結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

お国柄によってこんなに違う!海外プロポーズ事情

音声で聴く!

0:00

0:00

ハグをするカップル

公式インスタグラムはじまりました!

日本で一般的なプロポーズと言えば、男性が女性に婚約指輪を渡して、「結婚してください」というもの。

では、お国柄によってプロポーズの仕方は違うのでしょうか?

ここでは世界各国のプロポーズ事情をご紹介します!

INDEX

アメリカ

アメリカでは多くの男性が2月14日のバレンタインデーにプロポーズするそう。

でも日本でバレンタインデーと言えば、女性から男性にチョコレートなどの贈り物をする日。

バレンタインチョコ

なぜ、アメリカではバレンタインデーにプロポーズする男性が多いのでしょう?

実はアメリカでは、バレンタインデーは男性が女性にプレゼントをあげたり、女性をディナーに連れて行ったりする日。

よって、バレンタインデーはプロポーズをするのに最適な日、というわけなんです。


プロポーズの言葉は、「Will you marry me?(僕と結婚してくれますか)」が一般的。

日本と同じで、指輪を差し出しながらプロポーズすることが多いようです。

バラの花束と指輪を差し出す男性

バレンタインデー以外だとクリスマスもプロポーズに人気です。


アメリカ人男性は、ロマンチックでインパクトがあるプロポーズをしようと、趣向を凝らします。

例えば、

・家族や友人を巻き込んだフラッシュモブ
・スポーツの試合のハーフタイム中にたくさんの観衆の前で行うプロポーズ
・新聞の紙面を使ったプロポーズ

など。

ブルックリン・ブリッジで写真を撮るカップル

サプライズが大好きなアメリカ人らしいですね!

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円ご祝儀もらえる!

スペシャルコンテンツ
プロポーズを実行した男性◯% 【プロポーズのエピソード集】
指輪プロポーズでよくある15の疑問・不安
「結婚しよう」をプロポーズリングで - PLEDGE for WEDDING
理想の指輪に出会える6つのコレクション

韓国

ドラマチックなプロポーズをする国と言えば韓国。


韓国人男性は、彼女に喜んでもらいたい一心で、ドラマや映画でプロポーズの方法を研究し、プロポーズ演出にこだわるようです。

最近よく見られる演出は、部屋にキャンドルを並べて「I love you」や「Will you marry me?」の文字を作るというもの。

ハート型に置いたキャンドルの中央にある指輪

天井いっぱいにバルーンを浮かべたり、壁に飾り付けをしたりして、部屋を華やかにします。

他にも、

・街頭モニターに愛のメッセージを映し出す
・夜中に彼女のもとに突然現れ大きな花束とともにプロポーズ

など、まるでドラマのようなプロポーズをする男性は決して少なくないんだそう。


プロポーズ準備にかなりの時間を費やす男性も多いようで、彼女への愛情を感じますね。

ポケットからハートを取り出す男性

イタリア

イタリア人男性と言えば、女性に優しく、恋多きイメージがありますが、結婚に関してはとても慎重なのだとか。

その理由の一つは「カトリックの教え」にあります。

聖母マリア像

カトリック教会の影響を強く受けているイタリアでは、1970年まで離婚することは法的に認められていませんでした。

現在では離婚することはできますが、特別な理由が無い限り、3年間別居してからでないと、法的に離婚することはできません。

そのため、「本当にこの人と結婚していいかどうか」を見極めるために、長い期間同棲するカップルも多いようです。

コーヒーを飲むカップル

ちなみにプロポーズの言葉は、情熱的なイタリア人のことだから、さぞかしロマンチックなのでは・・・と思いきや、意外にシンプル。

もしくはプロポーズの言葉は特にないケースがほとんどなのだそうです。

台湾

恋愛に積極的な台湾人男性は、プロポーズも情熱的。

韓国人男性と同じで、「プロポーズは、一生の思い出に残るものにしたい」と考えている人が多いようです。

台湾人男性

シャイな日本人と違って、人前でプロポーズすることを厭わないようで・・・

会社の同僚や友人に集まってもらい、そこに彼女を呼び出して、みんなが見ている中プロポーズするのは普通なんだそう。


またプロポーズの際は、基本的にダイヤモンドと花束を贈ります。

ダイヤモンドは手が届かない・・・という人は、「キュービックジルコニア」などの模造ダイヤモンドを贈ることもあるんだとか。

模造ダイヤモンド

オランダ

オランダ人男性のプロポーズはとてもシンプルで、韓国や台湾のように、演出にこだわったりしないよう。

普段の何気ない会話の中で「結婚しようか」という流れになるカップルが多いそうです。

その背景には、オランダがパートナー社会に移行しつつあることがあげられます。

握手を交わす男女

オランダでは1998年に「登録パートナー制度」を導入しており、こちらに登録しておけば、法的に夫婦と同じような扱いを受けられます。

2000年にはこの制度に登録したカップルが養子を迎えることも認められました。

そのため、オランダでは法的な婚姻をしているカップルは少なく、事実上夫婦として生活している「事実婚」カップルが多いそう。

法的な婚姻にこだわらない人が多いため、プロポーズもシンプルなものになるようですね。

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

スペシャルコンテンツ
プロポーズみんなどうしてる? 実行した男性は◯% 【プロポーズのエピソード集】
失敗したくない男子必見! 指輪プロポーズでよくある15の疑問・不安
「結婚しよう」をプロポーズリングで - PLEDGE for WEDDING

まとめ

世界各国のプロポーズ事情をご紹介しましたが、いかがでしたか?

サプライズが大好きなアメリカ人や、情熱的な韓国人・台湾人はプロポーズの演出にこだわるようです。

アメリカでは2月14日にプロポーズする男性が多いということも驚きでしたね。


一方で、イタリアやオランダではプロポーズにこだわらず、自然な流れで結婚するカップルが多いようです。

イタリア人が結婚に対して慎重なのは、「離婚してはならない」というカトリック教会の教えが強く影響しているため。

オランダでは、「登録パートナー制度」の導入により、法的な婚姻にこだわらない人が増えているようですね。

SNSでシェア

  • LINEで送る

「プロポーズ」の他の記事

「プロポーズ」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る