結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

花嫁が身に着ける「サムシングフォー」ってなに?

音声で聴く!

0:00

0:00

公式インスタグラムはじまりました!

「サムシング・フォー」という言葉、聞いたことがありますか?

花嫁が身につけるもののようですが、聞いたことはあっても詳しく知らない・・・

という人も多いかもしれません。

今回は、サムシング・フォーはどういうものなのか、その由来や、具体的な取り入れ方もあわせてご紹介します。

INDEX
サムシング・フォーってなに?
サムシング・フォーの由来
サムシングオールド
サムシングニュー
サムシングボロー
サムシングブルー

サムシング・フォーってなに?

「サムシング・フォー」とは、花嫁の幸せを願うジンクスのようなもの。

欧米では一般的ですが、日本でも取り入れる花嫁が増えています。

サムシングオールド(なにか古いもの)

「受け継がれる家族の絆」「伝統」

続いていく家族の歴史を象徴するアイテムを取り入れましょう。

祖母や母から受け継いだものを使うのが一般的です。

サムシングニュー(なにか新しいもの)

「未来への希望」「新しい生活」

新しいものを買える経済力や、幸せな結婚生活を願って、何か新品の物を取り入れます。

サムシングボロー(なにか借りたもの)

「円満な交友」

幸せな結婚生活を送っている人に借りたものを取り入れます。

その人の幸せにあやかって、自分たちもそうなれますように、という願いを込めるんですね。

サムシングブルー(なにか青いもの)

「純潔」「貞節」

聖母マリアのシンボルカラーでもある「青」は、幸せを呼ぶ色ともされています。

清純な花嫁を表す「青いもの」は、あまり目立たないところに取り入れましょう。

結婚式の日にこの四つを身につけていると幸せになれる、というジンクスが「サムシング・フォー」です。

なんだか素敵なジンクスですよね。

基本的には身につけるものですが、例えば結婚式場の飾りや花にさりげなく取り入れるのもアリなんだとか。


ではそんな「サムシング・フォー」、由来はどういうものなのでしょうか?

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

サムシング・フォーの由来

「サムシング・フォー」の由来は、「マザーグース」の童謡が元になっています。

歌詞の中にこんな一節があり、欧米では200年以上前から花嫁の幸せを願うジンクスとして取り入れられるようになりました。

ちょうどマザーグースが流行った時代は恋愛結婚が増えだした時期なので、女性の幸せを願う「おまじない」として広まったという説も。

イギリスの通貨6ペンスはもう製造されていない硬貨ですが、サムシングフォーは気軽に取り入れられそうですね!

6ペンス銀貨もインターネットなどで探せば見つかることもあるので、こだわりたい人は探してみるといいですよ。


では具体的にどんなものを取り入れればいいのか、見ていきましょう。

サムシングオールド

祖母や母のアクセサリー

自分の祖母や母が使っていた古いネックレス、イヤリングやブローチを使うのがおすすめ!
婚約指輪を受け継ぐのも素敵ですね。

パールのイヤリングやネックレスなら取り入れやすいですが、デザインの古さが気になるならリフォームして受け継ぐという手もありますよ。

譲り受けたドレスや着物

母が使ったウェディングドレスや着物を着るのも、とても感動的。

ドレスを着用しなくても、たとえばドレスの生地を切ってブーケの持ち手にリボンのように巻いたり、アイデア次第でさりげなく取り入れられますよ。

サムシングニュー

ウェディングシューズ

お気に入りのウェディングシューズを購入して、サムシングニューにするのもおすすめ!

真新しい靴で、結婚生活の第一歩を踏み出せそうですね。

手袋

ドレスやウェディングシューズを新しく購入するとなるとそれなりに費用がかかりますが、取り入れやすいのは手袋などの小物類。

花嫁カラーの「白」のものがいいという説もあるので、ウェディングドレスに合わせる手袋ならピッタリですね。

サムシングボロー

ベールやリングピロー

すでに結婚式を挙げた友人が、自分好みのベールやリングピローなどの小物を持っている場合、それを借りましょう。

友人に続いて、自分も幸せになれそうですよね。

ハンカチ

花嫁が持つ白いハンカチ。
これは気軽に借りやすいアイテムです。

大切な友人に借りたハンカチで、幸せの涙をぬぐう・・・

それだけでなんだか感動的ですね。

サムシングブルー

インナーに取り入れる

欧米ではガーターベルトに青いリボンをつけるそうですが、日本ではガーターベルトをつける花嫁は少ないですよね。

でもブライダルインナーにさりげなく青いリボンがついたものを選んだり、結んだりするくらいなら取り入れられるかも!

サムシングブルーは「目立たない場所に」が基本なので、インナーはちょうどいいですね。

ブーケや指輪にさりげなく

ブーケの中に一輪、薄い青の花を取り入れるのもおすすめです。

あと、これは結婚指輪を買う地点で考えておく必要がありますが、結婚指輪の裏に青い石を入れておくのも素敵。

あくまでさりげなく取り入れるのがサムシングブルーです。

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

まとめ

「サムシング・フォー」とは、結婚式に何か古いもの、何か新しいもの、何か借りたもの、何か青いものを取り入れると幸せになれる、というジンクスなんですね。

元々は欧米の童謡、マザーグースの歌詞から由来しているんだとか。

祖母や母から受け継いだ古いもの、新調したもの、幸せな友人から借りたもの、そして目立たないところに青いもの・・・

上手に取り入れて、幸せいっぱいの花嫁になりたいですね!

SNSでシェア

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「ウェディングドレス・和装」の他の記事

「ウェディングドレス・和装」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る