俄が贈る、上質の京都

俄がおすすめする、京の宿 柊家

柊家について

俄が推薦する京の宿は、文政元年(1818年)に創業し、「来者如帰」の心で客人をもてなす「柊家」。
世界の芸術家や政治家、財界人たちに愛された、京都が誇る老舗旅館をお楽しみください。

来者如帰

柊家の由来と歴史

時は幕末文政元年(1818年)、福井から青雲の志を抱き京に上がった先祖が
この地に居を構え、運送業、海産物商を始めたのが柊家のはじまりです。
その名の由来は下鴨神社の境内にある比良木神社。
邪気を祓う柊の木が自生するこの神社に先祖は深く帰依し
それをなぞらえ屋号を「柊家」と致しました。
その後二代目定次郎は、本業より柊家政貫と号するまでに鍔目貫の技を長じ
そのため請われるままに提供していた宿を文久元年(1864)に本業とする。
幕末の志士達、明治時代からの皇族方、文人墨客の方々をはじめ
戦後は国際観光の進展に伴い海外のお客様をも迎え
二百年近い伝統を大切に、京の宿として今日に至っている。

お部屋のご案内

旧館 旧館 旧館
  • 旧館
  • 旧館
  • 旧館
旧館
江戸末期から昭和までの風情が残る数奇屋造り。
古都・京都の旅情を満喫できるお部屋。
新館 新館 新館
  • 新館
  • 新館
  • 新館
新館
新しい時代に合わせた設備と快適さと共に、洗練された和の設えを兼ね備えたお部屋。新しさの中に柊家の伝統と変らぬおもてなしの心が受け継がれている。

お食事例

お食事のご案内

夕食
新鮮な旬の材料を吟味して調理した京料理を、
清水焼など選りすぐった器を使い、風味ゆたかに供される。
朝食
一日のはじまりに、こだわりの京の湯豆腐や焼魚等、
心と身体にやさしいお食事です。
ご希望で洋朝食にも変更可能です。

ページの先頭へ