結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

真冬の結婚式!新郎新婦もゲストも楽しめる演出アイデアは?

音声で聴く!

0:00

0:00

公式インスタグラムはじまりました!

冬は寒さもあって、結婚式には避けられがちですが・・・

実は、オリジナルの世界観を出しやすい季節だってご存じでしたか?

冬の結婚式にぜひ取り入れてほしいアイデアを、項目ごとにご紹介します。

寒い冬でも新郎新婦もゲストも楽しめる、ホットなアイデア満載です!

INDEX
どんなテーマにする?
会場装飾、ペーパーアイテム
衣裳、ブーケ
冬ならではの料理
演出、おもてなし

どんなテーマにする?

まずは結婚式全体の統一感を出すために、テーマカラーを決めておくのがおすすめです。

先に決めておくと、あとの準備がスムーズですよ。

テーマカラーは大きく分けると2種類。

暖色系

レッド・オレンジ・イエロー・ブラウンなどの暖色をメインに使えば、暖かい雰囲気を出せます。

ゲストにも温もりや思いやりが伝わりそうですね。

寒色系

ブルー・シルバー・グレー・ホワイトでまとめれば、白銀の世界観を演出できます。

雪や冷たい氷をイメージさせるので、冬らしいですね。

スノーボードなど冬のスポーツをテーマにする場合も、寒色系が合いますよ。

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

会場装飾、ペーパーアイテム

テーマカラーが決まったら、それに合わせて装飾を決めて、会場をコーディネートしていきます。

会場装飾

テーマカラーを暖色系にする場合。

松ぼっくりや丸太、木の枝などをゲストテーブルやウェルカムスペースに飾れば、自然の温かみをプラスすることができます。

キャンドルを使った飾り付けも、綺麗で温もりが感じられるので冬にぴったり。

ゲストテーブルにキャンドルを多めに置き、会場の照明を落として、キャンドルの明るさでゲストに食事を楽しんでもらうのも雰囲気が出ますね。

「キャンドルって、うっかり倒したりしちゃうと危ないんじゃ・・・」

と心配な人は、本物の炎のように光るLEDキャンドルライトを活用するのもアリ。

LEDキャンドルライト

テーマカラーを寒色系にするなら、氷の彫刻を飾るのはいかがでしょうか?

さらに装花やテーブルクロスを白でまとめれば、雪の世界を演出できますね。

ウェディングケーキに、雪の結晶や雪だるまなど、冬のモチーフを取り入れてみるのも素敵!

雪山をイメージしたケーキなんかもいいですね。

ペーパーアイテム

招待状や席次表などのペーパーアイテムも、ちょっとの工夫で冬らしさを出すことができます。

素朴で温かみのあるクラフト紙を使用したり、雪の結晶や冬の星座など、冬を連想させるイラストを入れたりしてみてはいかがでしょう。

ゲストテーブルに置くテーブルナンバー(番号札)を挟むための「カードフォルダー」を、切り株にするのもおすすめ。

他には、イルミネーションや雪景色をバックに撮った「写真」をウェルカムボードなどに使用しても、二人らしさが出てGOODです。

衣裳、ブーケ

新婦の衣裳・小物

真っ白なウェディングドレスは、冬にはとてもよく映えます。

冬の結婚式なら、長袖のウェディングドレスを着てみてはいかがでしょう。

ストール、ニットのカーディガン、ファーケープなどを羽織っても素敵。防寒にもなりますよ。

ちなみに、お呼ばれした結婚式にファーを着て行くのはマナー違反とされていますが、花嫁が着る分にはOKとされています。

こんなおしゃれを楽しめるのは冬だけ!

新郎の衣裳の一部と色をリンクさせたケープやストールを羽織るのもいいですね。

カラードレスは、会場のテーマカラーと合わせてまとまりを出してもいいですし、あえて逆の色にして目立っちゃうのもアリ。

例えば、寒色系でコーディネートされた会場でブルーのカラードレスを着れば、会場との統一感が出ます。

同じように寒色系でコーディネートされた会場でも、真っ赤なドレスを着ればすごく鮮やかですね。


アクセサリーには、雪の結晶がモチーフのブレスレットなんていかがでしょうか?

ブーケ

ブーケにも冬らしさを取り入れましょう。

真っ白な花や、淡い色の多肉植物を使ったブーケは、白銀の世界観にぴったり。

華やかさが欲しければ、シルバーのブローチでできたブーケもいいですね。

白×シルバーの組み合わせで、ゴージャスさの中にも気品が漂います。

クリスマスカラーの「赤」もおすすめです。

暖色系でまとめた会場に合うのはもちろんですが、あえて寒色系の中に取り入れて目立たせるのもオシャレ!


冬らしいといえば他には、松ぼっくりでできたブーケもありますね。

雪の結晶のようなリストブーケ(手首に着けるタイプのブーケ)もキュート!

新郎の衣裳

衣裳の素材は、シルクやサテン、ベルベットなど光沢のあるものがおすすめ。

冬の結婚式にはダークグレーやブラウンなど、シックな色の衣裳が合いますよ。

アスコットタイやベストにボルドーを取り入れるのも、冬らしくて素敵。

アスコットタイ

寒色系で統一するなら、白のタキシードやフロックコートがおすすめ。

ちなみに、フロックコートは昼の正礼装で、ジャケットの丈が前も後ろも長めなのが特徴です。

フロックコート

テーマが暖色系なら、ブラウンなどの落ち着いた色のツイード素材のスーツはいかがですか?

冬ならではの料理

寒い冬には、温かい食べ物や飲み物でゲストをもてなしたいですね。

食事

冬の野菜をふんだんに使った「温かいスープ」は、寒い中来てくれたゲストの体にも優しいおすすめのメニュー。

ふぐや伊勢えび、カキといった冬の味覚を使った料理も、冬らしさが出ます。

チョコレートフォンデュなどの温かいデザートもいいですね。

和風の結婚式なら、温かいおしるこ(ぜんざい)はいかがでしょう。

冬らしいデコレーションのカップケーキもおしゃれです。

ドリンク

ゲストへの最初のおもてなしであるウェルカムドリンクには、温かい飲み物も用意してみてはどうでしょうか?

・カフェラテ
・ホットココア
・ホットチョコレート
・ホットワイン

など、温かい飲み物にもいろいろありますよ。

ホットチョコレートは、見た目もかわいいですね。

乾杯酒をホットワインにしてみてもいいかもしれません。

ホットのノンアルコールカクテルなど、披露宴中もホットドリンクを飲めるようにすると、喜んでくれるゲストも多いはずです。

演出、おもてなし

演出・おもてなしでも冬らしさを出していきましょう!

冬にぴったりの演出を順にご紹介しますね。

フラワーシャワーを冬らしくアレンジ

フラワーシャワーの代わりに、羽を降らす「フェザーシャワー」の演出はいかがでしょう。

羽は、パッと見た感じは雪にも見えて、ふわふわしているので温かみを感じます。

ゆっくりと落ちるので、写真も撮りやすいですよ。

キラキラした画用紙などで雪の結晶を作って、フラワーシャワーに混ぜるのもひとつのアイデアですね。

ガーデンでできる演出

ガーデン演出ができる式場なら、ガーデンをイルミネーションで飾って写真撮影しても素敵ですね。

寒い冬は空気が澄んでいるので、イルミネーションがより一層キラキラと綺麗に見えますよ。

ゲストをお見送りする道をキャンドルで照らすのも、イルミネーションみたいで綺麗です。

タイミングよく雪が降れば、ホワイトウェディングに!!

雪をテーマにした演出

スノーマシンが用意されている式場であれば、人工雪を降らせることもできます。

ブーケトスの最中や再入場のときに雪を降らせてみるのはどうでしょうか?

きっとゲストが驚いて喜んでくれますよ。

会場装飾やペーパーアイテムも「雪」のモチーフで統一すれば、より一体感のある空間になるはず。

おもてなし

冬だからこその気配りが必要なこともあります。

特に女性のゲストは、冬でもパーティードレスで出席してくれるので、寒く感じさせてしまう場面があるかもしれません。

・受付でカイロやホットおしぼりを配る
・席にブランケット(ひざ掛け)を用意しておく

などの心遣いがあると喜ばれるでしょう。


ゲストを見送る際にプチギフトとして、繰り返し使えるエコカイロのような、あったかグッズを渡すのもGOOD。

冬季限定のお菓子などもおすすめです。

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

まとめ

真冬の結婚式におすすめなアイデアを項目ごとにまとめました。

冬は寒さの心配はありますが、工夫しだいでおしゃれで素敵な結婚式ができます。

温かい料理やドリンクで、ゲストを温めてあげてくださいね。

雪の結晶をモチーフにした小物や、ファーケープ・ツイード素材の衣裳など、冬にこそぴったりのアイテムもたくさんあります。

これらを取り入れて、冬の結婚式を思いっきり楽しみましょう!

SNSでシェア

  • LINEで送る

「演出・余興」の他の記事

「演出・余興」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る