結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

プロポーズで渡したいバラの花束、本数で意味が変わる!?

音声で聴く!

0:00

0:00

バラの花束といえば、プロポーズの定番プレゼントですが・・・

実は本数によって、それぞれ意味があるのをご存知でしたか?

本数ごとの意味を知って、あなたの気持ちをバラの花束にゆだねてみてはいかがでしょうか。

INDEX
インパクト抜群!【本数多めの場合】
50本、40本など【本数ほどほどの場合】
スマートに渡せる【本数少なめの場合】
色や種類によっても意味が変わる?

インパクト抜群!【本数多めの場合】

「せっかくのプロポーズだから、両手いっぱいに抱えた花束で彼女に喜んでもらいたい!」

そんな人のために、まずは【本数多めの場合】の意味をご紹介します。

【365本】あなたが毎日恋しい

365といえば・・・お気づきですね。

そう、一年間の日数と同じ数です。

「一年365日、ずっとあなたのことを想っています」

こんな風に、彼女への大きな愛を伝えられます。

ただし、365本となるとかなりのボリューム。
サプライズで渡したい場合も、隠しておくのが難しくなります。

時間を指定して配達してもらうなど、対策を考えておきましょう。

【108本】結婚してください

ズバリ、「結婚してください」という意味の108本のバラ。

プロポーズにぴったりですね!

【99本】永遠の愛

99本のバラの意味は「永遠の愛」。

バラの花束というと「100本」のイメージがある人もいると思いますが・・・

意味を考えると、99本の方がプロポーズ向きなのかもしれませんね。

「でも、やっぱり100本の方が彼女に喜ばれそう」

そう思う人は、「99本の花束と1輪のバラ」を一緒に贈るのもGOODです。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

スペシャルコンテンツ
プロポーズを実行した男性◯% 【プロポーズのエピソード集】
指輪プロポーズでよくある15の疑問・不安
「結婚しよう」をプロポーズリングで - PLEDGE for WEDDING
理想の指輪に出会える6つのコレクション

50本、40本など【本数ほどほどの場合】

【50本】永遠、偶然の出会い

50本のバラは「永遠」「偶然の出会い」を意味します。

「偶然の出会い」から付き合うことになったカップルには、ぜひこの50本の花束でプロポーズをしてほしいところ。

「永遠」という言葉にしたがって、

「この関係がいつまでも変わりませんように」

と願いを込めるのも素敵です。

【40本】真実の愛を誓います

40本のバラの意味は、「真実の愛」です。

40本くらいであれば、花束にしてもかさばりすぎず、ほどよいボリュームと言えます。

サプライズ演出で、プロポーズの瞬間まで花を隠しておきたいときにはぴったりです。

スマートに渡せる【本数少なめの場合】

本数少なめの花束は、コンパクトで持ち運びしやすいのがいいですね。

プロポーズの時も、サッと差し出してスマートに渡せます。

ただ、見た目のインパクトは薄くなるので、本数の持つ「意味」がより大切になりそうです。

どんな意味があるのか、12本、11本、3本、2本、1本、の順に見ていきましょう!

【12本】私の妻になってください

12本のバラは「ダーズン(ダズン)ローズ」とも呼ばれています。

昔のヨーロッパでは、男性がプロポーズするために12本のバラを摘んで、彼女にプレゼントするという風習があったそうです。

その12本のバラには、それぞれ次のような意味が。

愛情・情熱・感謝・希望・幸福・永遠・尊敬・努力・栄光・誠実・信頼・真実。

男性は女性に、これら12の想いを込めて「このすべてをあなたに誓います」という意味でバラを贈っていたんだとか。

とってもロマンチックですね!

最近では、結婚式の演出として取り入れるカップルもいるようです。

【11本】あなたは私の宝物、最愛

11本のバラには、「最愛」や「宝物」など、「大切にしたいもの」という意味があります。

恋人だけでなく、家族に贈ることもあるようです。

「これからは恋人ではなく、家族になりたい」

という願いを込めて贈ってみてはいかがでしょう。

【3本】告白、愛しています

3本のバラの意味は、プロポーズにぴったりの「愛しています」。

彼女への想いをストレートに伝えたい人は、ぜひ3本のバラを贈りましょう。

【2本】この世界は二人だけ

「これから二人で新しい世界を築いていきたい」

そんな気持ちをこめてプレゼントするなら、バラの数は2本がおすすめ。

2輪のバラの寄り添う姿が、二人の未来に重なります。

【1本】私にはあなただけ

花束ではなく、あえて1輪だけで渡すバラには、「あなただけ」という素敵な意味が。

「1」つながりで、「一目惚れ」という意味もあります。

「自分にとってあなたはただ一人の大切な存在だ」

という、ありったけの想いを1本に込めて渡しましょう。

色や種類によっても意味が変わる?

バラには本数だけでなく、色や種類によっても意味の違いがあるのだとか。

ここでは、その例を3つご紹介します。

赤いバラのなかに白いバラ

意味は、「調和」「温かい心」「結婚してください」。

「あなたと温かい家庭を築いていきたい」

という想いを伝えたい男性にはピッタリですね。

渡し方としては、

「99本の赤いバラの中に、1輪の白いバラを混ぜてプレゼント」

なんてやり方がおしゃれかもしれません。

一重のバラ

意味は、「純潔な愛」「敬意」「静かな愛」。

バラというと花びらが重なっているイメージですが、一重のバラもプロポーズには使えそうですね。

ただ、一重だとそもそもバラだと彼女に分かってもらえないかもしれません。

花に詳しい彼女ならいいですが、そうでないなら、ちゃんと説明をする方が無難です。

ちなみに、「満開のバラ」には「私は人妻」という意味があるんだとか・・・

ちょっぴりドキッとしてしまうメッセージですね。


以上、バラの持ついろいろな意味をご紹介しました。

プロポーズにぴったりのメッセージがたくさん詰まっているバラですが、場合によってはネガティブな意味を持つことも。

ここで紹介しなかった本数や色については、プロポーズの前に意味を調べておくのがおすすめです。

スペシャルコンテンツ
プロポーズみんなどうしてる? 実行した男性は◯% 【プロポーズのエピソード集】
失敗したくない男子必見! 指輪プロポーズでよくある15の疑問・不安
「結婚しよう」をプロポーズリングで - PLEDGE for WEDDING

まとめ

本数や、色の組み合わせ、一重か満開かなど、条件によっていろいろな意味を持つバラ。

二人にぴったりの意味を見つけて贈れば、彼女もきっと感激してくれます。

ロマンチックなバラのメッセージに想いを乗せて、プロポーズを大成功させましょう!

  • LINEで送る

「プロポーズ」の他の記事

「プロポーズ」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る