結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

モルディブ新婚旅行の計画の立て方って?

音声で聴く!

0:00

0:00

「モルディブへ新婚旅行に行きたいけれど、計画の立て方がわからない!」

そんなお悩みを解決すべく、モルディブ新婚旅行にかかる費用や、ホテル・ツアー会社の賢い選び方をご紹介。

さらにさらに、モルディブで気を付けたいマナーや持って行くべきアイテムなど、お役立ち情報もまとめました!

INDEX
費用と日数の目安は?
ホテル・ツアー会社の賢い選び方
モルディブへのアクセス方法って?
モルディブを訪れる際に気をつけたいマナー
持って行くべきアイテム

費用と日数の目安は?

まずは、モルディブ旅行の日数と費用の目安を見ていきましょう。

日数は?

モルディブへのハネムーンは、6日間という人が一番多いようです。

これは、モルディブツアーの最低日数が6日のことが多いから。

6日のツアーだと、「2~3日は移動の時間、残りの3泊4日で旅行を楽しむ」といったプランが代表的です。

費用は?

気になる費用ですが、ツアー会社によって1人20万円台~50万円以上と、価格設定は幅広いよう。

航空会社やホテルのランクで大きく変わってきます。

ホテル選びをするときに覚えておきたいのが、「オールインクルーシブ」というシステム。

オールインクルーシブには、

・食事代
・ホテルのアクティビティやイベント料

などがあらかじめ含まれていて、お得になることが多いですよ。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

ホテル・ツアー会社の賢い選び方

お次は、旅行で大切な「ホテル」と「ツアー会社」を選ぶときのポイントをお届けします。

ホテル選びがとても大切!

モルディブへの新婚旅行は、ほとんどの時間をホテルで過ごすことになります。

「ホテル選びで旅行の満足度が大きく変わる」と言ってもいいくらいです。

「でも、ホテルってすごくたくさんあって、どうやって探せばいいのかわからない・・・」

そんな人は、次のような流れで探すとスムーズですよ。

1. ツアー会社にホテルの希望条件を伝える

2. ツアー会社から提案されたホテルを、ガイドブックやインターネットでチェックする

3. 情報を整理して、希望のホテルを決める

こうすれば、できるだけ希望に近いホテルを効率よく選べるはず。

ツアー会社の選び方

モルディブへの新婚旅行は、「個人旅行」よりも「ツアー」で行くほうが基本的にはリーズナブルだと言われています。

ツアー会社を選ぶときには、1社だけでなく、いくつかの会社に問い合わせてみることがポイント。

ひとくちにモルディブツアーといっても内容はいろいろあります。

2~3社ほど問い合わせて見積もりを比べ、希望の条件に合うツアーを選びましょう。

また、ツアーの予約は直前にしようとしても埋まっているかもしれません。

旅行予定日の3~4ヶ月前には予約しておくのがオススメです。

モルディブへのアクセス方法って?

モルディブは、インド洋の北部に浮かぶ島国。

日本からはどれくらいかかるのでしょうか?

アクセスの方法と合わせて、詳しく見ていきましょう。

日本からモルディブまでのアクセス

残念ながら、日本からモルディブへ向かう直行便は今のところありません。

モルディブへ行くにはアジア、もしくは中東を経由します。

【アジアを経由する場合】

航空会社は、次の3社のどれかを使うケースが多いようです。

・「シンガポール航空」
チャンギ国際空港(シンガポール)を経由

・「スリランカ航空」
コロンボ(スリランカ)経由

・「マレーシア航空」
クアラルンプール(マレーシア)経由

【中東を経由する場合】

ドバイを経由する「エミレーツ航空」などで行けます。

アクセスにかかる時間

モルディブへ行くにはどれくらい時間がかかるのか、例を挙げて見てみましょう!

【成田空港からモルディブの
マーレ国際空港へ向かう場合】

・成田~スリランカ:約11~12時間
・スリランカ~マーレ:約1時間30分

合わせて約12時間30分~13時間30分かかります。

なかなか長いですね!

モルディブ国内のアクセス

マーレ国際空港から各リゾートへのアクセスには、大きく分けて3つの方法があります。

1 スピードボートで移動
2 水上飛行機+ボートで移動
3 国内線飛行機+ボートで移動

行き先によって移動手段が変わるので、出発前にチェックしておきましょう。

モルディブを訪れる際に気をつけたいマナー

モルディブはイスラム教の国なので、服装など気をつける点がいくつかあります。

ただ、取り立てて難しいものはないので、基本的に日本で守っているマナーと同じように気をつけていれば大丈夫。

特に気をつけておきたいマナーを4つご紹介します。

1 服装に気をつける

イスラム教の国なので、リゾート地以外では、水着姿や、肌を極端に出した服装は避けましょう。

リゾート地でも、ビーチ以外の場所では、水着の上に何か羽織った方が良さそうです。

2 アルコールについて

モルディブはイスラム教の国なので、本来アルコールは飲んではいけません。

リゾート地は例外となっているので観光客は飲んでもOKですが、現地の人に勧めたりするのはNGです。

3 サンゴは獲ってはいけない

違反すると、多額の罰金が科せられます(!)

4 首都マーレには、撮影禁止場所がある

具体的には、「大統領官邸」と「国家保安委員会本部」です。

これらの場所には、カメラを向けないように気を付けましょう。

持って行くべきアイテム

モルディブへの新婚旅行には何を持って行けばいいのでしょうか?

常夏の地・モルディブだからこそ必要なアイテムをカテゴリーに分けてご紹介します。

旅行前にチェックしてください!

衣類

・帽子
・水着
(服の下に着て過ごすことが多いので数枚)
・ラッシュガード
・ビーチシューズ
・ビーチサンダル
・薄手の上着(飛行機の防寒対策)

電子機器

・防水カメラ

サンゴ礁や魚の写真を撮りたいという人は、防水カメラを持っていくことをオススメします。

生活用品

・SPF値の高い日焼け止め
・ボディ用の保湿液

日焼けで肌荒れしがちなので、顔だけでなく、体の乾燥対策も必要です。

まとめ

モルディブ旅行の費用は、ホテルのランクや航空会社によってバラつきがあります。

ツアー会社に申し込むときは、3~5社から見積もりをもらって比べてみましょう。

モルディブは、日本から約12時間30分~13時間30分のアクセス。

決して近い場所ではありませんが、透き通った空と青い海を目にすれば、疲れもきっと吹き飛ぶはず!

マナーやルールはきちんと守りつつ、思いっきり羽を伸ばしてきてくださいね。

  • LINEで送る

「新婚旅行」の他の記事

「新婚旅行」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る