結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

職場への結婚報告、順序やタイミングをチェック!

結婚が決まって、職場への結婚報告を考えているあなた。

職場では、立場や周りの人の仕事の状況など、いろいろ気をつけることがありますよね。

結婚報告でもそれは同じこと。

報告のタイミング、順番、伝える内容など・・・

職場だからこそ気をつけたい、結婚報告のマナーをお届けします!

INDEX
報告のタイミング
誰に・どんな順番で報告する?
報告の仕方と内容【上司編】
報告の仕方と内容【同僚編】

報告のタイミング

結婚式をする場合、職場への結婚報告は、遅くても式の3ヶ月前にはしましょう。

あまりギリギリの報告になってしまうと良くありません。

それはなぜかというと・・・

・社員が結婚(入籍)すると、会社では年金や保険などの手続きが必要だから

・結婚式へ会社の人を呼びたい場合、早めに予定をおさえておく必要があるから

・結婚式や新婚旅行のために長く休みを取りたい場合、周りの仕事に影響が出るから

などの理由があります。

自分だけでなく、周りに影響が出るので、早めの報告が大切なんですね。


「入籍だけで、式はしない」という場合も、やはり会社では手続きが必要。

最低でも入籍の1ヶ月前までには報告しましょう。


ただ、3ヶ月前や1ヶ月前までというのは、あくまで目安。

特に結婚を機に退職する場合、会社によっては就業規則などで「○ヶ月前までに報告」などと定められていることも。

事前に規則はチェックしておきましょう。


また、結婚式をする予定の人は、式の場所と日時が決まってから報告するのをオススメします。

結婚報告をしたときに、「結婚式はいつ?」と聞かれるのはよくあること。

できればそのとき、具体的に答えられた方が良いですからね。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

誰に・どんな順番で報告する?

いつ結婚報告するかを決めたら、次に考えたいのは、「誰に・どんな順番で報告するか」です。

最初に報告すべき相手は?

最初は「直属の上司」に報告を。

普段の仕事でも、大事なことはまず直属の上司に相談しますよね。
結婚報告も同じです。

ついつい仲良しの同期などへ先に言ってしまいたくなるかもしれませんが・・・

そのせいで自分から報告する前に、人づてに上司が結婚を知ってしまったら、ちょっと気を悪くされることもありそう。

ということで、結婚報告は上司から!
これは必ず守りましょう。

「うっかり同僚に喋ってしまった」
という場合は、「他の人には内緒にしててね」とお願いしておいた方が良さそうです。

上司の次は誰に報告する?

たとえば直属の上司が課長であれば、次は部長に報告するのか。
それとも、自分と同じ部署の人が先なのか・・・?

この点については、直属の上司へ結婚報告するときに聞いてみましょう。

そうすれば、
「来週の月曜日の朝礼で、みんなに報告しようか。部長には自分(課長)から先に伝えておくよ」
など、指示をしてくれるはず。

特に指示がなければ、次のような順番で回るのが良さそうです。

1 役職が上の人
2 同じ部署の先輩
3 個人的に仲の良い同僚

人事総務の担当者への報告も忘れずに

結婚にまつわる手続きをしてくれる、人事や総務の担当者へも報告を。

先ほどお伝えしたとおり、結婚(入籍)をすると会社では公的な手続きが必要です。

たとえば、入籍して名字が変わった人であれば、保険証や年金手帳の名義変更など。

手続きの内容や手順は会社によって違うので、自分は何をしたらよいのか、担当者にしっかり確認しておきましょう。

取引先の人にも報告した方がいい?

基本的には、しなくて良いという意見が多いようです。

取引先に結婚報告をすると、相手側は「結婚祝いや電報を贈った方がいいんだろうか・・・」と迷ってしまうおそれが。

ただ、「結婚して名字が変わり、今後は仕事でも新しい名字を使う」という場合は、知らせた方が良いかもしれません。

社内だけの話ではないので、最終的には上司に相談して決めるのが無難です。

報告の仕方と内容【上司編】

職場への結婚報告では、「結婚します」という以外にも、伝えておきたい内容があります。

また、報告の仕方にも気をつけたいところ。

上司と同僚、それぞれへの「報告の仕方」と「伝えたい内容」を見ていきましょう!

上司への報告の仕方

やっぱり上司へは「直接、自分の口で」報告するのがマナー。

タイミングも大切です。
上司が忙しそうな時は避けて、昼休みや仕事が始まる前など、余裕のありそうな時間にしましょう。

上司へ伝えたい内容

ざっくり分けると、次の3つです。


結婚後の働き方について

退職する場合は、上司に退職の予定日を伝え、仕事の引き継ぎなどについて話し合いましょう。

仕事を続ける場合も、出産や引っ越しなど仕事に大きな影響が出そうな話があれば、この時点で伝えておくべきですね。

②長期休暇について

結婚式や新婚旅行のために長期休暇を取りたい人は、周りの仕事への影響も考えて、上司と相談を。


③結婚式について

式に上司を招待したい人は、場所と日時を伝えて、

「ぜひご列席いただきたいのですが」
と、参加のお願いをしましょう。

具体的な式場名などについては、「後日、招待状をお送りします」でOK。

披露宴で上司にスピーチや乾杯の発声をしてほしい場合は、このときに併せてお願いしておくとスムーズです。

上司を式へ招待しない予定の人は、
「挙式は身内だけで済ませることにいたしました」

そもそも式をしないのであれば、
「式は行わず、親族で食事会を開くことにしました」

などと伝えましょう。

報告の仕方と内容【同僚編】

次は同僚について。

同じ職場の人であれば、上司が報告の場を設けてくれて、一度に報告できるかもしれません。

自分で一人ひとり報告する場合は、できれば顔を合わせたときに直接報告を。

ただ、なかなか会えない人であれば、電話やメールでも良さそうです。

メールを使う場合は、「一斉送信」だと失礼なので、ちゃんと一人ずつ送ってくださいね。

結婚式に招待する人へは、後日招待状を送るのも忘れずに。

メールの文例が知りたい人はこちらをどうぞ。

職場への結婚報告をメールでする時のマナー・文例集

同僚へ伝えたい内容

同僚にも、結婚式については報告をしましょう。

式に招待したい人へは、場所と日時を伝えて、予定をあけておいてもらうこと。


式に招待しない人へは、「会場の人数の問題で」など招待できない理由を伝えて、かわりに2次会へ招待するといった心配りが大切です。

まとめ

職場への結婚報告についてお届けしました。

結婚報告のタイミングは、遅くても結婚式の3ヶ月前まで。

「入籍のみで、式はしない」という人は、式の1ヶ月前までが目安です。


報告の相手は、まず直属の上司。

その後は、役職が上の人、先輩、同僚、という順番で報告するのが基本ですが、一番いいのは上司に聞いてみること。


上司への報告は、忙しくなさそうなタイミングを選んで、結婚後の働き方や、結婚式、長期休暇の予定についても相談しましょう。

同僚への報告では、電話やメールを使ってもOK。

結婚式に招待しない人へは、招待できない理由も伝えた方がいいですよ。


マナーを守って、職場の人たちから快くお祝いしてもらえるような結婚報告にしてくださいね。

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚報告・挨拶」の他の記事

「結婚報告・挨拶」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る