結婚準備の基礎知識

part3ブライダルフェア

なんとなくでも「結婚式を挙げようかな」と考えているなら、一度“ブライダルフェア”に参加してみて。「どんな雰囲気の式場がいい?」「ゲストがよろこぶ料理って?」「私に似合うドレスは?」etc…。フェアに行けば本番さながらの式を体験できるから、ぼんやりしていたイメージもかたまって結婚式の夢もふくらみます♪

SUMMARY.001>>>

step1行ってみた!〝はじめてのブライダルフェア”

ブライダルフェア初心者にオススメな人気の体験&見学フェアを5つご紹介。フェアに行けるのは、花嫁花婿の特権!楽しみながら結婚式の雰囲気をつかんで。
※ご紹介するフェアは一例です。会場により内容は異なります。

SUMMARY.002>>>

1模擬挙式体験フェア

挙式の流れを把握できるので、ふたりの結婚式ムードを高めるのにぴったりなフェア。バージンロードの長さ、チャペルの天井の高さや全体の明るさなども実際に目で見て確かめて。

【Happy体験1/模擬挙式にうっとり♡】

…新郎新婦に扮したモデルが挙式本番の様子を実演。教会式以外にも、神前式や人前式の模擬挙式を行っている会場も。当日さながらの緊張感を味わえます。

憧れのチャペル挙式。モデルのふたりに自分たちの姿を重ねて…
「ドレスの後ろ姿って結構大切!」
「姿勢もポイントだね」
ゲストからの見え方は?参列者席からじっくり確認。

【Happy体験2/バージンロードで新郎新婦気分♡】

…“結婚式当日ってこんな感じ…?”。夢をふくらませながら腕を組んで入場。新郎新婦になりきって、とびきりの幸せをかみしめよう!

厳かな雰囲気の中、ひと足早く愛を誓って。
「今からもうドキドキしてきちゃった!」
同じ景色を見ながらだと、理想の式スタイルも描きやすい!

【Happy体験3/フラワーシャワーのサプライズ】

…チャペルを出た途端、式場スタッフからフラワーシャワーのおもてなし。花びらの舞いと突然の祝福を浴びて、思わず笑顔も満開!

花びらと一緒に降り注ぐ「おめでとうございます」の呼びかけ。
「映画のヒロインになったみたい」
「一度、体験してみたかったの」
「うれしいけど、ちょっと照れるね(笑)!」
〝素敵な結婚式″のヒントが随所に。参考にしつつ、主役気分で楽しんで!

◎行ってよかった♡「模擬挙式体験フェア」

「本番ではやらないスタイルの挙式まで体験できた♡」
神前式と教会式で迷っていたので、どちらのスタイルのフェアにも参加。最終的に神前式にしましたが、フェアで教会式も体験できたのでいい記念になりました。(KOOさん/主婦/ 20代)

「『やりたい結婚式』イメージが明確に」
フェアに参加するまで理想の式スタイルが漠然としていました。模擬挙式に参加して〝自然光がたっぷり入るチャペル”が好みなんだと自分で気づくことに。実際に会場を見ると具体的にイメージできます。(樋口かおりさん/会社員/ 20代)

SUMMARY.003>>>

2料理試食体験フェア

おいしい料理が試食で味わえる「料理試食」。ゲストの顔ぶれを想像しながら「来てよかった!」と思ってもらえるように、どんな料理がよろこばれるかじっくり吟味!

【Happy体験1/プロのおもてなしを体感】

…スタッフの立ち振る舞いも式場選びの大切なポイント。飲み物や料理の配膳から細かい気遣いまで、ゲスト目線でジャッジして。

「本日のお料理にはこちらの赤ワインがおすすめです」
「わぁ♡」
「スマートなプロのサービスにほれぼれ」
料理について分からないことは何でも質問!
「初フェアに…乾杯♪」

【Happy体験2/見た目も楽しいお皿の彩り】

…ゲストが目にした瞬間ワクワクするか…?料理の盛り付けやお皿、色合いなど味以外のビジュアルも抜かりなくチェック。

「こんなにおしゃれな見た目ならみんなよろこぶね!」
美味しそうな料理を前に結婚式トークにも花を咲かせて。
ふたりの結婚式を盛り上げるのはどんなメニュー?

【Happy体験3/こだわり料理をじっくり堪能♪】

…いざ実食!ワンプレート試食からフルコース試食まで試食のボリュームや内容もフェアによっていろいろ。所要時間やこだわりたいポイントでチョイスを。

「男性ゲストも満足しそうなボリュームだね!」
「お肉やわらか~い」
「食べやすいから年配ゲストも安心!」
味付けだけでなく、量や食べやすさにも注目したい。
美味しい料理にデート気分も盛り上がって♡

◎行ってよかった♡「料理試食体験フェア」

「シェフと直接相談できるフェアがオススメ」
料理には一番こだわりたかったので、試食会があるフェアばかり回っていました。中でもシェフが顔を見せてくれるフェアは、素材についての質問や細かいアレンジの相談もできてよかったです!(まーみんさん/主婦/ 20代)

「有料の試食会に参加。フルコースでじっくり吟味」
第一希望だった会場の試食会はフルコースで3000円と有料。式でふるまわれる料理とまったく同じ内容が味わえるとのことだったので参加することに。おかげでメニュー構成やボリュームがゲストの顔ぶれに合うかどうかも、きちんと確かめられました。(アニマルさん/会社員/ 30代)

SUMMARY.004>>>

3会場見学&相談会フェア

パンフレットや雑誌の掲載写真だけでは分からないリアルな会場の広さや雰囲気はここで確認。式本番さながらの飾りつけがされた披露宴会場やロビーなどを見て回って、疑問や不安はプランナーさんに相談を。

【Happy体験1/外まわりを散策&見学】

…会場によっては、プールやガーデン、テラスがあるところも。開放的な外まわりを利用した演出も人気なのでフェアでは忘れずに見学。

「海外ウェディングみたいなリッチな雰囲気!」
「ウェルカムパーティもやってみたいね!」
「プールサイドでナイトウェディングとかも大人っぽいかな?」
「キャンドルをたくさん並べて…素敵♡」
写真映えしそう?当日の撮影もイメージして下見

【Happy体験2/会場の雰囲気をチェック!】

…設備や装飾品、会場コーディネートのセンスも事前に抑えておきたい大事なポイント。特別な一日だからこそ、とっておきな空間でゲストをお出迎えしたい。

会場を実際に歩いてみてお互いの感想を話し合おう。
ゲストが過ごす待合室や披露宴会場は念入りに…。
「わぁ、すごく広い会場―!」
「ゲストは100名まで収容可能ですよ」
「装花はどんなものが人気ですか?」
「最近はナチュラルなグリーン系や…」
気になったことはプランナーさんにその場でヒアリング。
「絶対、かすみ草たっぷりのブーケがいい♡」
「決めるの早いね(笑)」
見学→相談の流れで新しいイメージもどんどんわいてくる!
席同士の距離感や配置も窮屈でないかゲスト目線で確かめて

【Happy体験3/ゲスト気分でイメージを記録】

…帰宅してから冷静に複数の会場をじっくり比較検討するためにも写真はこまめに撮っておくとベター。他のゲストの都合や撮影NGの場所もありうるので、スタッフには「撮っても大丈夫ですか?」と、ひと言お断りを。

「この席から会場全体を見やすいよ」
「ありがと♡」
「可愛い花嫁さん!最高のスマイルでお願いします」
「え~っ(笑)」
会場が暗い場合もあるのでデジカメを持参すると安心。
「わっ!撮ってる!?」
「え~っと、え~っと…」
「ハイ、ポーズ♪」
気になったらすぐに記録。なるべくたくさん写真に撮っておこう

【Happy体験4/プランナーさんに相談】

…フェアで気になったこと、不安に思ったことは遠慮せずなんでもプランナーさんに話してみよう。会話のやりとりをしていくうちに、ぼんやりしていたイメージが明確になっていきます。

「フェアは何軒か回られているんですか?」
「今日が初めてなんです!」
あらかじめ質問内容をまとめておくと、さらにスムーズ。
もちろんノープランでも大丈夫!その場で見積もりももらえるので参考に。

◎行ってよかった♡会場見学&相談会フェア

「ゲスト気分で細かい部分をチェックできた!」
エントランス部分やゲスト用お手洗いなど、当日自分たちでは見られない部分をゲスト目線で確認することができました。普段どれぐらいお手入れや掃除がきちんとされているかという目安にも。(えりりんさん/会社員/ 30代)

「親身な対応に安心できた。プランナーとのカウンセリング」
予算もイメージも真っ白な状態でフェアにのぞんだ私たち。不安でいっぱいでしたが、プランナーさんが丁寧に話を聞いてくれました。おかげでやりたい結婚式のイメージがわきホッとしたことを覚えています。(T・Kさん/会社員/ 20代)

SUMMARY.005>>>

4ドレス試着体験フェア

式へのモチベーションがぐんとUPする「ドレス試着」。憧れのウェディングドレスに袖を通せば気分はすっかり花嫁さん♪

【Happy体験1/夢ふくらむドレス選び】

…会場の衣裳サロンにはいろいろな素材やデザイン、シルエットのドレスがずらり。スタッフからのプロならではのアドバイスにも耳を傾けて、型にハマらずお気に入りを選んでみて。

まずはフィーリング!気になる1枚を手にとることから始めよう。
「どれがいいかな?」式で隣に並ぶ彼の意見も聞いてみて。
「大人っぽくて華やかに見えるドレスは…?」
「レース切り替えは上品さもあってお似合いだと思います!」
意外なデザインがしっくりくることも。好みではないドレスにもチャンレジできる絶好の機会!

【Happy体験2/憧れのフィッティング♡】

…ドキドキワクワクの試着タイム!会場によってはアクセサリーなど小物類の用意がある場合も。ぜひトータルコーディネートを楽しんで。

“初ドレス。彼はどんな顔するかな…?”
髪の毛もアップにするとイメージがさらにつかみやすい。
何着か試着を重ねてみると「似合うドレス」がより明確に
「どう…かな…?」
「うん…可愛すぎでしょう(照)」
世にも可愛い花嫁姿♡その記録もお忘れなく!
「じゃーん!全身はこんな感じ♪」
「なんでずっとニヤけてるの(笑)?」

◎行ってよかった♡ドレス試着体験フェア

「彼女のドレス姿に感動!結婚式にも前向きに」
ドレス試着体験で初めて見た彼女のドレス姿。もともと、フェア自体にあまり気乗りしていませんでしたが〝本当に結婚するんだ″と実感が湧いたことをよく覚えています。(Y.O.さん/会社員/ 30代)

「好きなドレスと似合うドレスは違うとわかりました」
一番楽しみにしていた「試着体験」。憧れのプリンセスラインを着てみましたが、あまり似合わずガックリ。でも「ムリ」と決めつけていたマーメイドラインを着てみると意外としっくり。いろいろなドレスタイプを試着できるフェアでよかったです。(Maiさん/会社員/20代)

SUMMARY.006>>>

5演出体験フェア

ゲストを楽しませるための演出が体験できるフェア。ブーケトスやバルーンリリースなどの挙式演出や、ウェルカムスペースのアイテムやデザートビュッフェなどのおもてなし演出、映像や音響照明演出など会場によってさまざま。ゲストの笑顔を想像しながら体感してみて。

【Happy体験1/フォトプロップスで楽しい待ち時間】

…結婚式までの待ち時間、ゲスト同士で写真を撮りながらわいわい盛り上がってもらうためのスペース。写真を撮るときの小道具やバルーン装飾などがスタンバイされていて、近年増えている人気演出のひとつ。ゲストになったつもりでお互いに写真を撮り合おう。

「バルーンで飾るとインパクトもあっておしゃれだね!」
「みんなの緊張がほぐれるかも」
流行のバルーン装飾は写真映え◎!人気の演出もあわせてチェック。
思わずゲストがカメラを向けたくなる!手持ちプロップスは必須アイテム。
〝HAPPY×ENJOY″目指すはフォトジェニックな結婚式
会場スタッフにツーショットを撮ってもらうと素敵な記念に。

【Happy体験2/みんな笑顔のスイーツビュッフェ】

…憧れの海外ウェディングみたいなデザートビュッフェ。おしゃれで可愛いだけでなく、好きなものを好きなだけ気軽につまめるからゲスト受けも上々!見た目はもちろん、お味やビュッフェを設置できる場所などについても確認を。

「女性ゲストは絶対よろこぶね!」
“可愛いね!”会話が自然に生まれてゲスト同士交流の場にも。
絵になるカラフルスイーツ。種類やコーディネートも参考に。
「イニシャルモチーフを入れたらどうかな?」
ふたりらしさが出るアイディアをふくらませて。
お味はいかが…?甘党な彼が辛口チェック!?

◎行ってよかった!「演出体験フェア」

「フェアがきっかけで演出のアイデアが固まりました」
演出って何?っていうぐらい、こだわりがなかったのですがフェアで体験したスイーツビュッフェに感動。友人や同僚など女性ゲストも多かったので「絶対やりたい!」と会場やドレスよりも先に決めました。(Yukiさん/会社員/ 30代)

「挙式の映像が流れる演出で思わず大号泣」
模擬披露宴のエンディングで、その日の映像を当日編集して流す映像演出を体験。見ず知らずの新郎新婦のムービーでしたが、思わず感動。私も彼も泣いてしまいました。(ちょむさん/営業職/ 30代)

SUMMARY.007>>>

“はじめてのブライダルフェア”チェックリスト

ブライダルフェア初訪問を終えたら…。フェア中に撮った記録写真やメモ書きを見直しておさらい。希望の式場に近いかどうかふたりでチェックを!

◎会場までのアクセス

□最寄りの駅から歩いて何分?
□急な坂道や歩道のない場所など気になる点はない?
□駐車場はある?

◎挙式会場

□希望している挙式スタイルの会場はある?
□雨天の場合、屋根や明るさなど問題なさそう?
□呼びたいゲスト人数みんな入れそう?

◎披露宴会場

□会場装花のセンスは自分たちに合いそう?
□会場は最大何人まで入れる?
□テーブルとテーブルの間隔は十分にある?
□希望の演出は叶えられる?

◎料理

□気に入ったメニューはあった?
□予算内で希望の料理が用意できそう?
□盛り付けや食器のセンスは自分たちに合いそう?

◎ドレス

□衣裳は好みのデザインのものがありそう?
□見積もりにはお色直しも含まれていた?
□小物も用意してもらえそう?

◎その他の設備

□トイレの数、清潔感は問題なさそう?
□新婦控室の広さは十分にありそう?
□喫煙スペースはある?

※撮影協力/横浜アートグレイス・ポートサイドヴィラ
http://www.niwaka.com/ksm/wedding-venue/Kanagawa/details_120043.html

SUMMARY.008>>>

step2ブライダルフェアって何?基本をチェック

日取りの決まった比較的大規模な見学会が「ブライダルフェア」。会場見学はもちろん本番さながらの模擬挙式や披露宴、衣装の試着や試食ができる場合も。
また、当日アポでもOKな場合の多い「会場見学」は個別に問い合わせて対応してもらう見学会。2人の予定や目的に合わせて選択を。

SUMMARY.009>>>

式場の雰囲気を生でcheckできるチャンス!

百聞は一見にしかず!口コミやキレイな写真も参考になるけど、最終的に頼れるのはやっぱり自分の目。後悔のない結婚式にするためにも目星をつけた式場のフェアにはできるだけ気軽に参加してみて!

ブライダルフェアに行くとこんないいこと♪

1具体的なイメージがわく

♥「まったくのノープランだった私たち。でも会場を実際に見ることで“これやってみたい!”“○○は必要ないかな?”と、より明確なイメージを持って次のステップへと進むことができました」(さとこさん・主婦・29歳)

2疑問・不安がクリアになる

♠「式場の担当者に、分からないことや希望を叶えられるのかどうかを直接確認できる絶好の機会。ここでの遠慮は無用!図々しいかな?と思うことでも気兼ねなく相談するべき」(耕二さん・会社員・35歳)

3良い・悪いが自分の目で確かめられる

♥「ホームページや情報誌では分からない実際の会場の様子を知ることができます。スタッフの雰囲気、料理の味、トイレにいたるまで時にはゲストになったつもりで厳しくジャッジを」(未来さん・販売員・30歳)

SUMMARY.010>>>

ブライダルフェアって、ざっくりこんな内容!

どれぐらい時間がかかるの?実際にどんなことができるの?一般的なブライダルフェアの所要時間や訪問件数の目安、行われている内容やイベントをリストアップしました。ブライダルフェアの雰囲気も分かるので、実際にフェアへ行く前に確認しておけば安心!

SUMMARY.011>>>

ブライダルフェア、ざっくり目安はこれぐらい!

だいたいの所要時間・・・2~3時間

♥「館内見学をしたあとに、相談や見積もりを出してもらったフェアでは2時間前後。模擬披露宴と試食会が盛り込まれたフェアでは3~4時間かかりました。規模や内容によりけりですが、私たちは楽しいイメージがどんどん膨らんだのであっという間でした!」(よしみさん・会社員・30歳)

1日にまわるフェアの数・・・1~2軒

♥「午前中からまわり始めて、2軒目が終わる頃には夕方なんてこともありました。事前にある程度数を絞ることも大切!」(よしみさん・会社員・30歳)

♠「彼女とやっと休みが合った日に4軒詰め込んでまわりました。最後はもうクタクタで会場の印象が残っていません・・・」(かいじさん・会社員・34歳)

会場決定までの訪問数・・・1~3軒

♠「正直はじめは乗り気ではなかったけど(笑)、2軒、3軒と見てまわるうちにイメージが固まってきてボクの方が積極的に質問していました。複数の会場を見ると比較ができるのも良いです」(学さん・会社員・27歳)

SUMMARY.012>>>

ブライダルフェアって、ざっくりこんな場所!

・相談コーナー

プランナーと直接話せるチャンス!
式場のウェディングプランナーに、会場の雰囲気、予算、自分たちが考えている演出が可能かどうかなど、ざっくばらんに相談できる絶好の機会。見積もりも取ってもらえます。挙式・披露宴のイメージがより明確に!

・テーブルコーディネート

結婚式場の装飾・装花が確認できる
実際の結婚式で使用されている装飾、装花をディスプレイ。カラーやテイストが数パターン展示されている場合も多いので、ふたりが希望する雰囲気がつかみやすくなっています。打ち合わせ時にもイメージを伝えやすい!

・料理試食

ゲストが食べる料理を事前にチェック
最も気になる項目のひとつ「料理」を試食できる人気イベント。味はもちろん、スタッフの対応や出されるタイミングも確認することができます。ゲストになったつもりで厳しくチェック!※内容により有料の場合もあります。

・ドレス試着

気になるドレスを手に取って確認
式場レンタルのウェディングドレスが一堂に会する試着会。好みのタイプや色があるのかどうかを確認し、イメージをつかむためにもぜひ試着して。結婚式へのムードがより一層盛り上がること間違いなし!

・模擬挙式

厳かな挙式の様子を間近で見られる
挙式の流れやチャペルの雰囲気を客観的にチェックできるチャンス。照明や音楽、ゲストの動きなど、実際に参列してみなければ分からない細かい部分まで確認してみて。

・模擬披露宴

装飾や演出、雰囲気が全部丸わかり!
演出からテーブルコーディネートまで、ゲストになったつもりで気になる項目を丸ごと体感できる模擬披露宴。テーブル配置や新郎新婦の距離なども、自分たちの披露宴をイメージしながら参加を。

・アイテム展示

引き出物やペーパーアイテムがずらり
引き出物や引菓子、招待状や席次表まで、結婚式に必要なアイテムをすべてディスプレイ。ラインナップはもちろん、価格もくまなくチェック。自分たちで用意してもいいのかどうかもこの機会に確認!

SUMMARY.013>>>

step3これで安心♪ブライダルフェアの準備と服装

気軽に行けるブライダルフェアとはいえ、具体的な希望を何も持たずに行くと無駄足になりかねません。忙しいふたりでもこれだけは準備しておきたい、最低限のTO DOリストを作りました。

  • Q.フェア前になんで準備が必要なの?
  • A.効率よく回るためです!
  • ブライダルフェアは、あくまで結婚式のイメージを固めるためのもの。テイスト、予算、人数はざっくりでもいいのでふたり&親の意見をすり合わせておくことが大切です。
    何も決めずに行った場合、「行ってから意見が合わないことが発覚!」「何度も足を運ぶはめになった」「決めた後で親の反対にあいキャンセルに…」なんて声もちらほら。

SUMMARY.014>>>

フェア前に確認しておくと安心リスト5

前もってふたりで相談しておきたいチェック項目はこの5つ。事前にこれだけ決まっていればブライダルフェア→会場決定の流れがとてもスムーズに。

1挙式スタイル

例えば教会式と神前式では、式場の設備が大きく異なります。式場の雰囲気が気に入っても、設営の関係で希望の挙式ができないことも。用意する衣装も違うため、挙式スタイルが決まっていればフェアで見積もりなどを出してもらう時もより具体的な金額を確認することができます。

2日取り

気に入った式場が見つかったら、まず確認するのは希望日の空き状況。フェアに行く前にあらかじめ日取りや時間帯を決めておけば二度手間になりません。時間帯は、その式場までゲストに来てもらいやすいかどうかまで考慮するとよいでしょう。

3人数と予算

会場の規模はゲストの人数により決まるので、フェア前におおよその招待客をリストアップしておくと◎。また“ここまで”という予算を決めておくと、人数と照らし合わせてその式場が予算内におさまるのかどうかの判断がしやすくなります。

4イメージ

カジュアルにやりたいのか、豪華にしたいのか。“これはやりたい!”という演出があるのか……。行き当たりばったりでフェアに行くよりも、イメージをある程度固めておけばその方向性に合う式場のフェアを絞り込めます。

5親の意向

フェアでイメージぴったりの式場が見つかり、予算もOK! ほぼ決めてから親に話したら「神前式がいい」「親戚は全員呼ぶ」など後からリクエストが……。なんてことにならないよう、フェアに行く前にある程度親と意見のすり合わせをしておくとよいでしょう。

  • Q.“何も決まっていないけど、フェアに参加したら、ダメ?”
  • A.とりあえず参加してみてもOKそこから見えてくるものもあります
    「何から決めていいのかわからない」「まずは結婚式がどんなものかを見てみたい」……。そんなカップルは、デート感覚で気軽にフェアに参加するのもアリです。フェアで少しずつイメージをふくらませながら、自分たちがやりたい結婚式、式場を見つけていくのも楽しいはず!

SUMMARY.015>>>

ブライダルフェア、当日の服装は?

会場内を移動することも多いので歩きやすさを第一に。また、ホテルなど格式のある会場をまわる場合にはカジュアルすぎる格好は避けたほうが無難です。

【女性編】きちんと感と歩きやすさが重要!

  • ・ドレスの試着があるフェアの場合は、脱ぎ着のしやすい前開きシャツが便利。
  • ・ボトムは動きやすさも考慮。きちんと女性らしいひざ丈スカートなら好印象。
  • ・あちこち見て回っても疲れにくい、履きなれた靴をチョイスすると安心。
NG
  • ・“おしゃれ”のつもりでも、カジュアルすぎるダメージデニムはNG!
  • ・気合いの入りすぎたヒール靴も途中で疲れてしまっては本末転倒!

SUMMARY.016>>>

【男性編】鉄板!ジャケットスタイルが安心&おしゃれ

会場内を移動することも多いので歩きやすさを第一に。また、ホテルなど格式のある会場をまわる場合にはカジュアルすぎる格好は避けたほうが無難です。

【男性編】鉄板!ジャケットスタイルが安心&おしゃれ

  • ・迷ったらジャケット!カジュアルなインナーも、即きちんとした印象にシフト。
  • ・スーツで固める必要はなし。ただし、履きつぶしたデニムやチノパンは×。
  • ・革靴はもちろん、キレイめなスニーカーでもOK。事前の手入れも怠りなく!
NG
  • ・ラフすぎるご近所スタイルは、会場内で浮いてしまう危険性も・・・。
  • ・楽ちんなサンダルも会場の雰囲気にはマッチしないので避けたいところ

SUMMARY.017>>>

フェア当日、持っていくものをCHECK!

当日の持ち物準備は大切なポイント。雰囲気にのまれず、細部までくまなく確認したいブライダルフェア。バッグの中に、記録に残す&イメージを伝えるための相棒がいれば心強い♪

  • ヘアゴム・・・ドレスの試着がある場合、長い髪は束ねるとイメージがしやすい。
  • エコバッグ・・・会場でもらうパンフレットや資料を入れる用にあると便利。
  • デジタルカメラ・・・後で比較検討するためにも撮影&記録は必ず。会場が暗いことも配慮してスマホよりもデジカメがベター。
  • 筆記用具・・・こちらも、イメージが混在してしまわないように気になった箇所や質問はメモしてセーブ。
  • 希望イメージ・・・「やりたいイメージ」があればこの時点で持参するとスムーズ。もちろん、なくてもOK。