ダイアモンドについて | ブライダルリングの基礎知識

Diamond

ダイアモンドについて

Q.婚約指輪にダイアモンドを使う理由は何ですか?
A.

ダイアモンドは「征服されざる者」という意味を持つギリシア語の アダマス(Adamas)が語源です。
ダイアモンドはダイアモンドでしか研磨ができないほど固い性質を持つため、このような名前がついたと言われています。
その後、研磨技術の発展により他の宝石よりも際立つ輝きの美しさを持つことから世界中の人たちがダイアモンドの魅力に引き込まれていきました。
現在では永遠の輝きを放つダイアモンドは、婚約指輪に留める宝石として選ばれています。
俄では、ダイアモンドの一番の特徴である輝きにこだわり、独自のカットを施した俄ダイアモンドもご用意しております。詳しくはダイアモンドの基礎知識や俄ダイアモンドについて説明した動画「The Story of DIAMONDS」をご覧ください。

「ダイアモンドの基礎知識 The Story of DIAMONDS」を見る

Q.ダイアモンドにつく鑑定書は信頼できますか?
A.

鑑定書はダイアモンドの鑑定機関が発行しているため、信頼のおける鑑定機関の鑑定書が安心です。世界的に信頼されている鑑定機関としてGIA(米国宝石学会)があります。
ダイアモンドの評価基準である「4C(カット、カラット、カラー、クラリティ)」を考案した鑑定機関であり、非営利団体であることから、依頼者を含めどこからの影響も受けることなく、第三者による立場で鑑定していることから信頼されています。
そのため、世界的なジュエラーがGIAの鑑定書を使用しているだけでなく、有名オークション会社(クリスティーズ・サザビーズ)もGIAに鑑定を依頼しています。
俄でも第三者機関により客観的に品質を証明するため、GIAの鑑定書を使用しています。その他、一生ものの婚約指輪に相応しく信頼のおけるCGL(中央宝石研究所)発行の鑑定書付きダイアモンドなどもお選びいただけます。

Q.結婚指輪にダイアモンドが付いていた方がよいですか?
A.

結婚指輪はおふたりの想いを形にしたものです。ダイアモンドが入っているなどを含めて、デザインはお好みでお選びいただいています。ダイアモンドの入ったデザインでも、全面にダイアモンドをあしらった華やかなものから、デザインの一部として留められ、さりげない輝きを楽しめるデザイン、またお守りとしてリングの内側にダイアモンドを留めるなど、末永くご愛用いただるよう様々なタイプをご用意しております。

Q.婚約指輪のダイアモンド選びのポイントについて教えてください。
A.

俄では、初めてダイアモンドをご覧になる方でも安心してお選びいただけるように、取扱いのあるダイアモンドだけでなく、ダイアモンドそのものの魅力や特徴をしっかりとご案内しています。
ダイアモンドは世界的に「4C(カット、カラット、カラー、クラリティ)」と呼ばれる判断基準によりひとつひとつ評価することができます。俄ではダイアモンドの一番の魅力である輝きにこだわり、最も輝きに影響を与える「カット」は最高評価「トリプルエクセレント(3EX)」のみをご用意しております。
「カラー(色味)」や「クラリティ(透明度)」、「カラット(重さ)」などはお好みによりお選びいただけます。
その品質を客観的に証明する鑑定書は、第三者機関であり世界的なジュエラーからも信頼の高い鑑定機関であるGIA(米国宝石学会)のものを使用しております。その他、一生ものの婚約指輪に相応しく信頼のおけるCGL(中央宝石研究所)発行の鑑定書付きダイアモンドなどもお選びいただけます。
さらに俄では輝きと見た目の美しさにもこだわった特別な「俄ダイアモンド」もお選びいただけます。通常の「トリプルエクセレント(3EX)」のダイアモンドを選ばれる方もいらっしゃいますし、俄がこだわりお作りしている希少価値の高い「俄ダイアモンド」を選ばれる方もいらっしゃいます。詳しくはダイアモンドの基礎知識や俄ダイアモンドについて説明した動画「The Story of DIAMONDS」をご覧ください。
俄では、お客様の手や指に合うバランスも含めてダイアモンドをご提案させていただき、婚約指輪を選ぶお手伝いをいたします。お好みやこだわり、ご不安な点などを伺いながら、リングを選ぶお手伝いをいたしますので、お気軽に店舗スタッフにご相談ください。

「ダイアモンドの基礎知識 The Story of DIAMONDS」を見る

Q.「婚約指輪のダイアモンドは大きい方がよい」というのは本当ですか?
A.

大きさを重視されるお客様もいらっしゃいますが、俄ではお客様のご使用イメージやこだわりを伺った上で、ダイアモンドをおすすめしております。
それはダイアモンドは大きさだけでなく、形や輝きも重要でありダイアモンドの存在感を左右するためです。またリングのデザインや結婚指輪とのコーディネートもダイアモンドの大きさを選ぶ上で重要なポイントになります。

Q.ダイアモンド付きの結婚指輪でも、着けたままで問題はありませんか?
A.

結婚指輪は日常生活でお着けいただけるデザインです。しかしながら、リングにダイアモンドが入っている、入っていないを問わず、重いものを持たれる時や力のかかる作業をされる時は変形の原因となるため、リングを外されることをおすすめしています。また、就寝時や運動時などの着用にはご注意ください。サウナなどの高温の場所、あるいはスキー場など極寒地での着用は火傷や凍傷の原因となる場合がありますのでお避けいただきますようお願いいたします。

WISH LIST

ウィッシュリスト

ウィッシュリストに登録されたリングをご覧いただけます。

閉じる