結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

結婚式のマナーの第一歩!?「列席」と「参列」の正しい使い分けを知ろう!

音声で聴く!

0:00

0:00

結婚式で使われる「列席」と「参列」という言葉。

普段あまり意識せず使っている人も多いのでは?

「でも、そもそも違う意味なの?どう使い分けるの?」

改めて考えると迷ってしまいますよね。

そんな「列席」と「参列」の意味や使い分けについてご紹介。

結婚式のマナーの第一歩として、ぜひ読んでみてください!

INDEX
辞書で調べてみると?
使い分けの基準は「立場」
「イメージ」が影響!慣用的な意味
結婚式ではどう使い分けるべき?
ちなみに英語では…?

辞書で調べてみると?

まずは辞書をひいてみましょう。
辞書には、それぞれの意味がこんなふうに載っています。

○列席
[名]その席につらなること。列座。「祝典に―する」
○参列
[名]式などに参加、列席すること。「祝賀式に―する」
参照:広辞苑

見ての通り、辞書でひくと2つの言葉の意味に大きな違いはありません。

そのため、一般的にはなんとなく似たような使い方をされていることが多いよう。

皆さんも会話の中で、

「結婚式の参列者の中に・・・」

「この前、列席した結婚式で・・・」

など、特に使い分けを意識していない人も多いのではないでしょうか。

では、良く似た「列席」と「参列」、正しくはどのように使い分ければいいのでしょうか?

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

使い分けの基準は「立場」

「列席」と「参列」は、実は「使う人の立場」によって使い分けるようです。

つまり、

列席・・・主催者(新郎新婦)側の立場の人が使う

参列・・・参加者(ゲスト)側の人が使う

ということですね。

例えば、自分が新郎新婦側なら、
「ご列席いただきありがとうございます」
と言い、

ゲスト側なら、
「喜んで参列させていただきます」
と言います。

司会者は主催者側

結婚式で、もし司会を任されたら・・・
「列席」と「参列」、どちらを使えば良いでしょうか?

司会者はゲストをお招きする「新郎新婦側の立場」です。

なので司会をする際は、

「『ご列席』の皆様、どうぞご起立ください」

というように「列席」を使うのが正解のようです。

主賓・乾杯は参加者側

一方、主賓や乾杯の挨拶を頼まれた場合は、ゲストの一人として「参列」という言葉を使います。

「新郎新婦の末永いお幸せと、ご両家ならびに『ご参列』の皆様のご多幸とご発展を祈念いたしまして、乾杯」

などですね。

「イメージ」が影響!慣用的な意味

「列席」と「参列」は立場によって使い分けるということはわかりましたね。

ところで、日本語は、辞書に載っている本来の意味とは別に「慣用的な意味」を持つことがあります。

これは、言葉に「イメージ」が付き、その「イメージ」をもとに使われていくことで、本来は間違っている使い方が「慣用的に」正しいものとして認識される、というパターンです。

「列席」と「参列」も本来の

「列席」=主催者側
「参列」=参加者側

という意味合いとは別に、言葉のイメージが影響した慣用的な使い分けがされています。

結婚式=「列席」、葬儀=「参列」?

「参列」という言葉は、一般的に葬儀で使われることが多いようです。

その結果、「参列」=葬儀というイメージが強くなってしまい、結婚式で使うと違和感がある、という人も。

そこで、結婚式では参加者であるゲスト側の立場であっても、慣用的に「列席」を使うこともあるようです。

結果として、本来の
「列席」=主催者側
「参列」=参加者側
という使い方と

イメージによる
「列席」=結婚式
「参列」=葬儀
という慣用的な使い方が混ざっているのが現状。

これが余計に2つの言葉の使い分けを混乱させているのですね。

では結局、結婚式ではどのように使い分ければいいのでしょうか?

結婚式ではどう使い分けるべき?

結婚式はフォーマルな場です。

特に、司会などのきちんとした役目を任された場合は、「立場によって使い分ける」という前提をふまえて、きちんと使い分けましょう。

ただし、一般のゲストとして出席する場合は少し別。

「お葬式のイメージがある『参列』を結婚式で使っていいのかな・・・」
と迷ってしまう人もいるかもしれません。

そんなときは、「出席」を使うという方法もあります。

「出席」といえば、結婚式や葬儀以外でも馴染みのある言葉ですよね。

辞書でひいてみると、

○出席
授業や会合などに出ること。「―をとる」「ぜひ御―下さい」
参照:広辞苑

とあり、「集まりに出る」という意味では、「列席」や「参列」と似ていますが・・・

「列席」や「参列」が、式や行事など「かしこまった席」だけで使われるのに対し、「出席」は「集まりに出る」こと全般に幅広く使われている言葉。

「列席」や「参列」のように慣用的な意味を持たず、偏ったイメージもないので、状況を気にせず使うことができます。

司会などのきちんとした役目を任された場合には不向きかもしれませんが、一般ゲストで使い分けに迷ったら「出席」を使うのもアリですね。

ちなみに英語では…?

最近では、日本人以外のゲストが出席する結婚式も珍しくありませんよね。

英語での「列席」と「参列」の使い分けってあるのでしょうか?

英語では「列席」や「参列」は「attend」や「presence」などと言い、立場によって使い分けはしません。

例えば、新郎新婦からゲストへの
「ご列席いただきありがとうございます」
という言葉は

“Thank you for attending our wedding reception.”

ゲストから新郎新婦への
「喜んで参列させていただきます」
という言葉も

“I will gladly attend the wedding reception.”

というように、いずれも「attend」で表現することができます。

立場によって表現を変えるというのは、立場を重んじる日本語独特の文化なのかもしれませんね。

まとめ

「列席」と「参列」は辞書でひくと、意味に大きな違いはありませんが、その人の「立場」によって使い分けるのが正解。

主催者(新郎新婦)側なら「列席」、参加者(ゲスト)側なら「参列」を使います。

一方で、この二つの言葉は「列席」=結婚式、「参列」=葬儀というイメージで使い分けされることも多いよう。

司会など、きちんとした役割を任されたときは、イメージではなく、正確な立場ごとの使い分けが必要です。

一般のゲストの場合は、迷ってしまったらフラットなイメージの「出席」を使うと無難かもしれません。

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「ゲストのマナー」の他の記事

「ゲストのマナー」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る