結婚準備のためのWebマガジン「結婚スタイルマガジン」

結婚ラジオ

花嫁・花婿のギモンを解決♪

モルディブが新婚旅行で人気のワケは?基本情報や楽しみ方をご紹介!

  • LINEで送る

モルディブは、世界中の新婚カップルがハネムーンに選ぶエリアの一つ。

どんなところか知らなくても、「名前くらいは聞いたことがある」という人が多いのではないでしょうか?

ここでは、モルディブの基本情報や楽しみ方をご紹介。

また、実際に行った先輩カップルに聞く「モルディブの魅力」もあわせてお届けします!

INDEX
行く前に知っておきたい基本情報
モルディブの楽しみ方って?
先輩カップルに聞いた!モルディブの魅力

行く前に知っておきたい基本情報

まずは、モルディブの基本情報についておさえておきましょう。

モルディブってどんなとこ?

モルディブは、インド洋の北部、約1200の島々からなる国です。

島々は、二重の鎖状になったサンゴ礁の環に囲まれているのが特徴。

それぞれの島には、ヤシの木が茂り、白い砂浜と透き通ったラグーンが広がっています。

ラグーンとは、海の中でサンゴ礁に囲まれてできた浅瀬の部分のこと。

周りの海の深い青色とクッキリ分かれた明るいソーダ色が、リゾートらしい爽快感を感じさせてくれます。

モルディブの約1200の島々のうち、人が住んでいるのは200島ほど。

島の1つひとつはとても小さく、平均的な広さは数百平方メートルだとか。

海面から陸までの高さは最高でも3mほどしかなく、すぐ近くに海を感じられます!

気候はどんな感じ?

モルディブは、高温多湿の熱帯性気候。

1年でいちばん暑いのは4月、涼しいのは12月です。

ただ、平均気温は29℃~32℃と、年間を通じて、あまり気温に変化は見られません。

天気は、モンスーン(季節風)によって左右されやすいのが特徴。

南西からモンスーンが吹く5月~10月頃は「雨季」。

特に、5月と10月は降水量が多く、海が荒れることも多いです。

北東からモンスーンが吹く11月~4月頃は「乾季」になります。

乾季は晴れの日が続くことが多く、湿度も低くて過ごしやすい、新婚旅行にはもってこいのシーズンです。


また、モルディブは日差しが強いので、サングラス・帽子・日焼け止めなどの対策グッズはマストアイテム。

朝晩は肌寒くなることもあるので、薄手の長袖の上着を持って行きましょう。

日本との時差は?

日本とモルディブの時差は、4時間。

日本で午前10時のとき、モルディブは午前6時です。

通貨はなに?

モルディブでは、「モルディブ・ルフィア(MVR)」という通貨が使われています。

「そんな通貨があるんだ。はじめて知った」
という人も多いのではないでしょうか?

ジンベイザメやカメなど、南国らしいデザインが印刷されたユニークな通貨です。

ただ、このモルディブ・ルフィア、日本では両替ができません(!)

現地の銀行でアメリカドルから両替しないといけないので、注意してくださいね。


また、新婚旅行で訪れるようなリゾート地だと、「支払いはアメリカドルで」と決まっているところも。

さらに、リゾート地やホテルではクレジットカード払いが一般的なようです。

話をまとめると・・・

「モルディブへ行くときは、クレジットカードとアメリカドルを持って行く。

そして、必要な分だけ現地でドルからモルディブ・ルフィアへ両替する」


とすれば、スムーズに行きそうですね。

公用語

モルディブの公用語は、ディベヒ語。

「ディベヒ語?聞いたこともない言葉だけど、大丈夫かな・・・」

と思ったあなた。

モルディブ人には英語を話せる人も多いそうなので、そこまで心配しなくても大丈夫なようです。

とはいえ、簡単なあいさつくらいは覚えておいた方が、現地の人からも喜んでもらえるかもしれません。

ディベヒ語で、
「ありがとう」は「シュークリア」
「すみません」は「マーフクレ」

と言うそうなので、ぜひ使ってみてくださいね。

スペシャルコンテンツ
理想の指輪に出会える6つのコレクション

モルディブの楽しみ方って?

次に、モルディブの楽しみ方を見ていきましょう。

プライベート感を満喫&水上コテージでのんびり

モルディブは、「1つの島が1つのリゾート」だと言われています。

島にいるのは、基本的にはリゾートのスタッフと宿泊客。

観光客でごった返すといったことは少なく、プライベート感たっぷりの旅行を楽しめます。


また、海の上に建つ「水上コテージ」は、モルディブを代表する風景として有名。

目の前に広がる真っ青な空とエメラルドグリーンの海・・・

ドリンクをゆっくり味わいながら、のんびりした時間に浸れますよ!

アクティビティならシュノーケリングがおすすめ

モルディブの海を満喫するなら、マリンスポーツ初心者でも楽しめるシュノーケリングがおすすめ!

特に「ハウスリーフ」と呼ばれる、島を囲むサンゴ礁のあるリゾートなら、サンゴ礁と魚が泳ぐ姿を間近で観ることができます。

リゾートのなかには、水上コテージの部屋から直接海へつながっているところも!

思い立ったらものの数秒で泳ぎに行くことができますよ。


シュノーケリングに適したリゾートを探すときは、

・ハウスリーフが発達していること
・潜れる深さの海まですぐに行けること

を基準にするとGOOD。

逆に、浅瀬のラグーンが広がっているリゾートはシュノーケリングには不向きです。


シュノーケリングの他にもダイビングなど、マリンスポーツはいろいろあります。

マリンスポーツをとことん楽しむ“海づくし”のスケジュールを組んでみるのも良いかもしれませんね!

極上スパやグルメも堪能できる

モルディブでは、リゾートならではの「スパ」や「グルメ」を満喫するのもオススメです。

最高の癒しを提供してくれるスパは、極上の休日を過ごすのにぴったり。

スパメニューの豊富さはもちろん、世界を代表するリゾート地らしく選りすぐりのセラピストが揃っているのも嬉しいところ。

波の音やガラス越しに泳ぐ魚など、モルディブならではの環境で至福の時間を満喫してみてはいかがでしょうか?

また、最高のロケーションも味わえる美食レストランでグルメを堪能するのもおすすめ。

レストランは、リゾートによって個性があります。

たとえば、

・世界各国の料理をビュッフェで
・お洒落な本格フレンチコース
・テラス席で海を眺めながら食事

といったように。

リゾートを選ぶときには、どんなレストランがあるのかもチェックしておきましょう。

先輩カップルに聞いた!モルディブの魅力

実際にハネムーンでモルディブに行った先輩カップルに、その魅力を聞いてみましょう!

アジアンリゾートなら、どこの海でも綺麗だろうとは思います。でも、ラグーンや水上コテージがあるリゾート地に憧れていたので、彼にお願いしてモルディブに決めました。

モルディブと言えば、透き通った海はもちろん、青い海に浮かぶ水上コテージも人気。

「水上コテージの写真を見て一目ぼれした!」
というカップルも多いようです。

お互い海が好きでシュノーケリングを楽しみたかったので、サンゴの綺麗なモルディブへ行くことになりました。

色鮮やかなサンゴ礁と、そこに集まるたくさんの魚たち。

大自然と触れ合えるシュノーケリングを楽しみ尽くしたいカップルにも、モルディブはおすすめです。

日本の忙しい生活から離れて、のんびりしたいと思っていました。それに、長期のお休みが取れる新婚旅行だったので、なかなか気軽には行けない場所を選びました。

日本からモルディブへは直行便がなく、決して交通の便は良くありません。

一生に一度の新婚旅行だからこそ、普段はなかなか行けない場所に行きたい、という気持ちもわかりますね。

モルディブはリゾート施設も充実しているので、のんびりしたいカップルにもぴったり!

日常から離れた贅沢な旅行を満喫できますよ。

まとめ

約1200もの島々からなるモルディブ。

水上コテージに代表される個性的なリゾートで、ゆったり過ごせるのが最大の魅力です。

アクティビティなら、サンゴ礁や魚と近くで触れ合えるシュノーケリングやダイビングがおすすめ。

新婚旅行に行くなら乾期の11月~4月がベストシーズンということでした。

モルディブ新婚旅行のスケジュールを立てるときには、他にもいくつかコツがあります。

モルディブ新婚旅行の計画の立て方って?

こちらの記事でそのコツをまとめているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

  • LINEで送る

NIWAKA BRIDAL COLLECTION