結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

顔合わせ食事会にふさわしい服装は?【男性・女性】【父母・兄弟】

音声で聴く!

0:00

0:00

顔合わせ食事会って、どんな服装で行けばいいかご存知ですか?

結婚するふたりと、両親、兄弟、親戚・・・
それぞれにふさわしい服装って?

顔合わせ食事会の一般的な服装や、これだけ押さえておけば大丈夫!というポイントをいくつかご紹介します。

INDEX
服装の「格」を合わせよう
男性はスーツ、女性はワンピースが一般的
両親、兄弟、親戚は何を着たらいい?
会場によって服装も変えるべき?

服装の「格」を合わせよう

両家が集まって親睦を深める「顔合わせ食事会」。

服装で失敗しないためにまず押さえておきたいポイントは、両家の服装の「格」を合わせることです。

例えば男性側がラフな服装で来ているのに、女性側は全員着物・・・
ちぐはぐでおかしな空気になりそうです。

こんなことにならないために、ふたりだけでなく、両親や親族も服装の格を合わせることが大切。

当人同士が前もって互いの両親と相談して、どのような服装にするのか、両家でしっかりと決めておきましょう。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

男性はスーツ、女性はワンピースが一般的

まず、顔合わせの主役であるふたりの服装から見ていきましょう。

男性

男性はブラックスーツか、紺色など濃い色で無地のダークスーツが一般的です。

白や薄い色のシャツに、派手すぎないネクタイを合わせます。

シャツやスーツのシワに気をつけて、靴も前もってキレイに磨いておきましょう。
きっちりとした清潔感を出すことが大切ですよ。

店によっては靴を脱ぐことも考えられるので、靴下に穴が・・・なんてこともないように、ぬかりなくチェックしましょう!

和装を着る男性は少なくなっているようですが、和装なら格式高い「紋付羽織袴(もんつきはおりはかま)」がおすすめです。

女性

女性は上品なワンピースやスーツが一般的です。
スカートの丈はひざ丈かひざ下丈、露出の少ないデザインを選ぶと清楚なイメージに。

おめでたい席なので、柔らかくて明るい色がぴったりです。

ワンピース選びのポイントは他にもあります。
詳しく知りたい人はこちらをどうぞ。

顔合わせで好印象を与えるワンピースの着こなしやマナーって?


和装では、

・訪問着(ほうもんぎ)
・色無地紋付(いろむじもんつき)
・色留袖(いろとめそで)

などがオススメです。

これらは「略礼装」といって、同じ礼装でも一番フォーマル度の高い「第一礼装」に比べると、少しカジュアル。

「ちょっぴりくだけたフォーマルスタイル」
なので、なごやかな雰囲気の顔合わせ食事会にぴったりです。

「色留袖」は従来「既婚女性が着るもの」とされていましたが、最近では未婚の人が着てもOKだと言われています。

それから、色留袖といえば「紋の数によって格が違う」ことはご存じでしょうか?

「五つ紋」「三つ紋」「一つ紋」と数が多い順に格が高くなります。
食事会には、格の高すぎない「三つ紋」か「一つ紋」を選ぶといいですよ。


「和装といえば、振袖はダメなの?
振袖って、未婚の人しか着られないっていうし・・・結婚前に、最後にもう一度着たい!」

そんな人もいるかもしれませんね。

結論から言うと、振袖はOK。
実際に顔合わせ食事会で振袖を着る女性も、最近は増えているようです。

振袖を着て行ったら、「場が華やかになる!」と相手の両親が喜んでくれたという声もあります。

ただ、気をつけたいのは振袖が「第一礼装」であるということ。

一人だけ格の高い「第一礼装」で、他の人の服装と差が出すぎたら、ちょっと気まずいかもしれません。

振袖を着たい場合は、念のため前もって相手の家に伝え、了承を得ておくと安心ですよ。

両親、兄弟、親戚は何を着たらいい?

まず、基本的な方針として・・・
顔合わせ食事会の主役は、婚約したふたりです。

ふたり以外の参加者は、ふたりより格上の服装や、派手な服装にならないように気をつけましょう。

両親は夫婦で服装の格をそろえることも大切です。

では、両親と兄弟・親族、それぞれの服装を見ていきましょう。

父親

結婚する男性に合わせて、ブラックスーツかダークスーツが一般的。

ネクタイは結婚式のときと同じく、白やシルバーのものがベター。

結婚する男性が和装の場合、和装で揃えても素敵です。

母親

結婚する女性に合わせて、落ち着いた上品なワンピースやスーツが一般的です。

もし結婚する女性が振袖など着物を着る場合は、合わせて和装でもOK。

兄弟・親族

ふたりに合わせた服装で、かつふたりと同等か、少し控えめな色味のものを選びましょう。

兄弟姉妹は、学生なら学校の制服でもかまいませんよ。

会場によって服装も変えるべき?

ここまで紹介してきたのは、あくまで「一般的なパターン」です。

実のところ、顔合わせ食事会での服装には「これは絶対!」という決められたルールはありません。

最終的には、両家が納得していれば良いのです。

「お互いきっちり着物で」
というのもいいですし、

「夏だからお互いノーネクタイで」
なんていうのもオッケー!

ただ会場の雰囲気と合わない服装だと、かえって目立ってしまうかもしれません。

「ラフな服装で高級料亭」
「カジュアルなレストランで振袖」
こんな感じだと、ちょっと違和感がありますよね。

顔合わせ食事会の会場は、ホテル、料亭、レストラン、女性側の家など、さまざまです。

服装も、会場の格式に合わせて選ぶのがいいですよ。

まとめ

顔合わせ食事会では、まず両家の服装の「格」を揃えることがポイント。

ふたりが間に立って、当日の服装情報を両家で共有しておきましょう!

また、ふたり以外の親族は、ふたりより格上の服装・派手な服装にならないよう気をつけたいところ。

会場の雰囲気も考えつつ、大切な食事会の場にふさわしい服装を選びましょう。

  • LINEで送る

「顔合わせ・結納」の他の記事

「顔合わせ・結納」の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る