結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

袱紗(ふくさ)を正しく使おう!結婚式ご祝儀の包み方マナー

音声で聴く!

0:00

0:00

結婚スタイルマガジンからフェア予約→式場決定するだけで最大20万円分ご祝儀もらえる!

公式インスタグラムはじまりました!

結婚式には、ご祝儀を袱紗(ふくさ)という布に包んで持っていくのが、マナーと言われています。

でも、一口に「袱紗で包む」といっても、お祝い事とお悔やみ事では、「色」、「柄」、「包み方」が違ってくるんです。

結婚式では、どんな袱紗を使って、どうやってご祝儀を包めばいいのでしょうか?

INDEX
袱紗(ふくさ)って?
種類はどんなものがある?
お祝い事にふさわしい袱紗の色と柄
袱紗でのご祝儀袋の包み方

袱紗(ふくさ)って?

結婚式には御祝儀、お葬式には御香典といった金封を包みますよね。

その金封を包んで持ち運ぶために使うのが、「袱紗(ふくさ)」です。

正方形の小さな風呂敷くらいの大きさの布で、シルクのものが主流のようです。


袱紗で金封を包む理由は、2つあります。

ひとつめは、
「ご祝儀を汚したり、折れ目がつかないようにする」
という理由。

もうひとつは、
「金封を受けとる相手の気持ちを大切に考え、礼儀を尽くしました」
と示すため。

理由を考えると、結婚式やお葬式などに、金封をむきだしのまま持っていくのは、マナー違反なんですね。

どうしても袱紗が用意できなかった場合は、ハンカチで代用してもOK。

ただ、目上の人がたくさん出席するような格式高い場なら、袱紗を使ったほうが、きちんと見えて良いかもしれません。

袱紗は何かと使う機会のあるものなので、持っていない人は、用意しておくと安心ですね。

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

種類はどんなものがある?

袱紗には、大きく分けて「包むタイプ」と「挟むタイプ」の2つがあります。

包むタイプには、何もついていない正方形の布のものや、「爪付き袱紗」や「台付き袱紗」があります。

挟むタイプは、「金封袱紗」と言います。


それぞれの特徴を見てみましょう。

一番シンプルな袱紗

何もついていない正方形の布です。
シルク製で裏地がついているものが多いです。

爪付き袱紗

包んだあと包みが開かないように、布を留めておくための爪がついています。

台付き袱紗

金封をのせるための台がついています。

台の四隅には、金封を台に固定するためのゴムや紐などがついているものもあります。

台があることで、金封がずれたり、型崩れしにくいのが特徴。

爪付き袱紗と同じように、布に爪がついているものが多いようです。

金封袱紗

長財布のような形をしていて、金封を挟み込むようにして使うタイプの袱紗です。

包む必要がないので、扱いやすいのが特徴です。


袱紗は、もともと貴重品を収める箱の上に、ほこりや汚れ防止のために風呂敷のような布をかけていたことが由来。

ですので、より正式なのは一枚布で包むタイプの袱紗と言われています。

一方、挟むタイプは手軽に使えるので、人気があるよう。

紹介した4種類の袱紗は、どれを使ってもマナー上問題ありません。

袱紗の使い方に慣れないのであれば挟むタイプを、より正式なものを使いたいのであれば包むタイプを選ぶと良いかもしれませんね。

お祝い事にふさわしい袱紗の色と柄

お祝い事とお悔やみ事の両方に使う袱紗ですが、慶弔で袱紗の「色」、「柄」、「包み方」のマナーが異なります。

結婚式のようなお祝い事の場合、どんなマナーがあるのでしょうか?

まずは、色のマナーから見ていきましょう。

袱紗の色

お祝い事には、暖色系の明るい色の袱紗を使います。

代表的な色は、赤・オレンジ・えんじ・桃・ローズピンク・金など。

お葬式などのお悔やみ事の場合は、紺や緑、グレーなどの寒色系で沈んだ色の袱紗を使います。

また、お祝い事にもお悔やみ事にも使える色として「紫」があります。

男性でも女性でも使いやすい色ですし、紫の袱紗を1枚持っておくと便利かもしれませんね。

ただし、紫色でも「薄紫」は、お祝い事でしか使えないので、気をつけましょう。

次に、柄のマナーです。

袱紗の柄

基本的に、慶弔両方とも、柄のない無地の袱紗が良いとされています。

ですが、柄が入っているものがすべてNGという訳ではないよう。

柄が入っているものを選ぶ場合は、お祝い事にふさわしい、松竹梅や扇、亀甲といった縁起の良い柄にしましょう。

最近では、レースのあしらわれたお洒落な袱紗などもOKとされているようです。

袱紗でのご祝儀袋の包み方

最後に、ご祝儀袋を袱紗で包むときの方法を紹介します。

包むタイプ(爪付き袱紗・台付き袱紗)

まずは、包むタイプの袱紗の包み方です。

1 袱紗を開いて、ひし形になるように置きます。

爪がついている場合は、爪が右にくるように置きます。

2 袱紗の中央から少し左寄りのところにご祝儀袋を置きます。

○台付き袱紗の場合
台付き袱紗で、慶弔両方に使える紫色の布の場合。

台は片面が慶事用の暖色系、もう片面が弔事用の寒色系のリバーシブルになっているものが多いです。

お祝い事で使う色の面を表に向けて袱紗に置き、その上にご祝儀袋をのせましょう。

ご祝儀袋のずれ防止のゴムやひもがある場合は、それに通します。

3 左、上、下の順で袱紗をたたんでいきます。

4 右側を左にたたみます。
爪がある場合は、留め糸にひっかけたら完成です。

たたむ順番を逆に、右→下→上の順でたたんでしまうと、お悔やみのときの包み方になってしまうので、注意してくださいね。

ハンカチで代用する場合も、包み方は同じです。

挟むタイプ(金封袱紗)

お祝い事の場合、袱紗を右開きになるように持ち、絵の方向にご祝儀を差し込みます。

反対に、左開きになるように持って差し込むと、お悔やみ事の入れ方になるので注意しましょう。

リバーシブルタイプ(金封袱紗)

1枚の袱紗で表裏が暖色と寒色に分かれ、慶弔両方に使えるリバーシブルタイプもあります。

リバーシブルタイプは便利ですが、表裏を間違えないようにご注意を。

ご祝儀を包むときは、必ず暖色の面を表にしてくださいね。

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

まとめ

お祝い事やお悔やみ事のときに包む金封は、袱紗に包んで持っていくのがマナーです。

袱紗には何もついていない正方形の布のものの他にも、「爪付き袱紗」、「台付き袱紗」、「金封袱紗」があります。

結婚式のようなお祝い事の場合、赤やオレンジのような暖色系、もしくは慶弔の両方に使える紫の袱紗を使います。

袱紗は無地が良いと言われますが、慶事では縁起の良い柄のものなどはOKとされています。

ご祝儀袋を袱紗で包む時は、お悔やみの時の包み方と逆になりますので、向きと手順に注意して包みましょう。

SNSでシェア

  • LINEで送る

「結婚式のご祝儀」の他の記事

「結婚式のご祝儀」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る