結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

和装花嫁に人気のボールブーケ!似合う色やデザインをチェック!

音声で聴く!

0:00

0:00

和装の花嫁さんに大人気のボールブーケ。

選ぶ花や色合いで雰囲気も様々です。

「和装にボールブーケを合わせたいけど、どんなデザインがいいのかな?」

と迷っている人もいるのではないでしょうか?

そこで、今回は衣裳の色ごとに似合うボールブーケのデザインをご紹介します。

INDEX
ボールブーケってどんなもの?
ボールブーケによく使われる花
白無垢に似合うデザイン
色打掛に似合うデザイン
引き振袖に似合うデザイン

ボールブーケってどんなもの?

ボールブーケとは、ボールのようにまん丸にお花をまとめたブーケのこと。

リボンや紐などを持ち手に付けて、ぶら下げるようにして持ちます。

コロンとしたフォルムが可愛らしく、手毬や巾着のような雰囲気で持てるため、和装婚の花嫁さんに大人気。

360度花に囲まれているので、どの位置のゲストからも花がきれいに見えます。

持ち手に手を通せば、両手が自由につかえるのも魅力です。

また丸い形は同じでも、使う花や色合いで雰囲気が全く変わるのもボールブーケの特徴。


まずは、ボールブーケによく使われる花について見てみましょう。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

ボールブーケによく使われる花

ボールブーケの定番の花と言えば、和の雰囲気にもぴったりのマムの花。

ピンポンマムやスプレーマムなどの丸みのある花は、ボールブーケのフォルムにもよく馴染みます。

他にもダリアやボタンなど、和の要素を持った丸い花が、ボールブーケによく選ばれています。

一方、バラなどの華やかな花で作るのも素敵です。

バラなどを使うと洋風にも合わせやすいので、ドレスも和装も着たいという人にはぴったり。

衣裳の雰囲気などに合わせて、花を選んでみてくださいね。

生花以外で作るボールブーケ

ボールブーケは、生花以外で作ることもあります。

特に和装の花嫁さんには、日本の伝統技法の「つまみ細工」のブーケがおすすめ。

意外と簡単に作れるので、手づくりする人もいるようです。

和の雰囲気満点のブーケは、和装を一層優雅に引き立ててくれますよ。


では次は、衣裳ごとに似合うブーケのデザインをご紹介します。

白無垢に似合うデザイン

真っ白なボールブーケで純白スタイル

和装の婚礼衣裳の中でも最も格式が高い白無垢。

純白の衣裳は、美しい花嫁さんを一層引き立ててくれます。

そんな白無垢には、ブーケもぜひ白で合わせてみましょう。

衣裳もブーケも真っ白なコーディネートは、厳かな結婚式にぴったり。

花嫁さんにしかできない、特別感のあるスタイルですよ。

白×緑でナチュラルに

少し雰囲気を変えたければ、白ベースに他の色の花を足すとGOOD。

特におすすめなのは緑の花や葉を混ぜたスタイル。

白とグリーンのブーケは、柔らかな印象の白に、緑のナチュラルな雰囲気が加わり、白無垢とも自然に馴染みます。

柔らかい色合いが、花嫁さんを優しい雰囲気に見せてくれますよ。

可愛い雰囲気が好みならピンクで

白無垢にピンクのボールブーケを合わせれば、丸いフォルムとキュートな色合いで、とても可愛らしい雰囲気に。

特に春なら、優しいピンクの桜のボールブーケはどうでしょうか。

白無垢との相性もバッチリですよ。

深紅のブーケで紅白コーディネート

大人っぽい雰囲気が好みなら、白無垢に深紅のボールブーケをコーディネートするのも素敵。

落ち着いた雰囲気で、白無垢をシックに引き締めてくれます。

少し柔らかさを足したければ、白の花をミックスしてもGOOD。

和の雰囲気にぴったりの紅白ブーケを合わせれば、柔らかさと大人っぽさをあわせ持った素敵なコーディネートになりますよ。

色打掛に似合うデザイン

色打掛とは、白以外の打掛のことを言います。

もともとは室町時代の武家の女性が、婚礼衣裳として使っていたのが始まりなのだとか。

華やかな色合いと縁起のいい柄が特徴で、白無垢からのお色直しの衣裳としても選ばれています。

最近では、挙式から色打掛を着る人も増えているようです。


では、色鮮やかな色打掛には、どんなボールブーケが似合うのでしょうか?

色別に似合うデザインを見てみましょう。

定番の赤系の色打掛に似合うのは?

○白ブーケで赤い着物を引き立てる

華やかな赤系の色打掛は、花嫁衣裳の定番。

強い印象の色だけに、ブーケは少し抑えめな白色を合わせると、まとまりやすいですよ。

○あえて補色の緑で

赤い衣裳を目立たせたいという人におすすめなのは、緑色のボールブーケ。

赤の補色である緑は、赤を最もきれいに引き立ててくれる色です。

緑に白い花を混ぜれば、ナチュラルな中にも上品なブーケに。

オレンジやピンクなどの明るい色を混ぜると、可愛らしい雰囲気のポップなブーケになります。

たくさんの色を使った華やかな色打掛

色打掛は、細やかな模様に、たくさんの色が使われたものが多いですよね。

合わせるブーケを選ぶときは、その着物に使われている色の花を入れるようにすると、コーディネートにまとまりが出ます。

例えば、こちらの色打掛。

オレンジがかったピンクに、ビビットなイエローや濃いオレンジの柄が印象的です。

ピンクや白系のブーケで無難にまとめるのもアリですが、思い切って鮮やかなイエローやオレンジの花を使ったブーケを合わせてみるのはどうでしょうか。

華やかで素敵なコーディネートになりますよ。

最近人気のパステル系

最近では、鮮やかなものだけではなく、淡いパステルカラーの色打掛も人気です。

柔らかい雰囲気の色打掛なら、合わせるブーケもそのムードを壊さないよう、優しいパステルカラーのブーケを選ぶのがおすすめ。

ふんわりと優しい雰囲気のスタイルは、花嫁さんをとても可愛らしく見せてくれますよ。

引き振袖に似合うデザイン

成人式では定番の「振袖」。

振袖は普通、「おはしょり」と言って、腰のあたりで着物を折って長さを調整しますが、おはしょりをせず、そのまま裾を引きずって着るスタイルのことを「引き振袖」と言います。

江戸時代に上流階級の婚礼衣裳とされていたのが起源。

振袖の中で最も格が高く、「大振袖」「本振袖」「お引きずり」とも呼ばれています。

引き振袖のブーケの選び方も基本は、色打掛と同じ。

着物に使われている色を取り入れたり、色味を合わせたりすると、まとまりのあるスタイルになりますよ。

人気の黒引き振袖に似合うデザインは?

○白ブーケで軽さをプラス

引き振袖の中で最も人気なのは、シックな黒の「黒引き振袖」。

黒は大人っぽいイメージがある一方で、少し重たくなりがちな色なので、合わせるボールブーケは白で軽くしてあげるとベターです。

髪飾りにも白い花を使えば、シックな黒引き振袖を上品に引き立たせてくれますよ。

○落ち着いた色のブーケで大人っぽく

黒引き振袖の大人っぽい雰囲気を存分に生かすなら、落ち着いた大人色のボールブーケも素敵。

深い紫やグリーン、くすんだピンクの花などを合わせれば、黒引き振袖の大人っぽく落ち着いたムードを高める素敵なボールブーケができます。

黒引き振袖は、洋風のブーケと合わせるとモダンな雰囲気に。

バラなどの華やかな花を合わせるのもおすすめですよ。

まとめ

和装に人気のボールブーケ。

マムやダリア、ボタンなど、丸みのある和風の花がよく似合います。

形は一緒でも、使う花や色によって雰囲気が大きく変わります。

衣裳に馴染ませる色を選んだり、逆に衣裳に映える色にしてコントラストをつけたりと、好みのデザインを選んでみてください。

  • LINEで送る

「ブーケ・装花」の他の記事

「ブーケ・装花」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る