結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

彼女の父が激怒!?結婚挨拶、言ってはいけないNG言葉はコレだ!!

音声で聴く!

0:00

0:00

結婚を考えている男性にとって大きな関門と言える「彼女の親への挨拶」。

結婚挨拶のポイントはいろいろありますが、中でも大事なのが「挨拶の言葉」ではないでしょうか?

ここでは、結婚挨拶で避けたいNGな言葉をご紹介。

NG例から「じゃあどうすれば成功するのか?」ヒケツを探っていきましょう!

INDEX
NG例①親の意思はどこへ?
NG例②なんだかハッキリしない…
NG例③よく聞くあの言葉もNG!?
NG例④呼び方にも注意!
NG例⑤敬語ができていない
「幸せにします」は賛否両論?
挨拶の言葉を言えなかった人も…
言葉にまつわるその他のマナー

NG例①親の意思はどこへ?

さっそく、結婚挨拶の言葉・NG例を見ていきましょう。

最初にご紹介するNGな言葉はこちら。

「僕たち、結婚することに決めました!」

この言葉、どこがいけないのか分かりますか?

・・・そう、「決めました」というところです。

結婚挨拶は、親に結婚を認めてもらうためにするもの。

認めていただきたいという立場なのに、「結婚を決めました」ではおかしいですよね。

「○○さんとの結婚を認めていただけませんでしょうか」など、結婚の承諾をお願いする気持ちが伝わる言葉にしましょう。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

NG例②なんだかハッキリしない…

「あ、あの~・・・できればその、○○さんとは、この先も長いこと付き合っていけたら、と思っておりまして・・・」

・・・結局何が言いたいの!ハッキリして!と思われてしまいそうですね。

「息子や娘が連れてきた相手に期待することは何ですか?」という、親御さんたちへのアンケート(※)では、

「結婚したい意思が明確であること」
と答えた人が一番多くなっています。

結婚挨拶の言葉があやふやでは、一番大切な「結婚したい意思」が伝わりませんよね。

あまり長い言葉よりは、シンプルに
「結婚させてください」
の方が気持ちはまっすぐ伝わりそうです。

NG例③よく聞くあの言葉もNG!?

「○○さんを僕にください」

結婚挨拶の定型句、というイメージもあるこの言葉ですが・・・

「くださいと言われると、まるで娘が物のようだ」
ということで、不快に感じる親御さんも。

避けておいた方が無難と言えそうです。

NG例④呼び方にも注意!

「お父さん、お母さん。お願いします。○○ちゃんと結婚させてください!」

「結婚させてください」は良いのですが、問題なのは呼び方ですね。

ドラマなどで、結婚前の男性が彼女の父親を「お父さん」と呼んだところ、

「お前の父親になった覚えはない!」と怒鳴られる・・・

といったシーンを見たことがある人もいるのでは?

挨拶の段階ではきちんと「○○さんのお父様、お母様」と言った方が、礼儀正しい態度になります。

彼女のことも「さん」づけで。
「ちゃん」や呼び捨て、あだ名はNGです。

自分のことは、普段「俺」と言っていても挨拶では丁寧に、「僕」か「私」ですね。

彼女の親が礼儀を重んじる人であれば「私」

「私」だとちょっとビジネスライクかな?と思うのであれば「僕」

と使い分けると良いかもしれません。

NG例⑤敬語ができていない

「ご結婚のご挨拶に来ました」

この言葉には敬語の間違いがあるのですが、どこだか分かりますか?

答えは・・・
「ご結婚」と「来ました」の2ヶ所です。

結婚は自分と彼女がするものなので、「ご結婚」と言うと自分を持ち上げる尊敬語になってしまい、間違いに。

「来ました」は自分から親への行為なので、「参りました」や「伺いました」といった謙譲語で自分を下げ、親への敬意を示します。

一方、「ご挨拶」は自分から親への行為で、ちゃんと謙譲語になっているのでOK。

まとめると、
「結婚のご挨拶に参りました」
が正解ということになりますね。


また、敬語を使っていても「~なんっすよ」という省略した言い方だと失礼に。

つい普段のクセで出てしまった!なんてことがないよう、気をつけたいですね。

「幸せにします」は賛否両論?

結婚挨拶の定番フレーズといえば、「必ず娘さんを幸せにします!」もありますよね。

この言葉については、「男らしくて好印象!」という声がある一方、

「幸せにするという言い方が、一方的に感じる」
「『必ず』なんて言いきれないのに、無責任では?」

など、否定的な意見も。

良い言葉だと思いますが、否定派の人の言うこともわかります。

ということで、こんな言葉にしてみてはいかがでしょうか?

「○○さんと二人で、幸せな家庭を築いていきたいと考えています」

意味合いは近いですが、これなら一方的でも無責任でもないですよね。

挨拶の言葉を言えなかった人も…

OK・NG以前に、そもそも挨拶の言葉を口にできなかったという人、実は意外と多いようなんです。

ある男性は、緊張してなかなか挨拶を切り出せず、タイミングをうかがっていたら、彼女の親から

「結婚式はどうするか、考えてる?できればうちの地元で開きたいんだけど」
と言われてしまったそうです。

ご両親が結婚前提で話を進めている手前、自分が「結婚させてください」と言うのはおかしいし・・・

結局、最後までそのまま言えずじまいになってしまったのだとか。

なかなかツラいパターンですね。

こんなときは、結婚挨拶が終わった後で「お礼状」を送ると良いかもしれません。

お礼状の中で、時間を取っていただいたことへの感謝とあわせて、

「未熟者ですが、よろしくお願いいたします」
と改めて挨拶をすれば・・・

きっと彼女の親も「しっかりした男じゃないか」と認めなおしてくれますよ!

お礼状についてはこちらをどうぞ。

両親へ結婚挨拶をしたら、お礼状は出すべき? 出し方・マナーは?

言葉にまつわるその他のマナー

最後に、言葉にまつわるマナーをいくつかご紹介します。

話すときの態度も大切

言葉選びが良くても、目線が右往左往したり、もごもごとこもった声になってしまったりすると、頼りないと思われそう・・・。

背筋を伸ばし、相手の目を見て、ハキハキ喋るよう心がけましょう!

彼女を否定するようなことを言わない

会話の中で彼女の親が
「うちの娘はこんなところがダメでねえ・・・」

などと、彼女を下げるようなことを言うかもしれません。

このとき「たしかにそうですね」と同意するのは禁物。

彼女の親はきっと謙遜で言っているのでしょうから、あなたが同意して彼女を否定すると、気を悪くすると思います。

なので返事としては、
「いえいえ、そんなことはありません。○○さんはいつも僕のために~してくれて、助かっています」
という感じがいいですよ。

基本の挨拶をしっかり

言葉が大切なのは、挨拶の場面以外も同じ。

家に上がるときは「お邪魔します」。
帰り際にも、きちんとお礼を言いましょう。

また、手土産を渡すときは「つまらないものですが」と言うと失礼なので、

「こちら、地元の名産品で・・・お口に合えば幸いです」
といった言い方にすると良いですね。

※「結婚スタイルマガジントレンド調査2018」
結婚に関するWEBアンケート調査
調査対象:24~69才の男女
調査時期:2018年7月
対象人数:男性500人 女性500人

まとめ

NG例から学ぶ、結婚挨拶の言葉のポイントは

・結婚を認めてもらうという立場をわきまえる
・結婚したいという意思をハッキリ伝える
など。

親や彼女の呼び方、敬語の使い方も大切です。

話すときの態度や、「お邪魔します」などの基本的な挨拶にも気をつけて、彼女の親に好印象を持ってもらいましょう!

具体的な結婚挨拶の文例を知りたい人は、こちらも読んでみてくださいね。

【女性の両親への挨拶】結婚の報告、自己紹介など使える言葉 文例集!

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚報告・挨拶」の他の記事

「結婚報告・挨拶」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る