結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

ここだけ押さえれば大丈夫!彼女が喜ぶプロポーズの方法

音声で聴く!

0:00

0:00

夜景の見えるレストランでのプロポーズから、自宅でのさりげないプロポーズまで・・・

「プロポーズの方法ってたくさんありすぎて、どれにするか決められない!」

そんなお悩み中の男性陣に、

「ここさえ押さえておけば彼女が喜んでくれる」

4つのポイントをお届けします!

INDEX
ストレートな言葉で真剣さを伝える!
彼女のことを考えたシチュエーションで
思い出の場所や特別な日を選ぶ
サプライズは程度に気を付けて!

ストレートな言葉で真剣さを伝える!

どんな場所、どんなシチュエーションでプロポーズをするにしても、プロポーズの言葉は必須です。

「結婚してください!」

というシンプルな言葉や、

「もう恋人はやめて、これからは夫婦にならない?」

といった、ちょっとキザな言葉など。

伝え方はいろいろありますが、自分らしく気持ちを伝えられればOK!

ただ、ここで大事なのは、ちゃんと結婚への真剣さが彼女に伝わるようにすること。

「そろそろ結婚しとく~?」

なんて、軽い冗談のような調子で言ってしまっては、彼女にも「はいはい」と流されてしまうかもしれません。

言葉の中身だけでなく、言い方や態度にも真剣さがこもっていることが大切です。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

スペシャルコンテンツ
プロポーズを実行した男性◯% 【プロポーズのエピソード集】
指輪プロポーズでよくある15の疑問・不安
「結婚しよう」をプロポーズリングで - PLEDGE for WEDDING
理想の指輪に出会える6つのコレクション

彼女のことを考えたシチュエーションで

続いて押さえておきたいポイントは、「シチュエーションの決め方」です。

大切なのは、彼女の好みを考えること。

たとえば、普段からイベントごとが好きで、一生の思い出にこだわりそうな彼女には・・・

ヘリコプターをチャーターして夜景遊覧!

なんて、華やかでサプライズ感あふれる演出が良さそうです。

逆に、目立つのは苦手で落ち着いた場所を好む彼女の場合。

レストランなど人目のある場所より、自宅や車内など、ふたりきりで落ち着ける場所のほうが喜ばれるはずです。

思い出の場所や特別な日を選ぶ

ふたりが出会った記念日や付き合いはじめた記念日を、彼のほうは忘れているのに彼女はしっかり覚えている。

といった話を、あなたも聞いたことがあるのでは?

女性は、男性以上に「思い出」にこだわる生き物です。

だから、プロポーズの演出にも「思い出」をうまく取り入れるのはオススメの方法。

たとえば、こんなプロポーズはいかがでしょうか。

なにげなく彼女をデートに誘って、行先を告げずに車を走らせる彼。

昔、訪れた海辺や、イルカショーを見た水族館など、二人の初めてのデートコースを巡っていきます。

一日の終わりに、二人が初めて出会ったカフェでディナーを楽しんだあと、彼からバラの花束が!

「今日は思い出の場所を一緒に回ってくれてありがとう。これからは、夫婦になって新しい思い出を作りませんか?」

自分との思い出を大切にしてくれていると感じた彼女からは、きっとOKの返事がもらえます!

サプライズは程度に気を付けて!

サプライズで彼女を喜ばせたい場合にも、「彼女の好みを考える」というスタンスが大切です。

たとえば、「公開プロポーズ」と呼ばれるサプライズプロポーズ。

路上やテーマパークや映画館など、人目の多いところで行われ、たくさんの人の注目を集めます。

成功すれば拍手喝采の感動的なプロポーズですが、彼女の好みを読み誤ってしまうと大変。

「プロポーズをしたのはいいけど、人がたくさんいる前で恥ずかしかったのか、彼女は返事をせずに逃げ出してしまって・・・

自分一人がぽつんとその場に取り残されました」

なんて人もいます。

がんばりすぎたのが逆効果で残念な結果になってしまうのは、悲しいですよね。

手の込んだ派手な演出や、人を巻き込む演出をしたければ、彼女が喜んでくれるかどうか、じっくり考えてからにしましょう。

少しでも不安な場合は、イチかバチかでやってみるより、レストランプロポーズなどの王道プロポーズに切り替えるほうがいいですよ。

スペシャルコンテンツ
プロポーズみんなどうしてる? 実行した男性は◯% 【プロポーズのエピソード集】
失敗したくない男子必見! 指輪プロポーズでよくある15の疑問・不安
「結婚しよう」をプロポーズリングで - PLEDGE for WEDDING

まとめ

プロポーズで最も大切なのは、「彼女を思う気持ちが相手に伝わる」ということです。

シチュエーションや演出などを選ぶときは、まず彼女の好みを第一に考えましょう。

そのうえで、自分なりの誠実さが伝わる言葉を、真剣な態度で伝えれば、プロポーズはきっと大成功。

がんばってくださいね!

  • LINEで送る

「プロポーズ」の他の記事

「プロポーズ」の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る