結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

ハネムーンの定番ハワイ!その魅力や知っておきたい情報って?

音声で聴く!

0:00

0:00

ハワイといえば、ハネムーンで定番のエリア。

なぜハワイは、多くの新婚カップルを魅了するのでしょうか?

ここでは、ハワイの魅力や基本情報を詳しくご紹介します。

「ハネムーンの行き先、ハワイもいいかも・・・」

と思っている人は、ぜひチェックしてくださいね!

INDEX
ハワイってどんなところ?
日本からハワイまでは何時間?
ハワイがおすすめな4つの理由

ハワイってどんなところ?

皆さんは、「ハワイ」と聞いてどんなことをイメージしますか?

「常夏の島。」

「青い空ときれいな海、白い砂浜!」

「地球の息吹を感じる活火山・・・」

こんな感じでしょうか?

でも、ハワイには他にもいろいろな特徴があるんです。

さっそく見ていきましょう!

地理

ハワイは北太平洋に浮かぶ島々で、正確には「ハワイ諸島」と呼ばれています。

ハワイ諸島は約130の島々で成り立っていて、このうち観光客が行けるのは、次の6つの島だけです。

・オアフ島
・ハワイ島
・マウイ島
・カウアイ島
・モロカイ島
・ラナイ島

ハワイは、アメリカ合衆国に最後に加わった50番目の州としても有名。

州都は、オアフ島にあるホノルルです。

気候

ハワイの気候は、

・5~10月の乾季
・11~4月の雨季

の大きく2つに分かれます。

「雨季」といっても、日本の梅雨のように一日じゅう雨が降ることは少ないようです。

にわか雨が降るくらいの日がほとんどで、雨上がりには虹が見えることも!

一方、「乾季」は暖かく乾燥した天気が続き、気温も30℃を越えます。

ただ、湿気が少ないため爽やかな暑さで、過ごしやすい気候です。


州都であるホノルルの年間平均気温は、24~25℃程度。

まさに「常夏の島」と言えます。

また、特徴的なのは、中央に高い山があるハワイ島やマウイ島の気候です。

ハワイ島やマウイ島は、1つの島の中でも北東部と南西部で大きく気候が違います。

その理由は、年間を通じて北東から吹く「貿易風」。

貿易風は海からの湿った空気を含んだ風で、これが島の中央にある高い山にぶつかると、雨雲が生まれます。

貿易風は北東から吹いてくるので、北東側は雨が多く、南西側は乾燥して晴れの日が多くなるのです。


ハワイで過ごすときの服装は、日本の夏服を基本に。

夜は涼しくなることもあるので、薄手のセーターやジャケットなどを用意しておくと良いですよ。

時差

ハワイ(ホノルル)と日本の時差は、19時間。
たとえば
日本で   【1月1日 午後12時】
のとき、
ハワイでは【12月31日 午後17時】

になります。

19時間で計算するのがややこしいなあ、という人は、

「ハワイ時間=日本時間+5時間-1日」

と考えれば、分かりやすいかもしれません。

言葉

ハワイの公用語は、英語とハワイ語です。
しかし、ハワイ語はあまり使われることがありません。

日本語は、ワイキキあたりの大きなショッピングセンターや有名ホテルでは通じるところもあるようですが・・・

多少は、英語でやり取りすると思っておいたほうが良さそうです。

通貨・チップ

ハワイはアメリカの州の1つなので、通貨は「米ドル」を使います。

アメリカ本国と同じように、チップの制度があることも忘れずに。

チップの目安は、レストランだと食事代の15~20%。

ただし、団体の場合は会計にチップが含まれていることもあるので、確認をしておきましょう。

ホテルでは、

・客室清掃:ベッド1台に1ドル
・ポーター:荷物1個に1ドル
・ドアマン:タクシーを呼ぶのに1ドル

とスタッフごとにチップを用意するのが一般的とされています。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

日本からハワイまでは何時間?

日本からハワイまでは、飛行機で約7~8時間かかります。

ハワイの主要空港であるホノルル国際空港へは、

・羽田空港から   約7時間30分
・成田国際空港から 約7時間20分
・関西国際空港から 約8時間

くらいが目安。

東京発の方が、関西発よりも30~40分ほど早く着きます。

ただし、季節や航空会社によって所要時間が変わることもあるので、参考程度と考えてください。

ハワイがおすすめな4つの理由

続いて、ハネムーンにハワイがおすすめな理由を4つご紹介します。

理由1 アクティビティがたくさん!

リゾート地ならではのいろんなアクティビティを楽しめるのが、ハワイの魅力です。

・サーフィンやダイビングなどのマリンスポーツ

・伝統的なフラダンスやポリネシアンダンスのハワイアンショー

・オアフ島の火山『ダイヤモンドヘッド』へのハイキング

・馬やジープに乗って山間部をドライブ

などなど盛りだくさん。

ふたりの希望にぴったりのアクティビティがきっと見つかります!

理由2 ショッピング&グルメを満喫!

ハワイには、

・世界的に有名なブランド店が並ぶエリア
・『アラモアナセンター』などの総合モール
・日本未進出のショップ

などがあります。

「せっかくの海外旅行。ショッピングも楽しみたい!」

という人にもぴったりですね。

また、ハワイはグルメの宝庫でもあります。

「ロコモコ」や「パンケーキ」などのハワイ料理はもちろん、和・洋・中・イタリアンなどあらゆるカテゴリーの料理が勢ぞろい。

「今日はハワイ料理、明日はイタリアン・・・」

といったように、日替わりグルメプランを組んでみるのも楽しそう!

理由3 海外初心者も安心して旅行できる

もしツアー旅行でハワイに行くのであれば、日本人もしくは日本語の上手なガイドさんが、ふたりをサポートしてくれます。

また、日本人観光客が多いので、日本語交じりのカタコト英語でも親切に対応してくれる店員さんが多いとか。

それから、初めて海外旅行に行くカップルにとっては「治安の良さ」も大事なポイントですよね。

ハワイは、海外にしては比較的治安が良いと言われています。

とはいえ、日本に比べると治安が良くない場所もあるので、下調べはしておいた方が良さそうです。

貴重品はしっかり管理するなどの備えも忘れずに。

理由4 世界遺産にも選ばれた自然の宝庫

ハワイは「大自然の宝庫」としても有名。

・ハワイ島にある『ハワイ火山国立公園』
・北西ハワイ諸島とその周辺に広がる『パパハナウモクアケア』(一般人は立入不可)

これらは世界自然遺産に選ばれています。

ほかにも、

・多くの映画が撮影された『クアロア牧場』(オアフ島)
・美しい日の出を拝むことができる『ハレアカラ山』(マウイ島)

などなど、大自然の息吹を感じられるのもハワイの大きな魅力です。

まとめ

日本から約7時間30分で行けるハワイは、1年を通して快適な気候のエリア。

6つの主要な島で構成され、多彩なアクティビティやショッピング、グルメを楽しめます。

また、大自然の魅力を肌で感じられるのも大きなポイントです。

リゾートを満喫したい二人には、うってつけの場所ですね。

「オアフ島」と「ハワイ島」のおすすめスポットをもっと知りたい人は、こちらの記事もぜひ読んでみてください。

ハネムーンの定番、ハワイ!「オアフ島」と「ハワイ島」のおすすめスポットは?

  • LINEで送る

「新婚旅行」の他の記事

「新婚旅行」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る