結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

プロポーズなしで結婚したカップルは●割!?その実態とは?

音声で聴く!

0:00

0:00

「すでに結婚準備を進めているけれど、実はプロポーズをしていないorされていない。

プロポーズなしで結婚って、実際どうなの?」

ここではそんな人のため、プロポーズなしだった先輩カップルが何割いるのか、リアルな体験談とあわせてご紹介。

「結婚が決まってからのプロポーズ」についてもお届けするので、必見ですよ!

INDEX
「プロポーズなし」の割合は?
どんな流れでプロポーズなしになったの?
プロポーズをしなかった男性の声
プロポーズをされなかった女性の声
やっぱり大切なプロポーズ
今からでもプロポーズは遅くない!

「プロポーズなし」の割合は?

実際のところ、プロポーズなしで結婚した人はどれくらいいるのでしょうか?

先輩カップルへのアンケート結果がこちら。

プロポーズの有無
※「結婚スタイルマガジン」トレンド調査2018より

プロポーズをした(された) 79.8%
プロポーズはしなかった(されなかった) 20.2%

「プロポーズなし」の人は20.2%。

全体の約2割ということで、やっぱり「プロポーズあり」の方が多数派のようですね。

では、みんなどんな流れで「プロポーズなし」になったのでしょうか?

続けてその実態を探っていきましょう!

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

どんな流れでプロポーズなしになったの?

全部で3つのパターンをご紹介します。

1 自然な流れで

このパターンは意外と多いようです。

たとえば、

交際が長く、普段から結婚後の話をしていた

同棲していたので、その延長線上で結婚

「結婚を前提としたお付き合い」からのスタートだった

など。

口に出さなくてもお互いの中に「結婚するよね」という合意があって、プロポーズを飛ばしてしまうのかもしれません。

2 授かり婚だったので

結婚前に子供を授かった「授かり婚」カップルでは、女性が男性に妊娠を告げて、

「それじゃあ、結婚だね」
という感じになり、そのまま結婚準備へ・・・なんてことも。

3 彼女や親から言われて

彼女から「そろそろ結婚しない?」と言われた

彼女の実家へ顔を見せに行ったら、ご両親から結婚について聞かれ・・・その場で結婚を決めてしまった

こういった場合、「もう自分からのプロポーズは必要ないかな?」と考える男性もいるみたいです。


人それぞれ、いろいろなパターンがありますね。

実際に「プロポーズなし」だった人はどう感じているのでしょうか?

男女それぞれの声をお届けします。

プロポーズをしなかった男性の声

まずは男性から。

同棲が長くてお互い結婚は当然って感じだったし、改めてプロポーズするのもなんだか恥ずかしいなと・・・。
プロポーズのかわりに、「婚約指輪を見に行こうか」と彼女を誘いました。
それで十分結婚の意思は伝わったと思うので、大丈夫かなと。

当時は貯金がなく、プロポーズにはお金がかかるイメージだったので諦めてしまいました。
でも、やっぱり「けじめ」としてプロポーズはしておきたかったです。

恥ずかしかったり、貯金が足りなかったり、といった理由で、プロポーズの言葉をしっかりと口にしていないケースがあるんですね。

それを後悔している人もいるようです。

プロポーズをされなかった女性の声

一方、女性の意見は・・・?

婚約指輪でのプロポーズに憧れていたので、それが無かったのは残念でした。
私から結婚の話を切り出して、その後プロポーズがなかったので、彼の方ではどう思っているんだろう?と少し不安に感じました。
プロポーズはなかったけれど、今の結婚生活が幸せだから気にしていません。

「結婚後が幸せなら大丈夫」という意見もありますが・・・

多いのは、「憧れのプロポーズを叶えてほしかった」「彼の結婚への気持ちを言葉で確かめたかった」といった声のようです。

他にはこんなケースも。

一応彼からは「結婚しようか~」と言われたんですが、軽い感じだったので冗談だと思っていました。
やっぱり「結婚してください」の一言は欲しかったなあと。

男性はプロポーズしたつもりだけれど、女性はプロポーズだと認識していない・・・これは残念なすれ違いですね。

やっぱり大切なプロポーズ

男女それぞれの意見から分かるのは、「プロポーズの重要度は男女で差がある」ということ。

男性はプロポーズを「彼女からの結婚の承諾を得るためのもの」と考えている節があるようです。

だから、すでにふたりの間で結婚の話が出ているような場合には、あえてハッキリとプロポーズしなくても良いと思うのかも。

一方女性は、「やっぱりプロポーズされたかった!」という人の方が多数派のようです。

女性は結婚してからも、ふとした時にプロポーズのことを思い出し、「彼と結婚して良かったな」と感じるものなのだとか。

プロポーズの思い出は、結婚してからもふたりを繋いでくれるものなんですね。

「プロポーズが大切なのは分かったけれど、もう結婚準備が始まっているし・・・」
と思った人。

あきらめるにはまだ早い!

結婚が決まってからでも、プロポーズはできるんです。
次の章でその具体的な方法をご紹介します。

今からでもプロポーズは遅くない!

指輪をきっかけにプロポーズ

「彼女への婚約指輪を買っていない」という男性はチャンス。

婚約指輪といえばプロポーズの王道プレゼントなので、それをきっかけにプロポーズの言葉を伝えられます。

女性は「婚約指輪を買って」と彼にお願いしてみてもいいかもしれません。

「お願いするのはちょっと気が引けるなぁ・・・」と思った人。

婚約指輪を買う予定はなくても、結婚指輪は多くのカップルが購入すると思います。

なので、彼から結婚指輪を受け取ったときに

「せっかくだからプロポーズの言葉もほしいな」

と伝えてみるのもアリですよ。

誕生日にプレゼント

大切なプロポーズにふさわしい「特別感」を出すため、彼女の誕生日にプロポーズをしたという男性も。

プロポーズの言葉は、たとえばこんな感じが良さそうです。

「遅くなったけれど、けじめをつけるために言わせてほしい。僕と結婚してください」

「ふたりで幸せな家庭を築いて行きたい。改めて、これからよろしくお願いします」

サプライズで指輪やバラの花束をプレゼントすれば、さらに特別感がUP。
彼女もきっと喜んでくれます!

結婚式や二次会でプロポーズ

披露宴や二次会のプログラムとしてプロポーズを取り入れる人、最近は多いようです。

「新郎から新婦へのサプライズプロポーズ!」は新婦だけでなく新婦の両親も感動してくれそう。

新婦自ら「プロポーズしてもらってないので、ここでお願いします!」というのもキュートですね。

恥ずかしさはあるかもしれませんが、結婚式や二次会でのプロポーズは

・映像や写真に残せる
・ゲストも大盛り上がり間違いなし

など、メリットも多いナイスな方法と言えます。

※「結婚スタイルマガジン」トレンド調査2018
結婚に関するWEBアンケート調査
調査対象:入籍3年以内の男女
調査時期:2018年7月
対象人数:男性500人 女性500人

まとめ

「プロポーズなし」のカップルは約2割と少数派。

「プロポーズなしでも幸せだから気にしない」という人もいますが、女性からは「やっぱりプロポーズされたかった」との声が多いよう。

プロポーズの思い出は、結婚後の夫婦の絆を強めてくれるという意味でも大切なものです。

すでに結婚準備をしている男性も、今からプロポーズを考えてみてはいかがでしょうか?

また、彼にプロポーズをしてほしい女性は、

・婚約指輪や結婚指輪を受け取ったときにお願いする

・結婚式や二次会のプログラムとして取り入れる

といった方法ならスムーズかも。

ぜひご紹介した内容を参考にしてみてくださいね。

  • LINEで送る

「結婚準備」の他の記事

「結婚準備」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る