結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

ピンクゴールドの婚約指輪ってどんな特徴があるの?後悔しない選び方は?

ピンクゴールドの婚約指輪

公式インスタグラムはじまりました!

優しい輝きを放つピンクゴールドは婚約指輪の素材としてプラチナに次いで人気ですが、一方で、

ピンクゴールドって婚約指輪に選んでも大丈夫?」

「可愛らしい印象があるけど、この先長く使えるのかな・・・」

という疑問の声もチラホラ。

そこで今回は、婚約指輪の素材としてピンクゴールドを選ぶときによくある疑問にお答えします。結婚スタイルマガジンは、ジュエリーブランドNIWAKA(ニワカ)のサポートで運営されています。NIWAKAの商品写真を使って解説していることをあらかじめご了承ください。

INDEX

ピンクゴールドの特徴

まずはピンクゴールドの特徴から見ていきましょう。

ピンクゴールドはやわらかな色合いで、優しい輝きを放つ素材。

プラチナやホワイトゴールドといったホワイト色よりも、日本人の肌になじみやすいとされています。

シンプルな婚約指輪は可愛らしく、

NIWAKAの婚約指輪 ことほぎ メレなし、アーム透かしありことほぎ メレなし、アーム透かしあり

デザイン性がある婚約指輪は、さらにファッショナブルに魅せてくれます。

NIWAKAの婚約指輪 パニエパニエ

同じデザインでも、イエローゴールドとピンクゴールドとでは雰囲気がガラッと変わります。

NIWAKAの婚約指輪 花麗(はなうらら)花麗(はなうらら)
左:イエローゴールド 右:ピンクゴールド

イエローゴールドは明るくゴージャスな印象になるのに対し、ピンクゴールドはシックでやわらかい雰囲気になりますね。

イエローゴールド素材の婚約指輪について気になる人は、こちらの記事をどうぞ。

婚約指輪でゴールド(金)を選ぶのってアリ?特徴と魅力を紹介!

どうやってピンクの色味になるの?

ゴールドはとてもやわらかく、延びやすい性質があります。

そのため、ゴールドをジュエリーに加工するときは、強度を高めたり細工しやすくしたりするために、他の金属を混ぜるのが一般的。

金に他の金属を混ぜる様子

他のカラーゴールドより銅を多めに混ぜることで赤味が増し、ピンクっぽい色合いになります。

ブランドによって銅を混ぜる割合はさまざまなので、ピンクゴールドの色味も微妙に異なります。

自分好みのピンクゴールドを見つけるのも楽しみの一つですね。

ちなみに、NIWAKA(ニワカ)のピンクゴールドは、品のある色味にこだわって配合。

ピンクゴールドの婚約指輪

コーディング(メッキ)を施していないためはがれる心配がなく、安心してつけることができますよ。

それでは、婚約指輪の素材としてピンクゴールドを検討するときに抱かれがちな疑問について見ていきましょう。

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

ピンクゴールドは長く使えるの?

「ピンクゴールドは可愛らしいイメージがあるから、この先長くもつけられるか心配・・・」

という人もいるようですね。

そんな人は、シックで落ち着きのある色味のピンクゴールドを選ぶと良いですよ。

先ほどもお伝えしたように、ブランドによってピンクの色味は異なるので、落ち着いた色味のものを見つけてみてください。

様々な色味のピンクゴールドの指輪

よりかわいらしい印象を抑えるなら、デザインを甘くしすぎないなどお店のスタッフに相談するとGOODです。

また、結婚指輪はプラチナ素材のものにして、二本の指輪を重ねてつけるのも一つの手。

NIWAKAのセットリング 婚約指輪 パルファン 結婚指輪 パルファン上:婚約指輪 パルファン
下:結婚指輪 パルファン

NIWAKAのセットリング 婚約指輪 露華(ろか) 結婚指輪 朝葉(あさは)上:婚約指輪 露華(ろか)
下:結婚指輪 朝葉(あさは)

かわいらしい印象が抑えられ、ラグジュアリー感のあるおしゃれなつけこなしに。

日常シーンでも違和感なくつけることができますよ。

強度は大丈夫なの?

「もともとゴールドは柔らかい素材って聞いたことがあるんだけど・・・」

という人もいるかもしれませんが、ゴールドは銀や銅を混ぜることによって強度を高めることができます。

ピンクゴールドは、他のカラーゴールドに比べて銅の比率が高いので、より硬度が高く耐久性があります。

たくさんの銅の棒

その分、ピンクゴールド素材の指輪はサイズ直しの対応が他の素材と異なる場合も。

サイズ直しについては、お店のスタッフに確認しておくと安心ですよ。

ダイヤモンドはきれいに見える?

婚約指輪はダイヤモンドがメインのデザインが多いですね。

婚約指輪に使われるダイヤモンドは無色透明のものがほとんど。

無色透明のダイヤモンドをピンクゴールドの爪で支えた場合・・・

「爪の色がダイヤモンドに映り込んで、ダイヤに色があるように見えたりしないかな?」

と思う人もいるかもしれません。

実際はダイヤをセッティングする台座(=石座)に透かしが入っていたりするので、金属の色の映り込みはさほど気にする必要はありません。

石座の説明

どうしても気になるなら、爪や石座のみプラチナ素材を使っている婚約指輪もあるので、そちらを選んでみてはいかがでしょう。

NIWAKAの婚約指輪 サンティエサンティエ

ピンクゴールドは変色するってホント?

ピンクゴールドは、ゴールドに銅や銀などの金属を配合することで、その優美なピンクの色味を表現しています。

混ぜた銅や銀が酸化してピンクの色味が変わることはありますが、赤みが増す程度です。

極端に美しさを損ねる色味になることはないので、そこまで心配することはありませんよ。

婚約指輪を付けて喜ぶ女性

仮に、変色が気になる場合でも大丈夫。

日頃の簡単なお手入れや、購入したお店で磨き直しなどのメンテナンスを受けることで、輝きを取り戻すことができますよ。

ここでは、自分でできる簡単なお手入れを紹介しますね。

自分でできる!変色への対処方法

婚約指輪を使用したら、貴金属専用の磨き布で酸化してしまった表面の膜を拭き取ります。

婚約指輪の手入れをする様子

黒ずみが出てきたときは、中性洗剤などで優しく磨きましょう。

それでも戻らない場合は、購入したお店に持って行ってメンテナンスをしてもらいましょう。

婚約指輪のお手入れ方法について詳しくは、こちらの記事でまとめています。

誰でもできる!婚約指輪・結婚指輪の輝きを保つ簡単お手入れ3ステップ!

悩んだらプラチナとのコンビの婚約指輪も

「婚約指輪の素材をピンクゴールドにするかプラチナにするか・・・
決めきれない!」

そんな人は、ピンクゴールドとプラチナなど、2種類以上の素材を使った「コンビネーションリング」はいかがでしょう。

NIWAKAの婚約指輪 トゥルーストゥルース

単一色の婚約指輪よりもおしゃれで個性的な印象になりますよ。

上の「トゥルース」は丸みのあるピンクゴールドのアームと、プラチナ素材のころんとした石座が特徴の婚約指輪。

婚約指輪を横から見た様子

石座はプラチナのためダイヤモンドをひとまわりもふたまわりも大きく見せてくれます。

下の「アルク」も、アームがピンクゴールドで、石座がプラチナの婚約指輪。

NIWAKAの婚約指輪 アルクアルク

ラウンドブリリアントカットのダイヤのまばゆい輝きと、気品溢れるバゲットカットのふたつの輝きを楽しむことができます。

ピンクゴールドの婚約指輪で人気のデザイン

最後に、ピンクゴールド素材でおすすめの婚約指輪のデザインをいくつかご紹介します。

可愛らしくも品を感じさせるデザイン

NIWAKAの婚約指輪 初桜(ういざくら)初桜(ういざくら)

「初桜」は出会った頃の初々しい気持ちを薄紅の桜でイメージした婚約指輪。

センターに留められたダイヤモンドを枝に咲く桜の花に見立てています。

NIWAKAの婚約指輪 花雪(はなゆき)花雪(はなゆき)

「花雪」は天候や気候によってひとつひとつ形が異なる「雪の結晶」がモチーフの婚約指輪。

ゆるやかなカーブを描いたピンクゴールドのアームは左手薬指によくなじみ、手元を優しく見せてくれます。

また、下の婚約指輪のようにメインのダイヤモンドにメレダイヤを添えることで、より可愛らしい雰囲気を持たせることもできます。

NIWAKAの婚約指輪 ことのはことのは

「ことのは」は片側にメレダイヤモンドをあしらうことで、さりげない可愛らしさを演出。

NIWAKAの婚約指輪 白鈴(しろすず)白鈴(しろすず)

「白鈴」は中央のダイヤモンドに寄り添うように二粒のメレダイヤが留められたデザイン。

両脇のメレダイヤがキラキラ輝き、センターダイヤモンドを大きく見せてくれる効果もありますよ。

下の「木洩日」は、揺らめく水面に輝く光を動きのあるラインとダイヤモンドで表現。

NIWAKAの婚約指輪 木洩日(こもれび)木洩日(こもれび)

メレダイヤが隙間なく留められているため、ダイヤのきらめきが途切れることなく美しい光のラインとなっています。

繊細なミル打ちが特徴の
アンティーク調デザイン

NIWAKAの婚約指輪 クロシェクロシェ

ピンクゴールドならではのやわらかい雰囲気に、アームのしぼりと爪の留め方でアンティーク感を出したこだわりの婚約指輪。

側面から見るとダイヤモンドが宙に浮いているように留められており、光が取り込みやすくなっています。

ミル打ちが施された婚約指輪を横から見た様子

またアームだけでなく、石座の下にも繊細なミル打ちが施されています。


下の「コロル」は、薔薇の花で編み上げた花冠をイメージした婚約指輪。

NIWAKAの婚約指輪 コロルコロル

正面から見ると8本の丸みのある爪の間から石座にあしらわれたミルが見え、繊細な花を表現しているのがわかります。

ピンクゴールドに、白く輝くダイヤモンドが際立つデザインです。

可愛さと華やかさを兼ね備えたエタニティ

NIWAKAの婚約指輪 パニエパニエ

ミル打ちされた金属で囲まれた連なるダイヤモンドで、こぼれんばかりの薔薇の花かごをイメージしたエタニティリング。

同じ大きさのダイヤモンドを、高さを揃えて丁寧に留めてから、ひとつひとつのダイヤの周りにミル打ちが施されています。

エタニティリングを横から見た様子

細部まで手が込んでいるのはもちろん、品のあるピンクゴールドの色味がクラシカルな上品さを漂わせる、ファッション性が高い婚約指輪です。

ひっかかりを気にしたくないなら、下のようなデザインがおすすめ。

NIWAKAの婚約指輪 フェイスフェイス

「フェイス」はダイヤモンドのまわりの金属を彫り起こすことで爪を作り、その爪でダイヤを留めています。

金属の中にダイヤを留めているので、爪がひっかかりにくく、強度があります。

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

まとめ

今回は婚約指輪の素材として人気のピンクゴールドの特徴や、ピンクゴールドを検討するときにありがちな疑問についてお答えしました。

シンプルな婚約指輪は可愛らしく、デザイン性がある婚約指輪は、さらにファッショナブルに魅せてくれるピンクゴールド。

可愛い印象になってしまって長く使えるか不安な人は、落ち着きのある色味のピンクゴールドや、シンプルなデザインのものを選んで甘さを抑えるとGOOD。

また、硬い素材なので強度は申し分ないですし、ダイヤモンドのカラーへの影響もそこまで気にする必要はありません。

ただ、他のカラーゴールドに比べて銅が多く含まれているため、変色が心配な人はお店のスタッフに気を付けたいシーンなどを聞いておくと良いですね。

また、アフターサービスは充実しているかどうか、購入前にしっかり確認しておくと安心です。

ピンクゴールドかプラチナか決めきれない、という人は、コンビネーションリングもおすすめですよ。

ぜひ婚約指輪の素材選びの参考にしてみてくださいね。

SNSでシェア

  • LINEで送る

「婚約指輪のデザイン・素材」の他の記事

「婚約指輪のデザイン・素材」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る