結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

自然がテーマのナチュラルテイストな結婚式テーブルコーディネート集

音声で聴く!

0:00

0:00

ナチュラルなテーブルコーディネート

公式インスタグラムはじまりました!

最近は、自然体でいられるナチュラルなウェディングスタイルが人気を集めていますね。

そこで今回は、ナチュラルテイストなゲストテーブルの装飾アイデアをご紹介します。

ゲストテーブルの装飾は、披露宴中ゲストが過ごす場所だからこそこだわりたいもの。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

INDEX

ナチュラルっぽさを出す装花のポイントは?

結婚式のテーブルコーディネートにナチュラルっぽさを出すコツを、

・装花
・席札、メニュー表などのペーパーアイテム
・小物

の3つに分けて見ていきましょう。

3つの星

まずは装花から。

ナチュラルテイストなテーブルにするには、草木をふんだんに取り入れるのがポイントです。

グリーンとキャンドルで装飾されたテーブル

お花は葉っぱのグリーンが引き立つ白で統一したり、ゴージャスなものより小ぶりなものを選んだりして、控えめに。

かすみ草やクラスペディア、千日紅など、摘んできた野花のような素朴なお花を添えるとかわいいですよ。

クラスペディアと千日紅(左:クラスペディア 右:千日紅)

小ぶりの花が中央に飾られた流しテーブル

ハーブや多肉植物、果実などを使ってデコレーションするのもおすすめです。

お花を瓶に挿すのではなく、木箱にアレンジメントするとナチュラルっぽさが増します。

白い花とグリーンが生けられた木箱

今摘んできたばかりのようにバスケットに飾れば、カントリー風なアレンジに。

テーブルナプキンに、ラベンダーのドライフラワーをさりげなく添えるのもかわいいですよ。

テーブルナプキンに添えられたラベンダーのドライフラワー

最近、人気なのは「グリーンモス(苔)」を使ったアレンジ。

グリーンモスが飾られたテーブルコーディネート

枯れずに扱いやすいイミテーションのグリーンモスは、100均などで簡単に手に入りますよ。

グリーンモスで会場を癒しの空間にしてみてはいかがでしょう。

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

ナチュラルテイストなペーパーアイテムたち

ゲストテーブルに置く席札やメニュー表などのペーパーアイテムも、ナチュラルテイストにすると統一感が出ます。

リーフモチーフのペーパーアイテム

リーフやお花など植物をモチーフにしたデザインのものにしたり、

素材がぬくもりを感じられる「クラフトペーパー」のものを選んだりすると、ナチュラルウェディングにぴったり。

麻紐やレース、リーフなどと合わせれば、よりナチュラルに仕上がります。

ミニチュアの植木鉢に席札を挿して置いておけば、テーブルコーディネートのかわいいアクセントになりますよ。

ミニチュアの植木鉢の席札

ナチュラルさを演出する小物

ナチュラルウェディングのゲストテーブルに置きたい、かわいいアイテムをいくつかご紹介します。

キャンドル

ナチュラルウェディングに欠かせないアイテムと言えばキャンドル。

キャンドルはかすみ草などナチュラルな装花との相性もバツグン。

カスミソウのテーブルコーディネート

キャンドルのまわりをかすみ草で飾り付けてかわいくアレンジしましょう。

ドライフラワーとレースペーパーをキャンドルに巻いてみてもかわいいですよ。

キャンドルに巻かれたドライフラワーとレースペーパー

会場をよりロマンチックな雰囲気に仕上げたいなら、「フローティングキャンドル」の演出がおすすめ。

器の長さを変えたりして、ゆらゆらとキャンドルを水に浮かばせてみてはいかがでしょう。

水に浮かぶフローティングキャンドル

ウッド調のアイテム

自然を感じさせるウッド調のアイテムを取り入れると、素朴で優しいコーディネートに。

切り株の上に花瓶やキャンドルを置くアレンジだけで、グッと雰囲気が出ます。

切り株の上にのせられた花瓶やキャンドル

白とグリーンを基調としたコーディネートによく合います。

切り込みを入れて席札ホルダーにするのもいいですね。

切り株の席札ホルダー

木のイニシャルオブジェやテーブルナンバーもぬくもりを感じさせます。

木の板に数字が書かれたテーブルナンバー

アンティーク調の洋書

古めかしい洋書を加えれば、アンティークな雰囲気に。

洋書と装花のテーブルコーディネート

洋書を積み上げて、その上にお花を詰め込んだガラスの器などを置くと、おとぎ話みたいにかわいいですよ。

動物のオブジェ

ひょっこり顔を出したかのように動物のオブジェをセッティングすれば、まるで森の中にある結婚式場のような演出に。

装花と小鳥のオブジェ

かわいい動物がお出迎えしてくれたら、ゲストもほっこりした気持ちになってくれそうです。

バンビや小鳥など、テーブルごとにさまざまな動物を置いてみては?

ウェディングケーキのそばに置かれた鹿のオブジェ

ゲストテーブルのコーディネートのアクセントになるアイテムを3つ紹介しました。

どれもナチュラルな結婚式を彩るのにぴったりで、高砂のコーディネートにも使えます。

それでは、ナチュラルなテーブルコーディネートの具体例をテイスト別に見ていきましょう。

白×グリーンの定番ナチュラルコーデ

まずは、テーブルクロスや装花の色を白で統一して、グリーンをメインにしたコーディネートから。

白い花とスモーキーグリーンのテーブルコーディネート

「ホワイト×グリーン」の組み合わせは、ウェディングシーンでは定番の組み合わせ。

スモーキーなグリーンを合わせれば、ナチュラルな質感ながらも上品で洗練された空間に。

切り株をプレースマットにしたナチュラルテイストなテーブルコーディネート

切り株をプレースマットにするのもおしゃれ。

かすみ草をアレンジに加えると、ふんわり感が出てナチュラルなかわいさを演出できます。


白とグリーンだけだと物足りないという人は、淡いピンクやブルー、黄色などをアクセントとして入れてみてはいかがでしょう。

淡い色の花とグリーンのテーブルコーディネート

テーブルの真ん中に積まれた洋書の上に、お花が挿された丸いガラスボールがのっていて、おしゃれです。

こちらは、グリーンモスをたっぷり使ったテーブルコーディネート。

グリーンモスがランナーのように装飾された流しテーブル

テーブルの真ん中に敷き詰められたグリーンモスがテーブルランナーのようで、コーディネートのアクセントになっています。

ブラウンを取り入れたヴィンテージコーデ

グリーンにブラウンを合わせれば、ヴィンテージ感のあるナチュラルコーデに。

中央に白い花とグリーンの花瓶が置かれた木の流しテーブル

スモーキーなグリーンにブラウンのオールド感が合わされば、海外のウェディングのようなおしゃれさ。

中央にグリーンやキャンドルが装飾された木の流しテーブル

会場にウッド調のテーブルがないなら、ブラウンやアイボリーのテーブルクロスやテーブルランナーを取り入れてみましょう。

アイボリーのランナーを使用したナチュラルテイストなテーブルコーディネート

グリーンに、はっきりした色味の花をアクセントとして入れたコーディネートもGOOD。

赤い花とグリーンのテーブルコーディネート

テーブルが濃いブラウンなので、明るい色味を入れてもナチュラルな雰囲気が損なわれませんね。

ちょっぴりヴィンテージ感を出したいなら、「ドライフラワー」を使ったアレンジがおすすめ。

花瓶にいけられたドライフラワー

高砂やゲストテーブルに置くだけで、会場がアンティークな空間になりますよ。

淡いカラーを合わせてナチュラルかわいく

最後に、淡いカラーを取り入れたナチュラルかわいいコーディネートをいくつか紹介します。

紫陽花やグリーンのコーディネート

スモーキーなグリーンにパステルピンクのお花を合わせれば、海外ウェディング風ナチュラルコーディネートに。

スモーキーなグリーンとパステルピンクの花のテーブルコーディネート

ウッド調のテーブルナンバーもよくマッチしています。

ブラウンのテーブルにブルーのランナーを敷いたナチュラルコーデもおしゃれ。

ブラウンのテーブルにブルーのランナーが敷かれたテーブルコーディネート

グリーンとホワイトの組み合わせに、イエローを差し色として持ってくれば爽やかなコーディネートに。

イエローを差し色にしたホワイトとグリーンのコーディネート

クラスペディアや菜の花などの小花を合わせると、バランスが取りやすいですよ。

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

まとめ

ナチュラルウェディングは、グリーンをふんだんに使うのがポイント。

お花もゴージャスなものではなく、かすみ草など小ぶりなものを合わせるのがおすすめです。

「ホワイト×グリーン」の組み合わせはナチュラルウェディングの定番。

ブラウンを取り入れれば、ヴィンテージ感が出て、海外ウェディングのようなおしゃれさを演出できます。

ナチュラルな雰囲気に包まれた会場で、来てくれたゲストもゆっくりくつろげるはず。

みんなが自然体でいられるような結婚パーティーを楽しんでくださいね。

SNSでシェア

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式のアイテム」の他の記事

「結婚式のアイテム」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る