結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

真夏の結婚式!会場の飾りつけ・衣裳はどうする?

音声で聴く!

0:00

0:00

公式インスタグラムはじまりました!

夏に結婚式をすることが決まったら、会場や衣裳にも夏らしさを取り入れたいですよね。

海、ひまわり、すいか・・・

夏から連想されるものはたくさんあるので、思いつくままに取り入れるとちぐはぐな印象になってしまうかも。

夏らしく、かつ上手にコーディネートをまとめるためのポイントをお伝えします!

INDEX
結婚式のイメージとテーマカラーを決めよう
会場コーディネート
花嫁の衣裳選びのコツは?

結婚式のイメージとテーマカラーを決めよう

真夏の結婚式では、テーブル装飾や装花などの会場コーディネートにもこだわって、季節感を演出したいもの。

夏らしいコーディネートは、会場全体を明るく楽しい雰囲気にしてくれますよ。

ゲストの思い出にも残りやすくなりそうです。


会場コーディネートを考える前に、式全体のイメージとそのテーマカラーを決めておくと、統一感が出ていいでしょう。

夏におすすめのイメージを2種類ご紹介しますね。

涼しげなイメージ(ブルー系)

会場全体をブルー系で統一して、涼しさを感じられるようにします。

青い海・白い砂浜のイメージです。

貝殻・ビー玉・白い砂などの装飾と相性抜群。

初夏の結婚式には、あじさいも涼しげでGOOD!

クロスやナプキンをブルー系にするなど、テーブル装飾にも取り入れられます。

氷でできたオブジェを飾るのもステキですね。

暑さ全開!南国風(ビタミンカラー)

ビタミンカラー(オレンジ・イエロー)で夏らしくいきましょう!

こちらは南国リゾートのイメージです。

明るいカラーにゲストも元気をもらえます。

夏らしい花(ひまわり・ハイビスカスなど)を結婚式のシンボルマークにするのもおすすめです。

ウェルカムボードやペーパーアイテムにも同じマークを入れれば、イメージを統一できます。

クロスやナプキンはビタミンカラーで明るく!

音楽・照明を南国風にするのもいいですね。

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

会場コーディネート

結婚式のイメージが決まったら、次はどんな会場コーディネートができるか見ていきましょう。

ウェルカムスペース

真っ先にゲストの目につくウェルカムスペース。

ここも夏らしく飾っちゃいましょう。

貝殻・金魚・ひまわりなどのモチーフを使った、夏らしいウェルカムボードはどうでしょうか?

新郎新婦の浴衣姿の等身大パネルをウェルカムボードとして飾るのも、インパクトがありますね。

ウェルカムドール(受付に置く人形)も、金魚やイルカ、パイナップルなどにすれば、夏らしさが増します。

結婚式前に衣裳を着て撮影した「前撮り」写真を飾るというアイデアも。

ビーチやひまわり畑などで解放感いっぱいの写真を撮れば、真夏の結婚式にぴったり!

フォトフレームに貝殻を貼り付ければ、さらに夏っぽくなります。

夕方以降の結婚式なら、ちょうちんを飾って夏祭りの雰囲気を出しても楽しそうです。

ランタンやキャンドルをたくさん飾れば、幻想的でロマンティックな感じになりますね。

装花

どんな花を飾るかで会場の印象はガラッと変わります。

ひまわり・ハイビスカス・ユリ・ランなど、夏の花を飾りたいですね。

ひまわりなら元気で明るい印象、ユリなら落ち着いた印象など、花によって雰囲気が変わるので、結婚式のイメージに合った花を選んでください。

夏は存在感のある花が多いので、グリーンを多めに飾ると、全体的に軽やかな印象になってさわやかですよ。

テーブル装飾

披露宴会場のテーブルは、ガラスの器を使った飾りつけで涼しげに。

中に貝殻やビー玉を入れてもおしゃれです。

メインテーブルに金魚鉢を置くのも夏らしさが出せます。

ペーパーアイテムも夏らしいデザインで統一しましょう。

花嫁の衣裳選びのコツは?

ドレス・ブーケも、最初に決めた結婚式全体のイメージを参考に決めていきましょう。

ウェディングドレスは定番にして、イエローやオレンジなど派手なカラードレスで一気に夏らしさを出すのも、意外性があってGOOD!

会場のイメージと統一してもいいし、まったく別にして目立っちゃうのもありです。

ブルー系でコーディネートされた会場に、オレンジ色のドレスで登場すれば、みんな注目すること間違いなし!

デザイン・素材

デザインは、ミニ丈や背中が大胆にあいた露出多めでも夏らしいですよ。

その場合は、デコルテや背中もしっかりお手入れしてくださいね。

素材は、ほどよく透けていて上品なオーガンジーなどがおすすめです。

その他

メイクも普段よりカラフルにしたり、ラメを入れたりして夏っぽさを出しましょう。

ブーケにひまわりを使えるのも、夏ならでは。

もし会場に貝殻を使った飾りつけをするなら、衣裳にも貝殻を使うのはどうでしょうか?

・貝殻モチーフのネイル
・花冠の代わりにシェルクラウン
(貝殻でできた冠)
・貝殻のブーケ

海の中のような世界観で素敵です。

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

まとめ

会場コーディネート・衣裳に夏らしさを取り入れるためのポイントについてまとめました。

まず決めるべきことは、結婚式のイメージとテーマカラー。

おすすめはこのふたつ!

・ブルー系でまとめた涼しげなイメージ
・ビタミンカラーで暑い南国のイメージ

目指したいイメージが決まったら、あとはそのイメージに沿って装飾や衣裳を考えれば、統一感が出せます。

ふたりならではの、センスのいい結婚式を叶えてくださいね!

SNSでシェア

  • LINEで送る

「演出・余興」の他の記事

「演出・余興」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る