結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

授かり婚の場合、妊娠中に新婚旅行に行くタイミングはいつ?注意点は?

音声で聴く!

0:00

0:00

おめでたいことが重なった「授かり婚」。

マタニティで行くハネムーンは、赤ちゃんと一緒に3人で旅行しているような気分を味わえそうですね。

でも、妊娠中の体の負担を考えると、新婚旅行へ行く時期は慎重に決めたいもの。

新婚旅行に行くタイミングと、どんなことに注意したらいいのか見てみましょう。

INDEX
妊娠中にハネムーンへ行くタイミングは?
かかりつけ医に相談する
移動時間が短い場所を選ぶ
産婦人科の場所を調べておく
ゆったりとしたプランを立てる

妊娠中にハネムーンへ行くタイミングは?

もし、妊娠中にハネムーンに行くなら、安定期と言われている「16週から27週」くらいに行くのが良いと言われています。

妊娠初期は、つわりがひどい人もいますし、流産の可能性もある時期。
逆に89ヶ月の妊娠後期になると、お腹がぐっと大きくなって動くのが大変になってきます。

16週くらいからの安定期に入ると、つわりがおさまる人が多く、流産の確率も低くなると言われています。

それに、それほどお腹も出ておらず動きやすいので、もしハネムーンに行くなら、この時期が良いと言われるんですね。


ですが、「安定期=安全」というわけではありません。

自覚があまりなくても、妊娠中の体は普段と違って疲れやすく、ちょっとした変化にも影響されやすいんです。


では、妊娠中に新婚旅行に行くには、どんなことに注意すれば良いのでしょうか?

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

かかりつけ医に相談する

妊娠中に新婚旅行に行く場合は、妊娠の経過が順調で、母子ともに健康なことが第一条件。

いくら体調が良いからと言って自己判断はせず、まずは普段通っている産婦人科の医師に、ハネムーンを検討していることを相談しましょう。

ハネムーンに行く直前にもきちんと健診を受け、医師の診断を仰ぎます。

ただ、その日の健診で順調でも、妊娠中は何が起きてもおかしくないもの。

医師も「行っても絶対に大丈夫!」とまでは言い切れませんよね。

医師のアドバイスを慎重に検討して、体調を第一にハネムーンに行くかどうかを決めるようにしましょう。

飛行機に乗るのに医師の診断書が必要な場合も

時期によっては飛行機に乗るときに、医師の診断書が必要になることもあります。

事前に書類を作成してもらう必要があるので、かかりつけ医には早めに相談するのが良さそうですね。

移動時間が短い場所を選ぶ

普段ならなんともない移動も、妊娠中は体への負担が大きいもの。

短い移動時間で行ける旅行先を選んだり、途中で休憩をはさんだりして、疲れにくい旅にしましょう。

エコノミークラス症候群に気をつけて

旅行中はどうしても乗り物に乗る機会が増えますよね。 

飛行機などで長時間同じ姿勢で座っていると、下半身が圧迫されて血流が悪くなり、血の塊「血栓(けっせん)」ができやすくなります。

できた血栓が肺の静脈を詰まらせてしまう疾患が、「エコノミークラス症候群」です。

聞いたことのある人も多いかもしれませんね。


妊婦はエコノミークラス症候群になりやすいと言われています。

飛行機や新幹線、車での移動中は、エコノミークラス症候群を防ぐために、

・水分をこまめに取る
・座ったままにならず、12時間に一度は立って歩く
・座ったままできる足のストレッチをする
・体を締めつけない、ゆったりとした服装をする

などを心がけましょう。

産婦人科の場所を調べておく

旅先でもしも体調が悪くなった場合に、すぐに診てもらえるように、旅行先にある産婦人科を事前に調べておきましょう。

助産院や個人がやっている産院だけでなく、できたらNICU(新生児集中治療室)がある大きな病院の場所も調べておくと安心ですよ。

母子手帳を持参しましょう

ハネムーンには必ず「母子手帳」を持参するようにしましょう。

もし旅先で病院にかかることがあった場合に、母子手帳があると、妊娠の経過が分かるので、診察に役立ちますよ。

もちろん「健康保険証」も忘れず持参し、もし何か処方されている薬があるのであれば、「お薬手帳」も持っていきましょう。

ゆったりとしたプランを立てる

新婚旅行はあれもこれもと欲張りになってしまいそうですが、体を第一に考えて、あまり予定を詰め込みすぎないようにしましょう。

疲れてしまったらすぐにホテルに戻って休憩するなど、ゆとりのある旅行プランを心掛けます。

ホテルによっては
マタニティプランがあることも

妊娠中は、足がむくむ人が多いですよね。

旅行中の疲れを癒すマタニティエステなどのサービスを提供しているホテルもありますよ。

張り切って一日中観光に出かけて疲れてしまわないように、ホテルでゆっくり過ごす楽しみ方を見つけるのもGOOD


また、妊娠中は食中毒に気を付けるために、お刺身などの生ものを控えたりしますよね。

事前に妊娠中であることを伝えれば、食事メニューを変更してもらえる場合もあります。

一度ホテルに相談してみると良いですよ。

まとめ

「授かり婚」の場合、妊娠中にハネムーンに行くなら、安定期の「16週から27週」に行くのが良いと言われています。

妊娠中は本人が思っている以上に体への負担が大きいものです。

・移動時間のかからない場所を選ぶ
・かかりつけ医に相談する
・旅先の産婦人科の場所を調べておく
・ゆったりとしたプランを立てる

など工夫をしつつ、妊婦の体調を第一に考えたハネムーンにしましょう。

お腹の赤ちゃんが大きくなった時に、ハネムーンの写真を見ながら、「一緒に行ったんだよ」なんて思い出話ができると良いですね。

  • LINEで送る

「新婚旅行」の他の記事

「新婚旅行」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る