結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

結婚式で後悔していること、ランキング1位は?

音声で聴く!

0:00

0:00

一生に一度の晴れ舞台だからこそ、結婚式は満足のいくものにしたいですよね。

でも、先輩花嫁のなかには

「あの時こうしておけば…」

と後悔している人も。

そんな「結婚式で後悔していること」を、ランキング形式でご紹介します。

INDEX
1位 予算を削りすぎ、満足いかない結婚式
2位 ドレス・メイク、これでよかったの?
3位 思い出に撮ればよかった DVD
4位 暑すぎ・寒すぎ…日取りを大失敗!
5位 突然めまいが…体調は万全に!

1位 予算を削りすぎ、満足いかない結婚式

『なるべく予算をかけずに結婚式をしよう』と節約に節約を重ねた私たち。でもこれが間違いでした。料金が安いせいか、披露宴の料理の品数が少なくて、味もあんまり美味しくない・・・
きっと、ゲストのみなさんも不満だったと思います。
せっかくの結婚式だから、もう少しお金をかけるところを考えればよかった!

お金に余裕がないカップルは、予算を削ることを優先してしまいがちです。

でも、あまりに予算が少ないと、体験談のように「ここだけは」というポイントさえも押さえられなくなってしまうかも。

費用の節約も大切ですが、お金の使いどころを見極めて、「かけるところにはしっかりかける!」これを心がけましょう。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

2位 ドレス・メイク、これでよかったの?

着てみたいと思ったドレスはぜんぶ予約済み。持ち込みも禁止だったので、仕方なく限られたドレスの中から選びました。でも、やっぱりデザインがイマイチ気に入らず・・・できることなら、もう一回やり直したいです。

リハーサルが無かったので、メイクは本番一発勝負。白無垢に合わせたメイクの出来上がりを見ると、これが全然似合ってない!
頭が真っ白になりました。
記念撮影もしたのですが、写真を見返したくありません・・・。


ドレスやメイクが思うようにいかなかった、という先輩花嫁の声でした。

一生写真に残ると思うと、しばらく引きずってしまいそう…。

特にドレスは、「たくさん種類がありますよ!」と言われていても、実際に衣裳合わせをしてみると、自分に合うサイズがまったく無かった、なんてことも。

式場と契約をしてしまう前に、サイズやデザインの確認を忘れずにしておきましょう。

メイクはできればリハーサルをしてもらった方がいいですね。

リハーサルがない場合は、前もって自分のイメージするメイク例の写真を探しておきましょう。

結婚式当日にその写真を持って行って、「こんな風にしてください」とメイクする人に伝えるとグッドです。

3位 思い出に撮ればよかった DVD

プランナーさんからDVD撮影をすすめられましたが、『DVDなんて撮っても見ないよね』と思って、撮影はしませんでした。 でも披露宴が終わって、友達から『披露宴楽しかったよ!』と言われるたび、『あぁ、DVD撮っておいたら良かったなぁ』と後悔してます。

撮影については、

「自分たちの晴れ姿はもちろん、ゲストが楽しんでいる姿もDVDに残しておけばよかった…」

という声もありました。

結婚式当日の新郎新婦は忙しくて、なかなか客席の様子まで見る余裕はないものです。

仲のいい友達や、お世話になっている上司が、自分の結婚式で楽しんで満足してくれていたのかは、後から気になってくるものです。

また、DVD撮影を友人に頼んだ結果・・・

「大切なシーンが撮れていなかった」
「手ブレやピンボケがひどい・・・」
というケースも。

綺麗な映像を残したいのなら、プロに頼むのが一番です。

友人にお願いするなら、撮ってほしいシーンやアングルを具体的に伝えておいた方がいいですよ。

4位 暑すぎ・寒すぎ…日取りを大失敗!

私たち夫婦は二人とも8月生まれだったので、8月にガーデン挙式をしたのですが、なんと当日の最高気温は35℃!ゲストのみなさんも汗だくになってしまって、申し訳ない気持ちでいっぱいの結婚式でした。

真冬に教会で結婚式を挙げたのですが、屋外でのアフターセレモニーが寒くて寒くて。記念撮影をするあたりから体が震え出して、自分が主役なのに『早く終わって!』なんて思ってしまいました。

暑さの厳しい真夏や、強い北風が吹く真冬の結婚式。

新郎新婦だけでなく、ゲストにもつらい思いをさせてしまったと、後悔している花嫁もいるようです。

もし夏場・冬場に結婚式をする場合は、ゲストのことも考えて場所を室内にするなど、暑さ・寒さ対策を考えておきましょう。

5位 突然めまいが…体調は万全に!

結婚式前日の深夜まで、式の準備に追われていました。睡眠不足が原因か、当日になって突然めまいが。気分が悪いまま大切な一日を過ごしてしまうという、最悪の結果になってしまいました。

ドレスの締め付けがきつくて体調が悪くなり、披露宴の途中で会場を離れることに。自分が結婚式当日に体調不良になるなんて考えてもいなかったので、今でもショックな出来事です。

結婚式が近づいてくると、緊張や不安で睡眠不足になったり、準備の疲れが溜まってきたりしやすいもの。

なんとか結婚式当日を迎えても、ドレスの締め付けで苦しくなってしまうなど、体調を崩してしまう花嫁も。

せっかく時間をかけて準備してきた結婚式だから、万全の体調で臨みたいですよね。

できることは前倒しでやっておくなど、結婚式の準備は計画的に進めて、直前に負担が集中しないようにしましょう。

体力に自信のない場合は、プランナーに事前にひとこと伝えておくといいですね。

こまめに休憩時間をとってくれるなど、対策をしてくれるはずですよ。

まとめ

以上、「結婚式で後悔していること」をランキング形式でご紹介しました。

後悔していることのなかには、突然の大雨や当日になってからの体調不良など、どうしようもないものも。

その一方、結婚式の準備をしっかりやっておけば防げることもあります。

わからないことや心配なことは事前に式場スタッフに相談して、できる限り解決しておきましょう。

やれることをやったなら、あまり心配し過ぎないことも大切ですよ。

前日は睡眠をたっぷりとって、後悔のない結婚式を挙げられるように備えましょう。

  • LINEで送る

「結婚式の基本」の他の記事

「結婚式の基本」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る