結婚準備のためのWebマガジン「結婚スタイルマガジン」

【男性編】知らないと恥をかく!結婚式出席、NGな服装7つ!

  • LINEで送る

結婚式に出席する男性ゲストの皆さん。
スーツならとりあえずまちがいないでしょ!
と思っていませんか?

でも男性ゲストの服装にも、知らないと恥ずかしいNGコーデがいくつかあるんです。

今回は、男性ゲストのNGコーデの具体例を、7つご紹介します。

INDEX
1 新郎とかぶる!【白スーツ】
2 まるでお葬式?【黒×黒】
3 派手すぎ!【悪目立ちコーデ】
4 フォーマル感ゼロ【ビジネススーツ】
5 縁起が悪い?【アニマル柄】
6 ちょっとそこまで【カジュアルコーデ】
7 気を抜かないで【足元コーデ】
男性ゲスト服装NGアイテム一覧表

1 新郎とかぶる!【白スーツ】

白はもちろん、明るいグレーやピンクなど、パッと見て白に近いような色のスーツはNG。

結婚式の主役は新郎新婦です。
新郎の衣裳と色味がかぶるようなスーツは、マナー違反と覚えておきましょう。

主役を引き立てられるよう、ゲストは黒かダークカラーのスーツを選んでくださいね。

2 まるでお葬式?【黒×黒】

無地の黒のスーツはフォーマルで、結婚式に着て行く人も多いですよね。

でも黒のスーツに黒のベスト、ましてや黒のネクタイなんかを合わせてしまったら・・・

結婚式というよりは、まるでお葬式のような暗いコーディネートに。

結婚式で黒のネクタイはNGです。

黒のスーツと黒のベストはマナー違反ではありませんが、あまり全体が暗くならないようにするのがおすすめ。

スーツが黒ならベストをグレーにしたり、ベストが黒なら暗い紺やグレーのダークスーツを選んだりして、工夫しましょう。

ネクタイを明るいシルバーやパステルカラーにして、華やかさを添えるのもアリですよ。

3 派手すぎ!【悪目立ちコーデ】

お葬式のような暗いコーディネートも、お祝い事にはふさわしくありませんが・・・
逆に派手すぎる服装も、場違い!

派手な柄が入ったスーツやシャツ、ネクタイなど、新郎よりも目立ってしまうようなコーディネートはNGです。

シャツもネクタイも、白地で無地のものが基本。

でも最近では格式高い結婚式でなければ、淡いパステルカラーのシャツや、細かい模様の入ったネクタイはOKとされることが多くなっているようです。

スーツも、薄いストライプ程度なら許容されることも。

でもあくまで、ゲストは控えめにオシャレを楽しむのがマナー。
派手すぎるものは悪目立ちしてしまいます。

なにげなくつけているベルトも、バックルが大きいものや派手な飾りのものはNG。

「さりげなく」「控えめに」を忘れずにオシャレを楽しみましょう。

4 フォーマル感ゼロ【ビジネススーツ】

男性ゲストはとりあえずスーツなら問題ないよね?

そう思って、普段着ているビジネススーツで出席・・・
それ、実はNGなんです。

とはいえ、ビジネススーツそのものが絶対にNGというわけではなく、「普段の着方」そのままで行くのがNGということ。

普段のビジネススーツに普段のネクタイ、大きなビジネスバッグを持ってくたびれた革靴・・・

それではまるで、仕事帰りについでに寄ったような印象になってしまいますよね。

ビジネススーツを結婚式に使いたいなら、ネクタイやポケットチーフで華やかさを添えましょう。

男性ゲストはバッグをもたないのが基本ですが、もし持っていきたいなら、小さめのクラッチバッグだとフォーマル感が出ますよ。

バッグは柄物やブランドロゴが大きく入ったものはNGです。

5 縁起が悪い?【アニマル柄】

カジュアルな結婚式の場合、小物に柄物を取り入れてオシャレする人も多いよう。

ただ、気をつけたいのが「アニマル柄」。
ヒョウ柄のネクタイにお揃いのポケットチーフ、靴はクロコダイルで・・・ばっちりキマっていても、それはNG。

結婚式でアニマル柄を取り入れるのは、「縁起が悪い」とされているんです。
動物の殺生をイメージさせるから、というのがその理由。

同じ理由で、靴もヘビ革やワニ革、スエードなどの素材はNG。

気にしない人も多いかもしれませんが、年配の人など気にする人がいるのも事実です。

結婚式はお祝いの場ですから、避けておいた方が無難ですよ。

6 ちょっとそこまで【カジュアルコーデ】

結婚式では、フォーマルな場にふさわしい服装にしていくのもマナーの一つです。

キャラもののネクタイやチーフを着けたり、リュックやトートバッグを持っていくのはもちろんNG。

意外と知られていないのが、ボタンで襟をシャツに留める「ボタンダウン」と呼ばれるデザインのシャツや、太めのベルトもカジュアルな部類に入るということ。

ボタンダウンシャツ

格式高い結婚式ではNGなので気をつけましょう。

7 気を抜かないで【足元コーデ】

靴下は黒が基本ですが、カジュアルなパーティーなら柄物が許される場合もあります。

ただし、くるぶしが出るようなスニーカーソックスはNG。

きちんと足首が隠れる長さがフォーマルです。
白は小さな子供以外NGなので気をつけましょう。

次に靴ですが、スニーカーやブーツ、サンダルは言うまでもなく問題外ですよね。

フォーマルな靴といえば、やはり「革靴」。
ただ、革靴ならなんでもいいというわけではなく、デザインに気をつけて選ぶ必要があります。

結婚式にふさわしいのは、つま先の部分に横一線が入った「ストレートチップ」か、何もデザインが入っていない「プレーントゥ」の紐靴。

小さな穴が開いた「メダリオン」デザインはカジュアルなので避けましょう。

足元もNGコーデが意外とたくさんあるんですね。

男性ゲスト服装NGアイテム一覧表

では最後に、NGアイテムをわかりやすくまとめてみましょう。

NGスーツ

・新郎衣裳とかぶる色(白・明るいグレー・ピンクなど)
・派手な柄が入っているもの
・普段使いのビジネススーツ

NGシャツ

・黒シャツ
・派手な柄シャツ
・ボタンダウン
・カラーシャツは格式高い結婚式ではNG

NG靴・靴下

・くるぶしが出る丈の靴下
・白い靴下
・スニーカーやブーツ、サンダル
・メダリオンデザインや、外羽根タイプのカジュアルな革靴
・ヘビ革・ワニ革、スエード生地など縁起の悪い素材の靴

NG小物

・バックルが大きい、飾りが派手なベルト
・太めのベルト
・柄物やブランドロゴが大きく入ったバッグ
・リュックやトートバッグ


以上のアイテムに注意しながら、お呼ばれファッションを選びましょう。

まとめ

いかがでしたか?
案外たくさん、気をつける点はありそうですね。

新郎とかぶるような明るい色のスーツはもちろん、お葬式のような全身黒の服装もNG。

逆に派手な色柄を使ったファッションも、悪目立ちして上品ではありません。

ビジネススーツを使う時は、小物で華やかさをプラスして。
ビジネスバッグやくたびれた靴を使うのはNGです。

縁起が悪いアニマル柄は避け、キャラクターもののデザインやメダリオンデザインの靴など、カジュアルすぎるアイテムも使わないのがマナー。

当日恥をかかないためにも、NGコーデをしっかりチェックしてから出かけたいですね!

  • LINEで送る

NIWAKA BRIDAL COLLECTION