結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

アウトドア派なふたりにぴったり!大自然を満喫できる新婚旅行先とは?

日頃の疲れを癒してくれる大自然。

思いっきり体をのばして、おいしい空気を吸うだけで、心も体も浄化されそうですね。

ゆったり過ごすハネムーンも良いけど、

「私たちは大自然の中でアクティブに!」

というカップルにぴったりの新婚旅行先を紹介します。

INDEX
多彩な国立公園がいっぱい!「アメリカ」
大自然の代名詞!「オーストラリア」
充実のアクティビティ「ニュージーランド」
美しい山々に囲まれリフレッシュ「スイス」
オーロラ鑑賞も楽しめる「カナダ」
氷河と温泉の国「アイスランド」

多彩な国立公園がいっぱい!「アメリカ」

アメリカには極力人の手を加えないで、貴重な自然、生物を原生のまま保存することを目指している「国立公園」がたくさんあります。

数あるアメリカの国立公園の中でも、おすすめの公園を3つ紹介します。

ヨセミテ国立公園

ヨセミテ国立公園では、険しい山と渓谷、大小たくさんの滝からなる壮大な絶景を臨めます。

園内には様々なトレッキングコースがあり、自分たちのレベルに合わせてコースを選べますよ。

世界最大級の一枚岩の「エル・キャピタン」はロッククライミングの聖地。

たくさんのクライマーがチャレンジしに訪れています。

ぜひ見ておきたいのは、渓谷の間を高さ約190mから流れる「ブライダルベール滝」。

ハネムーンにぴったりの名前ですね。

流れ落ちる水が風になびいて花嫁のベールのように見えることから、この名前がついたとか。

午後には滝にかかる虹を見られることもありますよ。

イエローストーン国立公園

イエローストーン国立公園の広さは、なんと東京都の約4倍!

この公園は1872年に制定された、世界で初めての国立公園です。

この公園の一番の特徴は、一定の間隔で水蒸気や熱湯を噴出する間欠泉や温泉など、地熱による現象をあらゆる場所で見られるところです。

凄まじい地球のエネルギーを間近に感じられそうですね。

一番の見どころは、「オールド・フェイスフル・ガイザー」。

約4万リットルもの熱水を、約50mの高さまで噴き上げる様子は圧巻です。

7色に輝く温泉「グランド・プリズマティック・スプリング」も見逃せません。

エメラルドブルーの温泉の周囲が、徐々に黄色、オレンジ、茶色と変わっていき、何とも言えない色合いを作り出しています。

この公園では、トレッキングや乗馬、フィッシング、冬にはクロスカントリーや雪の上を歩くスノーシューも楽しめますよ。

デナリ国立公園(アラスカ)

野生の動物を間近で見たい!というカップルにおすすめなのが、アラスカの「デナリ国立公園」。

グリズリーベアやムース(ヘラジカ)、カリブー(トナカイ)、ドールシープ(羊)、オオカミなど、たくさんの野生動物を見ることができます。

ここに行くならぜひ、秋のシーズンを狙ってください!

秋になると、コケなどのツンドラ固有の背の低い植物が紅葉して、大地がまるで真っ赤な絨毯のようになるんです。

日本の紅葉とは全く違う景色を楽しめますよ。

それに、冬眠に入る前の野生動物たちが、エサを求めて活発に活動するため、遭遇する確率がぐっと上がります。

アラスカの秋は8月末から9月中旬までの約2週間程度と、とっても短いので、紅葉も楽しみたいなら、タイミングを逃さず早めに計画を立ててくださいね。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

大自然の代名詞!「オーストラリア」

とにかくビッグスケールな自然を満喫できるオーストラリア。

世界最大のサンゴ礁群「グレートバリアリーフ」での、シュノーケリングやスキューバダイビングが大定番。

カクレクマノミやウミウシなどのカラフルで小さな生物から、ウミガメやサメ、マンタのような大物も見ることができますよ。

潜るポイントによって見られる魚やサンゴが違うので、滞在中にたくさんのスポットを巡って、ふたりのお気に入りのポイントを探してみては?

充実のアクティビティ「ニュージーランド」

オーストラリアのお隣、ニュージーランドも、自然が豊かで空気がとてもきれいな国。

そんなニュージーランドは、アクティビティがとても充実している国でもあるんです。

スカイダイビングやリバーラフティングのようなスリリングなものから、シーカヤックやハイキング、サイクリングなど、誰でも参加しやすいものまでたくさんあります。

大自然の中で体を動かすのは気持ちが良いですよね。

また、「フィヨルド」と聞くと、北欧を思い出す人が多いかと思いますが・・・

実はニュージーランドも、フィヨルドを見ることができる国の1つなんです。

フィヨルドとは、大昔に氷河の浸食作用によって作られた、複雑な形をした湾や入り江のこと。

「フィヨルドランド国立公園」の「ミルフォード・サウンド」では、カヤックやフェリーに乗ってフィヨルドの壮大な景色を楽しむのがおすすめです。

また、サザンアルプスの山岳地帯に囲まれた「テカポ湖畔」は、天体観測で人気のスポット。

日本ではなかなか見ることができない南十字星を見ることができますよ。

昼間のテカポ湖はミルキーブルーに輝き、そのかなた遠くに見えるサザンアルプスの山々の緑とのコントラストは、いつまでも眺めていたい風景です。

美しい山々に囲まれリフレッシュ「スイス」

まるで絵葉書のように美しい景色が広がるスイス。

迫力あるアルプスの山並みが魅力ですね。

山岳地帯をハイキングやトレッキングして、たどり着いた美しい湖を眺めて深呼吸。

心身ともにリフレッシュできるハネムーンになりそうですね。

そして、スイスで外せないのが「登山鉄道」。

かわいらしいデザインの列車が、アルプスの険しい岩肌や急勾配を力強く上っていきます。

いくつか登山鉄道がありますが、最も有名なのは「ユングフラウ鉄道」。

ユングフラウ三山とも呼ばれる、「アイガー」、「メンヒ」、「ユングフラウ」を貫くトンネルを通り抜け、9.3kmの道のりを約50分かけてゆっくりと登って行きます。

登山鉄道に乗りながら、「どうやってこのトンネルを作ったんだろう?」と考えてしまいそう。

到着駅はヨーロッパで一番標高の高い場所にある「ユングフラウヨッホ駅」。

ユングフラウヨッホには展望台があって、晴れの日にはメンヒやユングフラウの山並みとアレッチ氷河が見渡せますよ。

オーロラ鑑賞も楽しめる「カナダ」

川や湖が多いカナダでは、カナディアンロッキーの山々を眺めながらのカヌーやカヤックなどのアクティビティが人気。

冬は北米トップクラスの広さのゲレンデで、スキーやスノーボードも楽しめますよ。

「ウィスラー・ブラッコム」は、なんと200以上もコースがあるビッグスケールのスキー場。

標高差が約1,600m、最長滑走距離は約11kmもあり、世界中のスキーヤー、スノーボーダーの憧れのゲレンデです。

「イエローナイフ」では、冬は11月~4月、夏は8月~9月に、高い確率でオーロラを見ることができると言われています。

幻想的なオーロラのカーテンを眺めながら、ゆっくりと夜を過ごすのもロマンチックですね。

氷河と温泉の国「アイスランド」

国土のおよそ1割が、氷河で覆われているアイスランド。

東部にある「ヴァトナヨークトル氷河」は、冬になると氷河の下に青く輝く「氷の洞窟」ができ、その中を探検できます。

この洞窟は夏になると溶けて、また秋になると出現するので、毎年場所や形が変わるんです。

二度と同じものを見ることができないなんて、なんだか貴重でステキですね。

アイスランドは火山や地熱の活動が活発なので、たくさんの温泉があることでも有名です。

「ブルーラグーン」という湖のように巨大な世界最大の露天風呂は、青色乳白色の美しい色をしています。

水着を着用して、夫婦一緒に温泉に入れますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「大自然」とひと口で言っても、世界中にはいろんな場所があるんですね。

楽しめるアクティビティもたくさんありました。

ぜひふたりにぴったりのハネムーン先を見つけてくださいね。

  • LINEで送る

「新婚旅行」の他の記事

「新婚旅行」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る