぴったりの意味が込められていますね!

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

フルエタニティとハーフエタニティ

エタニティリングのことを、「フルエタニティ」と「ハーフエタニティ」に分けて扱うことがあります。

違いを詳しく見てみましょう。

フルエタニティ

「フルエタニティリング」は、リング全周にダイヤモンドが留められ、まるでダイヤモンドだけで構成されているかのようなデザイン。

久遠(くおん)エタニティリング約2.5mm幅

「エタニティリング」と言うと、一般的にはフルエタニティを指します。

ダイヤが一周しているので、どの角度からでもダイヤの輝きを感じることができ、手元を華やかに演出してくれます。

また、フルエタニティならではのこんなメリットも。

ダイヤがワンポイントで留められているデザインの場合、リングが回ってしまうとダイヤが中心からずれてしまうことがあります。

それに対して、フルエタニティは360度どこから見ても同じデザインなので、リングが回ってもダイヤがしっかり見えます。

リングの向きを気にする必要もありませんよ。

ハーフエタニティ

ダイヤが全周に留められているフルエタニティに対し、半周だけダイヤが留められたものを、「ハーフエタニティ」と言います。

久遠(くおん)ハーフエタニティリング約2.0mm幅

ダイヤモンドが留められているのは半周だけなので、フルエタニティに比べてお値段は安くなります。

また、ダイヤモンドの留められている範囲によってつけたときの印象も変わってきます。

ダイヤの留められている範囲によって、指につけたときの印象がかなり違ってくるので、実際にお店で試着をしてみてください。

ダイヤモンドの留め方で見た目が変わる

シンプルなデザインのエタニティリングですが、ダイヤモンドの留め方によって印象が変わります。

下の「フェイス」は、金属を彫り起こして作った爪でダイヤモンドを留めた「彫り留め」のエタニティリング。

フェイス

爪ではなく、両サイドの金属でダイヤモンドをはさみ込むように留めた「レール留め」のエタニティリングも。

その他、金属でぐるりと囲うようにダイヤモンドを留めた「覆輪留め(ふくりんどめ)」などがあります。

パニエ

続いて、エタニティリングの魅力を3つ紹介します。

魅力1 なんといってもゴージャス!

エタニティリングはダイヤモンドが連なっているデザインのため、遠目からでも輝きが目立ちます。

指が動くたびにダイヤがキラキラと光り・・・

手元に華やかさを与えてくれます。

ダイヤモンドの輝きを見ているだけで、幸せを実感できそうですね。

エタニティリング上に連なる小さめのダイヤモンドをすべて合計すると、全体のカラット数(重さ)が大きくなりますが・・・

一般的な婚約指輪の中央に留められるダイヤモンドのカラット数よりも、エタニティリングのカラット数のほうが大きくなることが多くあります。

そして、その割に価格がお手頃なのが魅力のひとつ。

これは、小さいダイヤのほうが割安で、価格を抑えられるからですね。

一粒タイプ:ことほぎ

久遠(くおん)ハーフエタニティリング約2.0mm幅

「婚約指輪はゴージャスなものがいい!」

という人は、手頃感のあるエタニティリングを婚約指輪として購入するのも選択肢のひとつと覚えておきましょう。

魅力2 重ねづけがしやすい

華やかにも、繊細にも見せることができるエタニティリングは、重ねづけがとてもしやすいデザインです。

上:結婚指輪 長閑(のどか)
下:結婚指輪 なごみ

婚約指輪としてエタニティリングを購入した場合には、ストレートの結婚指輪に重ねづけができます。

上:婚約指輪 パルファン
下:結婚指輪 パルファン

結婚指輪としてエタニティリングを購入した場合、婚約指輪とエタニティリングを重ねることで華やかな印象が強まります。

婚約指輪のダイヤモンドを小さめにして価格を抑え、普段使いする結婚指輪を華やかなエタニティリングに選ぶ人も多いです。

また、婚約指輪とエタニティの重ねづけはゴージャスに見えるので、年齢を重ねても年相応の指輪として永く愛用することができますね。

最後に番外編。

エタニティリングはストレートタイプが主流ですが、V字タイプのハーフエタニティもあります。

このタイプのデザインの場合、大きめダイヤの婚約指輪を選んだとしても、ぴったりと重ねづけできるので、気になる人はチェックをしてみてください。

上:婚約指輪 睡蓮(すいれん)
下:結婚指輪 睡蓮(すいれん)

魅力3 使いやすいデザインが多い

エタニティリングは「使いやすいデザインが多い」ということでも人気が高まっているデザインです。

エタニティが使いやすい理由は2つあります。

1 ひっかかりが少ない

エタニティリングは一般的な立て爪タイプとは違い、出っ張りがなくて全周同じ厚み。

そのため、何かにひっかけたりぶつけたりしにくくなっています。

これが、安心して使える一番の理由です。

2 細めのデザインは身につけやすい

大きめダイヤを使った太めのエタニティリングはとてもゴージャスです。

久遠(くおん)エタニティリング約3.5mm幅

さすが、合計約3カラットのダイヤが集まると華やか。

特別なシーンに映えるデサインですね。


一方で、小さめのダイヤを使った細めのエタニティリングは、少し華やかに感じる程度のデザインです。

ことほぎ

特に幅の細いタイプであれば繊細な印象に見せることが可能。

これなら、特別なシーンでなくても身につけられます。

「でも、エタニティリングってキラキラしてるから、フォーマルなシーンじゃないときに身につけたりすると、悪目立ちしないかな・・・」

と不安になる人もいるかもしれませんね。

特に店舗でエタニティリングを試着したときに、そう思う人もいるようです。

けれども安心してください。

今は少しだけ華やか過ぎると感じても、使いながら年を重ねることでいつの間にかしっくりくるようになるものです。

ダイヤモンドのキラキラを見ることで、モチベーションアップになるのも女性ならではの特権。

店舗で確認をしながら、是非一生のお気に入りを探してみてください!

それでは、エタニティリングを選ぶときのポイントや長く付き合うためのコツをご紹介します。

フルエタニティは少し大きめのサイズを選ぶ

エタニティリングを選ぶときのポイント一つ目は「サイズ」。

エタニティリングのサイズは、慎重に選びましょう。

と言うのも、フルエタニティはほとんどの場合、サイズ直しができないからです。

指輪のサイズ直しの一般的な工程は、まず石や細工、彫刻などへの影響がない地金の部分を切断します。

指輪を大きくするときは素材を継ぎ足し、サイズの調整ができたら接合します。

ところが・・・

フルエタニティの場合、リング全体にダイヤが留められているので、単純な切断や接合ができません。

なので、フルエタニティはサイズ直しができないものがほとんど。

できたとしても、かなり費用がかかります。

特に、サイズを大きくしたい場合は、ダイヤモンドの追加が必要なケースもあるので、さらに費用がかかることに・・・。

フルエタニティリングを選ぶときは、サイズは気持ち大きめにしておくと安心ですね。

「もし痩せてサイズがブカブカになってしまったらどうしよう・・・」

大丈夫。
とっておきの裏技があります。

フルエタニティリングを婚約指輪として購入した場合の裏技です。

このように、
フルエタニティリングを最初に指につけて、その上から結婚指輪をつけることで、指からリングがはずれることを防止できます!

上から重ねづける結婚指輪はサイズぴったりのものを選びましょう。

指のサイズが変わっても対応できるよう、サイズ直しがしやすい結婚指輪を選ぶのがポイントですよ。


ここまでのお話で、フルエタニティはサイズ直しが難しいことが分かりました。

それではハーフエタニティはどうでしょう?

ハーフエタニティはサイズ直しできる?

ハーフエタニティの場合、ダイヤモンドが入っているのは半周だけなので、1~2号程度のサイズ直しは可能な場合が多いです。

また、デザインによってはそれ以上のサイズ直しが可能なものもあります。

サイズ直しは、購入したお店でのアフターサービスとなります。

購入した取扱店か、ブランドの直営店に依頼するのが一般的。

サービスの期間や負担額の内容などは、ブランドや購入したお店によって異なるので、しっかり確認しておきましょう。

丁寧な扱いを心がける

エタニティリングに限った話ではありませんが、ジュエリーは金属でできているからと言って鋼鉄のような硬さではありません。

特にエタニティリングは指輪の体積のかなりの部分をダイヤモンドが占めているため、比較的デリケートなデザインです。

重いものを持ったりスポーツをしたりと、指に負担がかかるような動作をする場合は、あらかじめ指輪は外しておくのが無難。

指に強い負荷がかかってしまうと、リングの形がゆがみ変型してしまうこともあります。

なので、エタニティリングを頻繁に身につけようと考えている人は、丁寧に扱うことを意識すると良いですね。

ハーフエタニティはそれほどでもありませんが、フルエタニティの場合は手のひら側にもダイヤが留まっているので、特に注意が必要です。

つけ心地をしっかり確認する

エタニティリングは、ダイヤモンドの高さがあるため、厚みがどうしても出てしまいます。

お店に行って、薬指にエタニティリングをつけてみてください。

隣の小指や中指に指輪が当たって気になる・・・

ということがあるかもしれません。

この隣の指に感じるつけ心地(指あたり)は人によってかなり感覚が違います。

同じデザインでも気になる人、気にならない人、さまざまです。

エタニティリングを購入するときは、試着をして、指あたりを確認しましょう。

指あたりが気になるようなら、別のデザインのエタニティリングを試着してみると良いですね。

指あたりがあまり気にならないデザインもたくさんあります。

たとえばこんなデザイン。

フェイス

彫り留めで小さめのダイヤを使用したハーフエタニティリングです。

金属の中にダイヤを留めているので、爪がひっかかりにくく、小さめのダイヤならほとんど指あたりは気になりません。

これも試着をして試してみてください。

まとめ

いかがでしたか。

「永遠」を意味するエタニティリングは、まさに永遠の愛を約束しようとしているふたりにぴったりのリング。

ダイヤが全周に留められている「フルエタニティ」に対し、半周だけダイヤが留められたものを、「ハーフエタニティ」と言います。

ダイヤモンドの留め方によって見た目の印象が変わりますよ。

フルエタニティリングは、サイズ直しができないものがほとんどなので、サイズは気持ち大き目にしておくと安心です。

ハーフエタニティであれば、1~2号くらいのサイズ直しなら可能な場合が多いよう。

また、エタニティリングは指輪の体積のかなりの部分をダイヤモンドが占めているため、比較的デリケートなデザイン。

丁寧な扱いを心がけましょう。

エタニティリングは、ダイヤモンドの高さがあるため厚みが出ます。

そのため、指当たりが気になることがあるかもしれません。

エタニティリングを購入するときは、試着をして、指あたりを確認するようにしましょう。

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚指輪」の他の記事

「結婚指輪」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る