結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

彼女の両親への結婚挨拶を成功させるための服装【男性編】

音声で聴く!

0:00

0:00

プロポーズに「OK」の返事をもらったら、いよいよ次は彼女の実家に出向いて結婚挨拶。

「緊張しすぎて何もしゃべれなくなりそう…」
なんて、心配な人もいるのでは?

自信を持って挨拶するために、
まずは「見た目」から入るのもひとつの手。

当日の服装をバッチリ決めていきましょう。

結婚挨拶にふさわしい服装をご紹介します!

INDEX
清潔感のあるスーツ姿が基本
シャツやネクタイは派手すぎないように
意外に見られている靴、靴下
「スーツ以外で来て」と言われたときは

清潔感のあるスーツ姿が基本

男性におすすめの服装は、やはり清潔感のある「スーツ」。

ビシッとしたスーツ&ワイシャツにネクタイを締めるだけで、「きちんと感」が出せます。

普段のビジネススーツでも良いですが、
着古したよれよれのものは出来れば避けたいところ。

きちんと手入れしたスーツを準備して下さい。

どんなスーツでも、事前にクリーニングに出して折り目をぴしっとしておくことが大事。

また、ふだん仕事ではスーツを着ないという人でも、あらたまった席では、スーツが必需品です。

この機会にフォーマルなものを一着、そろえておいてはいかがでしょう。

「着慣れないから、どんなスーツが良いかわからない…」

そんなときは、専門店で見立ててもらえば安心です。

「今度、結婚の挨拶に行くので」
と伝えれば、ふさわしいスーツを選んでくれます。

彼女と一緒に行けば、彼女の服装とのバランスも考えてもらえるかもしれませんね。

自分の体格や雰囲気に合う、結婚挨拶にふさわしいものを選びましょう。

次に、
スーツの色について見ていきましょう。

色が違うだけで印象がまったく変わります。

結婚挨拶におすすめするスーツの色と、それぞれの印象です。

きちんと感のブラック

定番のブラックスーツは「きちんと感」を出したい人におすすめ。

黒一色で暗い印象にならないよう、ネクタイは明るい色を選びましょう。

シャツを淡いブルーにすると、優しい雰囲気の組み合わせになります。

爽やかな濃紺、ネイビー

「爽やか」にしたいなら、濃紺やネイビーのスーツがおすすめ。

黒に近い濃紺を選べば、よりフォーマル感が強くなります。

白いシャツを合わせれば、爽やか度はさらにアップ!

やわらかい印象のグレー

グレーのスーツはブラックや濃紺よりも「やわらかい印象」になります。

濃い目のチャコールグレーはきちんと感も出せるのでおすすめです。

いかがでしたか?
スーツの色のイメージが、湧いてきましたか?

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

シャツやネクタイは派手すぎないように

スーツの中に着る「シャツ」の色は、白や薄いブルーなど、爽やかなものがおすすめです。

誠実さや清潔感が伝わることが大事なので、柄ものや派手な色のものは避けたほうが無難。

シャツはクリーニングに出すか、きちんとアイロンをかけて、折り目や襟も整えておきましょう。

個性を出しやすい「ネクタイ」ですが、今回はオシャレをちょっと我慢!

全体のトーンに合わせて、派手すぎない色や柄を選びましょう。

色は清潔感のある、紺やブルーがおすすめです。

柄は無地か、細かいストライプやドット(水玉)を選ぶと落ち着いた印象になります。

意外に見られている靴、靴下

「靴」は、スーツに合わせた黒か茶色の革靴を。

「靴を見れば、人柄が分かる」
などと言う人もいるそうで、

汚れていたり、履きつぶして形がくずれたりしている靴だと、だらしない印象を持たれてしまうかもしれません。

新品でなくても構いませんが、しっかり磨いてきれいな状態にしておくことが大切。

また、家に上がるときには靴を脱ぐので、向こうのご両親には靴の内側まで見えてしまうかも。

靴の中が汚れていないかチェックして、気になるようなら、消臭スプレーをしておいてもいいですね。

『靴下』も意外に見られているポイントです。

靴を脱いだらまさかの真っ白!?

なんてことにならないように、スーツに合わせたものを、できれば新品で用意しましょう。

普段履いているものでもいいですが、穴が開いていないか、汚れがないかをしっかり確認しておきます。

いくら結婚挨拶をキリッとキメても、靴下に穴が開いていると
「なんだかしまらないなあ…」
と思われそうです。

見えにくい足下だからって、甘く見てはいけませんね!

「スーツ以外で来て」と言われたときは

さてクイズです。

彼女から
「堅苦しくしなくていいから、スーツ以外で来てくださいってうちの親が…」

と言われた場合はどうすればいいでしょう。

パターン1
キレイめカジュアル

そんな場合には、
「ほどよくキレイめのカジュアルスタイル」
がおススメです。

襟付きのシャツにジャケット、下にはチノパンやスラックスで決めれば、両親にもきっと好印象です!

もちろん、シャツやスラックスはアイロンをかけて、「きちんと感」は忘れずに。

パターン2
やっぱりスーツで!

もうひとつのおススメは
「やっぱりスーツを選ぶ」
です。

このときは、事前に「スーツ以外で」と言われているので、それでもスーツを着てきたことの理由をちゃんと伝えたほうがいいですね。

「『堅苦しくしないでいい』とのお気遣いをいただき、ありがとうございます。ですが、大切な日ですので、やはりスーツでお邪魔させていただきました」

と、誠意をもって伝えれば、

「誠実できちんとした人なんだなあ」
と、ご両親も信頼してくれるはずです。

まとめ

彼女の両親への結婚挨拶は、
「スーツ、ワイシャツ、ネクタイ」
が基本スタイル。

どれも派手すぎないものを選んで、「誠実さが伝わる服装」を心がけましょう。

キーワードは「清潔感」。

髪型や靴、爪なども意外に見られているポイントです。きちんと手入れを。

彼女のご両親に結婚の承諾をいただく挨拶は、あなたにとっても、ご両親にとっても一生に一度の大切な日。

これまで彼女を育ててくださったご両親に敬意を示すためにも、あらたまった服装で臨みたいものです。

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚報告・挨拶」の他の記事

「結婚報告・挨拶」の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る