結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

「バージンロード」の意味とは?誰と歩く&歩き方のコツは?装飾や演出アイデアもチェック!

音声で聴く!

0:00

0:00

公式インスタグラムはじまりました!

バージンロードを歩く花嫁姿って、素敵で憧れますよね。
でもみなさんはバージンロードの意味を知っていますか?

今回は、バージンロードの意味や由来、色や種類、演出方法など、バージンロードに関する知識を詳しく解説!

誰と歩くべきなのか、そして綺麗に見える歩き方のポイントも合わせてご紹介します。

INDEX

バージンロードの由来や意味

「バージンロード」とは、チャペルや教会の入り口から、祭壇に向かって延びる通路のことです。

赤いバージンロード

でも実は「バージンロード」という名前は日本で使われている和製英語で、海外では「Wedding Aisle(ウエディング・アイル)」「wedding road(ウェディング・ロード)」と呼ばれているんです。

「Aisle」は「座席間の通路」などの意味があり、「road」は「道」という意味。

直訳すると、「結婚通路」など少し堅苦しい呼び名になるので、「バージンロード」の方がなんだか素敵な響きかもしれませんね。

バージンロードの由来

バージンロードには、悪いものを遠ざけるお清めの意味があるそう。

その昔、「幸せそうな花嫁は嫉妬した悪魔にさらわれる」という言い伝えがありました。
そこで清らかな布を敷いた道を用意し、花嫁が歩くことで、「悪魔から守る」という意味があったんです。

倒れた悪魔の子

花嫁が顔におろすベールや、フラワーガールがまく花びらなども、魔除けの意味があります。

結婚式では、幸せいっぱいの花嫁を悪魔から守るため、神聖な空間にするようたくさんの工夫がされているんですね。

ただし最近の結婚式場ではデザイン性の高いバージンロードも多く、布を敷かないタイプのものも少なくありません。

バージンロードの持つ意味

バージンロードは、花嫁の「過去」「現在」「未来」を表しているといわれています。

過去チャペルの扉を開けたところで、花嫁の「誕生」を意味します。そこから続くバージンロードは、花嫁の今まで歩んできた人生。
一歩を一年と考え、大切な人にエスコートしてもらいながらゆっくり歩いていきます。
赤ちゃんから少女になり、思春期、大人・・・そんな今までの人生を振り返りながら歩くといいですね。
現在祭壇まで来ると、エスコート役が新郎へバトンタッチ。新郎と愛を誓う「現在」になるわけです。
未来皆の前で新郎と愛を誓い、二人でバージンロードを歩き、退場します。これからは、二人で築く新しい未来。
新郎と二人で歩くバージンロードは、二人の明るい未来を表しているんですね。

バージンロードには魔除けだけでなく、こんな素敵な意味も込められているんです。
意味を知っておくと、歩くときはなお感慨深いですよね。

ではそんなバージンロードのエスコート役は、誰にしてもらうものなのでしょうか?

次は、バージンロードのエスコート役について見ていきましょう。

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円分ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

バージンロードは誰と歩く?

バージンロードを花嫁と一緒に歩き、新郎の元までエスコートしてくれる役は、「花嫁の父親」というイメージが強いですよね。

バージンロードをエスコートする花嫁の父親

実際、結婚式では父親とバージンロードを歩くのが一般的になっています。

でも実は、エスコート役は花嫁の父親以外でもいいんです!

・いつも見守ってくれたお父さんと歩きたい・・・
・大切に育ててくれたお母さんと歩きたい!
・大好きなおじいちゃん、おばあちゃんと歩きたい
・仲良しの兄弟姉妹と!
・大親友のあの子と・・・
・始めから新郎新婦で!

・・・など、自分が大切に思う誰かと歩けばそれでOK。

色々な事情で父親が結婚式に出席できないケースもありますし、そうでなくても、花嫁が「この人」と思う人に決めることができます。

バージンロードは一歩一歩今までの人生を振り返りながら進む道なので、今までの人生で大切に思っている相手と歩みたいですね。


では次に、バージンロードを歩く時のポイントをご紹介します。

思わぬトラブルも!?歩き方のポイント

バージンロードを歩く時には、綺麗に見せるためのポイントがいくつかあります。

父親とバージンロード を歩く美しい花嫁

1つずつ見ていきましょう。

姿勢を正す

猫背だったり姿勢がよくないと、歩く姿が綺麗にみえませんよね。
まずは姿勢を綺麗に正しましょう。

頭のてっぺんから糸で釣られているようなイメージ・・・といえばわかりやすいでしょうか。

頭のてっぺんから糸でつられているイメージで立つ

腰を反り過ぎずに背筋をピンと伸ばし、左右の肩甲骨を寄せて両肩を少し後ろに持っていき、胸を開きます。

ただしその時、力が入って肩が上がらないよう、肩を開くときは下に下げるよう意識しましょう。

肩の力を抜いて、胸を張る

胸を斜め上に突き出すようなイメージにすると、姿勢が美しく堂々としてみえます。

また、胸を突き出すことでドレスの前裾が少し持ち上がり、「歩いているときにドレスの裾を踏んで転びそうになった・・・!」なんていう失敗を予防することもできますよ。

ちなみに、Aライン、プリンセスライン、ベルラインなどスカートの広がりがある程度あるドレスの場合、上半身を気持ち反らし気味にすると、スカートが綺麗に広がって見えます。

スレンダーラインやエンパイアラインのようにストレートなシルエットのドレスなら、まっすぐの姿勢を意識するといいでしょう。

ブーケを持つ位置に注意

ブーケは、ちょうどおへそのあたりに花がくるように意識して持ちます。

おへそのあたりに花がくるようにブーケを持つ花嫁

あまり上の方で持つと、ドレスのデザインも隠れてしまいますし、きれいに見えません。

ブーケを持つ手をおへその少し下くらいにキープしておけば、ちょうど花部分がおへその辺りにきます。

歩いていると無意識にブーケを持つ手が上へ上へと上がってしまうこともあるので、意識して位置をキープするといいですよ。

自分の腰骨に手首を当てるくらいをイメージすると、ちょうどいい位置になるでしょう。

エスコートされるときのポイント

エスコート役が男性の場合、花嫁と腕を組んで歩くのが一般的。
花嫁の右側に立った男性は、花嫁側の肘(左肘)を90度に曲げます。

花嫁はしっかりと腕を組むのではなく、そっと手を添える程度にすると綺麗。
指先まで美しく・・・を意識して、優しく手を置きましょう。

エスコートされるときの腕の組み方

母親や姉妹、友人など女性にエスコートしてもらう場合は、腕は組まないことが多いようです。

エスコート役に手のひらを上にして手を差し出してもらい、花嫁はそこに手を重ね、先導してもらいます。

こう!と決まっているわけではないので、手をつないで入場・・・なんていう微笑ましい入場もアリですよ。

例えば両親と3人で歩く場合などは、父親・花嫁・母親と横並びになり、両親が両側から花嫁の腕にそっと手を添えるようなエスコートも可能。

その場合花嫁は、両手でブーケを持つことになります。

3人でバージンロード を歩く場合

エスコートしてもらう相手の性別や人数によって、プランナーさんと相談して臨機応変に決めるといいでしょう。

バージンロードの歩き方

バージンロードを歩くときは、ゆっくりと一歩一歩、思い出をかみしめて進むことがポイント。

あまりさっさと歩いてしまうと、エレガントさに欠けるかもしれません。

エスコート役とバージンロードを歩くときは、「ウェディングステップ」と呼ばれる歩き方をするのが一般的。

ウェディングステップ

1 右足を1歩出す
2 左足を右足に揃える
3 左足を1歩出す
4 右足を左足に揃える

このような手順を繰り返すのがウェディングステップです。
もどかしいほどゆっくりと進むくらいが、ちょうどいいですよ。

エスコート役と歩く速さを合わせると綺麗に見えるので、前もって練習しておければベスト。

基本的にはエスコート役が花嫁の足並みに合わせるようにします。
でもエスコート役の人も、緊張で早足になってしまうことがあります。

そんな場合、「もし早すぎるときは、手で肘を握って合図するね」などと決めておけば、いざというとき役に立ちますよ。

花嫁はドレスを踏んで転ばないよう、ドレスの前裾を軽く蹴るようなイメージで歩くのがポイントです。

前裾を軽く蹴るイメージ

また、エスコート役が花嫁のドレスを踏んでしまうという失敗もありがち!
そんな失敗を防ぐためには、花嫁が、エスコート役の半歩後ろを歩くようにします。

エスコート役の人がドレスの真横に立つと、ドレスを踏みやすい状態になります。
半歩先を歩いてもらうことで、ドレスを踏みにくい位置にいることができますよ。

ここまで歩き方のポイントを色々お伝えしましたが、歩き方を気にするあまり、二人とも目線が足元に・・・なんてことになると、もちろん綺麗には見えませんよね。

目線はまっすぐ正面に向け、胸を張って歩きましょう。
「歩くときは新郎の方を見ることにしよう」など、前もって決めておくと安心ですよ。

ちなみに新郎と退場するときは、ウェディングステップは使いません。

基本的には入場時と同じく、新郎が腕を90度に曲げ、花嫁が手を添えて腕を組み、花嫁は新郎の半歩後ろを歩きます。

歩く花嫁の足元

退場のときもあまり急ぎ過ぎず、気持ちゆっくり歩くよう意識するといいでしょう。

では次に、バージンロードの色や種類について見ていきましょう。

バージンロードの色や種類

バージンロードには、色々な色のものがあります。
キリスト教では、宗派によってバージンロードの色が違うこともあるそう。

〇プロテスタント・・・白
〇カトリック  ・・・赤や緑

また、色ごとに素敵な意味もあります。

白・・・「純潔」「勝利と喜び」など

白のバージンロード

赤・・・「深い愛情」「精霊の祝福」など

赤のバージンロード

緑・・・「希望」

緑のバージンロード

中には青いバージンロードもあり、「空や海のように永遠に続く愛」などの意味が込められているそうです。

@ar_wd0908

すべて素敵な意味ばかりですね。

でもチャペルや結婚式場では、宗派に関係なく、会場のイメージに合わせたバージンロードが用意されている場合もあります。

布は敷かず、大理石やガラス張りなど、デザイン性の高いバージンロードも少なくありません。

@y.mk0515

照明や、模様を投影して幻想的に演出できる会場もあります。

@planner_yukka

バージンロードだけでも、さまざまな色やデザインがありそうですね。

では最後に、バージンロードの演出方法を見ていきましょう。

バージンロードの素敵な演出方法

バージンロードは、二人らしく飾り付けることができる場合も!
素敵なバージンロードの演出方法をいくつかご紹介します。

アイルランナー

「アイルランナー」とは、バージンロードの上に敷く細長い布のことです。
自分たちでデザインしたアイルランナーを飾れば、チャペルの雰囲気ががらりと変化!

好きな色で作るのもいいですし、「Wedding」や二人の名前など文字を入れたアイルランナーもオシャレ。

@yu_pe_wd

二人の赤ちゃんの時から出会いまで、生い立ちがわかる写真入りアイルランナーもおすすめです。

@gardenterrace.sagawedding

花嫁の人生を意味するバージンロードに、ピッタリの装飾ですね。
ガーデンウェディングで芝生の上に敷くのも素敵ですよ。

花を飾る

バージンロードに花びらを敷き詰めるのも、ロマンチック!
バージンロードの両側を花で飾ったり、屋外ならお花でアーチを作るのも可愛いですね。

好きな色の花を飾れば、華やかでスイートなバージンロードになります。

キャンドルでムーディーに

バージンロードの両側に、キャンドルを飾るのもおすすめ。
幻想的で、とてもいい雰囲気になりそうですよね。

特に夕方以降の挙式なら、キャンドルの演出がピッタリです。
安全のため、足元に飾る場合はキャンドルに似せたライトにすることが多いようですよ。

素敵な演出方法は色々ありますが、教会や会場によっては演出NGな場合も。
前もってプランナーさんに相談し、どんなことができるか聞いておくと安心ですよ。

バージンロードの演出については、こちらの記事でもご紹介しています。

バージンロードも二人らしく演出!どんなアイデアがある?

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円分ご祝儀もらえる!

まとめ

「バージンロード」について、詳しくご紹介しました。

チャペルや教会の入り口から、祭壇に向かって延びる「バージンロード」。
悪いものを遠ざけるお清めの意味があり、花嫁の「過去」「現在」「未来」を表しているといわれています。

バージンロードのエスコート役は花嫁の父親が一般的ですが、実は誰でもOK。
花嫁が大切に思う相手と歩きましょう。

綺麗に歩くためのポイントは、こちら。

〇姿勢を正す
〇ブーケはおへその下で持つ
〇エスコート役の腕をぎゅっと持ち過ぎない
〇ウェディングステップでゆっくり歩く
〇エスコート役の半歩後ろを歩く
〇目線は正面

バージンロードは色やデザインもさまざまで、アイルランナーやお花、キャンドルなど自分たちで演出を楽しむこともできます。

大切な誰かとバージンロードを進み、明るい未来に踏み出しましょう!

SNSでシェア

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「演出・余興」の他の記事

「演出・余興」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る